<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の花小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)を購入!

こんにちは!
本日は、”シーズンの最初と最後にネクタイを購入する”と言うrm55的ルールに基づいて!?購入した、現在最も気に入っているネクタイメーカーであるE&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の花小紋柄 シルクネクタイをご紹介したいと思います。

毎度のことなので!?、簡単にまいりましょう。

■E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の花小紋柄 シルクネクタイ
この度購入しましたのは、ブラウンカラーベースの花小紋柄ネクタイです。それがこちら。追加したいと考えていたブラウンベースに、ベージュとブルーの花小紋柄がプリントされたシルクプリントタイ。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の花小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)_①

もちろんシルクは英国産の打ち込みのしっかりとしたシルクを使っておりますので、イタリア産の軽やかなシルクに比べますとガシっとした風合いがあり、小紋柄の入り方もクラシック。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の花小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)_②

前にも同じようなネクタイを買っていなかったけ!?と思われた方、正解です!(汗)フランチェスコ・マリーノと、マリネッラで似たようなブラウンベースに花小紋柄があしらわれたネクタイを以前購入しておりました・・・。特にマリーノのネクタイ(向かって左側)は柄の入り方なども含めて似たような印象をお持ちになられる方も多いかもしれません。
E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の花小紋柄 ジャカード・ネクタイ⑩

が、ネクタイマニアの私から言わせますと、違うのです!マリーノは軽やかかつモダンな風合い。そしてマリネッラはカペッリに似てクラシックですが、こちらはプリントではなく、ジャカードタイです。今回購入したカペッリは、小紋柄のサイズがマリーノに比べて小さく、ジャカードではなくプリントタイ。かつ、正統なクラシックな風合いが色濃く出ております。

誰も気づくことの無いような小さな「差」なのですが、それぞれネクタイの持っている雰囲気(スタイル)や風合いをもとに、その日に合わせるジャケットや気分で使い分けるのがネクタイマニアの”小さな幸せ”であり、”愉しみ”なのです。つまり、完全に”趣味の世界”です。。

仕様はお馴染みのスフォデラータ(裏地無し:剣先のみ芯無し)に、トレピエゲ(3つ折り)。大剣の幅は9cmほどありますので、私が所有するラペル幅が太めのジャケットとの相性もばっちりですね。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の花小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)_③

それでは「悩めるトルソー君」で、実際のイメージを!と行きたいとことですが、実は昨日の装いにシレっと取り入れておりましたので、実際の着用イメージをご紹介しておきたいと思います。

サルトリア・ソリートのウール×シルク×リネンのチェック柄ジャケットに、ルイジボレッリのコットン×リネンのストライプシャツ、パンツはレ・スパーデのノープリーツパンツ(ミディアムグレー)です。ジャケットの質感にシルキー色が強く、エレガントな印象がやや強めに出ておりましたので、せっかく購入したこともあってシルクのプリントタイを合わせてみました。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の花小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)_④

似たようなネクタイを持っておりますので、インスタグラム(ID:NFLD_rm55)にポストしても「新しいネクタイ!?」と言う突っ込みは入りませんでしたが(笑)、実はNew inしたネクタイなのでした。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の花小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)_⑤

気づかれた方、いらっしゃいますでしょうか!?(笑)

■スクエア小紋柄のジャカードネクタイも、購入・・・
もちろん!?1本では終わりません!?と言うことで、プリントタイに加えて、ジャカードのスクエア小紋柄のネクタイも合わせて購入しておりました。もちろん、ベースカラーは補充したいと考えていたブラウンです。それが、こちら。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)のスクエア小紋柄 シルクジャカードネクタイ(2017SS)_①

同じく英国産のしっかりとしたシルクツイル生地に、ホワイトとパープルがかったスクエアの小紋柄が並びます。スクエアの小紋柄はあまり持っていないのと、サイズが小さめの小紋柄が気に言って購入に至りました。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)のスクエア小紋柄 シルクジャカードネクタイ(2017SS)_②

シルクプリントタイに比べますとジャカード織になっている分、生地にハリ感が出てきますのでネクタイの表情がプリントタイに比べますとちょっと異なってきます。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)のスクエア小紋柄 シルクジャカードネクタイ(2017SS)_③

ネクタイの表情としてはシルクプリントタイの方がナチュラルですし、風になびいた時の感じなどは締めている本人も心地良いのですが(笑)、ジャカード織ならではの生地の表情はプリントタイには出せない魅力がありますので、このあたりは好みでしょうね。ちなみに私はどちらも好きですょ。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)のスクエア小紋柄 シルクジャカードネクタイ(2017SS)_④

今度は「悩めるトルソー君」でご紹介したいと思います。シルクプリントタイに比べますと、ややハリ感のある表情を感じとって頂けるかと思います。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)のスクエア小紋柄 シルクジャカードネクタイ(2017SS)_⑤

私がカペッリにおいて凄いと思っていることの1つに、生地が異なっても変わらない結び心地があります。完全なるマニアの世界かもしれませんが、生地がシルクプリントであってもジャカードであっても、ウールであっても、カシミアであっても、ある一定の締め心地の範囲に収まっている点が凄いなと。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)のスクエア小紋柄 シルクジャカードネクタイ(2017SS)_⑥

そしてディンプルの表情も生地に依存することなく、どんな生地であったとしても、ほぼ同じ表情を作ることができます。これは、生地によって芯材をしっかりと調整しているからこそなせる技であり、さすがオーナーがネクタイマニアだけあるなと感じる点であったりします。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)のスクエア小紋柄 シルクジャカードネクタイ(2017SS)_⑦

ちなみに私事ながら、関東甲信地方の梅雨明け後である7月21日を持って、基本的にタイドアップは卒業致しました。来週以降はクールビズを主体に考えて行きたいと思っています。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)のスクエア小紋柄 シルクジャカードネクタイ(2017SS)_⑧

と言いながら、週明けの月曜には2本打ち合わせが入っており、1つはお相手が士業で、その方はいつもしっかりとした装いをされてらっしゃるのです。今回せっかく新しいネクタイを購入しましたし、タイドアップの方が適切かなと思っていたりするのですが、暑いは暑いので、週末の間に考えてみたいと思います。。

世間的にはクールビズが浸透し、6月からネクタイをしない方が増えている今日この頃。ネクタイが大好きな私としましては寂しい限りですが、少しでもネクタイが好きな方が世の中に増え、1人でも多く、ネクタイをする期間が長い方が増えることに貢献出来れば嬉しい限りです!




【8/1(火)9:59まで】







Carhartt(カーハート)のBUFFALO CAP(キャップ)を購入!

こんにちは!
本日は本Blogをお読み頂いている読者様の”テイストではない”であろうアイテムをあえてご紹介差し上げたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■大学生以来のCarhartt(カーハート)
さて、この度購入したアイテムのブランドは、Carhartt(カーハート)。恐らくアイテムこそ持っていないけれど、名前位は聞いたことがあると言う方は多いのではないでしょうか。

一言で言ってしまうと、カーハートとは米国発のワークウェアのブランドです。

医師である父、そして母を持つハミルトン・カーハート氏が、『家具や手袋の卸業会社「ハミルトン・カーハート&カンパニー」を米国ミシガン州デトロイト』に設立したのが、1884年。その当時アメリカは輸送や造船と言った製造業業界が急成長しており、この波の乗るべく社名を「ハミルトン・カーハート・マニュファクチュア」に変更し、ワークウェアの生産を開始したのが1889年です。

カーハート氏は1882年に、『最初のビジネスとなる衣料品の卸売業をスタート』していたと言いますから、アパレルから家具等の異分野に進出したものの、最初のビジネスから7年経ってからまたアパレルに戻ってきたと言うことになりますね。

当初からワークウェアに求められる耐久性にはこだわって生産を行っていたようで、ビジネス的には厳しい時期もあったようですが、顧客の声を拾い上げながら商品の改良を重ねて言ったようです。そんな努力の甲斐もあり、また製造業界の成長にも上手く乗って、『1910年には8つの縫製工場と2つの紡績工場を抱えるまで事業を拡大』するに至ったようです。

その後、創業者であるカーハート氏の死後、ワークウェアからカジュアルウェアへの進出を果たし、90年代にはアメリカのHIP HOPアーティストに受け入れられて一躍ストリートウェアとしての地位を獲得。1997年には『シルエットをより現代的にアレンジした、ヨーロッパ発のカジュアル・ウェア・ライン〈Carhartt WIP〉をスタート』させており、今ではファッションブランドとして広く知られております。

私とカーハートとの出会いは高校生か大学生の頃に購入した”古着のシャツ”だったように記憶しておりますが、当時はやや大きめのサイジングが好みの頃で、アメリカ発のカーハートはサイズが「S」であっても大きめの作りであったことから、お気に入りのブランドであったように思います。

大学生の頃にはニットキャップやパーカーなど、バイクを乗る際に最適なブランドの1つとして新古問わずにコツコツと購入しておりましたので、今でも実家にはカーハートのアイテムが眠っていると思います。

そんな私の青春時代!?を共に過ごしたカーハート。正直購入の予定は全くなかったのですが、たまたま楽天買い回りマラソン中に見つけてしまい、懐かしさを感じて思わずポチっと・・・。最近はニットキャップこそオフの際に被ることはあるものの、キャップはめっきりご無沙汰。そんなキャップに対する懐かしさも相まって大学生以来のカーハート、そしてキャップの購入になりましたよ。

■Carhartt(カーハート)のBUFFALO CAP(キャップ)をご紹介
今回購入しましたのは、こんなヴィンテージっぽいウォッシュ加工が施されたキャップです。カラーはブラックなのですが、色褪せた感じがありますので、グレーにも見えますね。
Carhartt(カーハート)のBUFFALO CAP(キャップ)_①

ダック地をウォッシュ加工させており、6パネルタイプのメッシュキャップですので、形としては非常にベーシックなカジュアルキャップだと思います。もちろんクラシコイタリアな装いには全く合いませんが、ちょっとラギッドな装いが多い私のオフのスタイルにはぴったりです。
Carhartt(カーハート)のBUFFALO CAP(キャップ)_②

オンの際にジャケットを着てネクタイをしめている私が言うのもおかしいですが、最近は気温が高いので週末はTシャツに短パンと言う”超軽装”がお気に入り。そんな際にはぴったりですし、メッシュなので蒸れないのも良いですね。
Carhartt(カーハート)のBUFFALO CAP(キャップ)_③

懐かしいカーハートのロゴ。ワークウェアっぽい雰囲気にキュンキュンと胸が高鳴ってしまいました。(笑)ニットキャップですと強い日差しは防げませんが、つばがあれば顔の日焼け対策にも良さそうです。ちょっと深めに被って使いたいですね。
Carhartt(カーハート)のBUFFALO CAP(キャップ)_④

ちなみに合わせる際も”超シンプル”に、短パンにTシャツと言うベーシックなアメリカン!?カジュアルスタイルで。もちろん足元はスニーカーでしょうか。
Carhartt(カーハート)のBUFFALO CAP(キャップ)_⑤

こちらは連休中に早速使ってみた際の画像。オンとのギャップが激しすぎますが(汗)、ちびっこ(第2子)を抱っこしながら、長女と手をつなぐと言うスタイルには最適です!?食べカスがつこうが、よだれで濡れようが、全く気にならないスタイルですね。(笑)ちなみに、レミレリーフのTシャツにラルフローレンの短パン、NBのスニーカーにGショック、レイバンという組み合わせでした。
Carhartt(カーハート)のBUFFALO CAP(キャップ)_⑥

正直白髪が大分増えてきた大人な私にベストフィットするスタイルではないですが、たま~に、味のあるおじさんがゆる~いアメリカンカジュアルなスタイルにキャップをサラりと合わせている姿を見つけたりします。オンではビシっと、そしてオフでは程よく力の抜けた、味のある雰囲気を醸し出せる年の重ね方が出来るようになれれば良いなと思っています。




【8/1(火)9:59まで】







ちなみに、3千円位ですので、気になる方は是非!(笑)

G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン ポケットスクエアをおかわり購入!

こんにちは!
本日はセールの戦利品ではないのですが、以前「G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン ポケットスクエアを購入!」と言う記事でご紹介させて頂いたイングレーゼのポケットスクエアを色違いで購入(通称:色ち買い)してしまいましたので、簡単に紹介させて頂きます。

それでは、まいりましょう。

■コンプリート
さて、前回の購入記事ではスーツの基本的な着こなしを学び、かつドレスファッションの原点回帰ではないですが、『奇をてらわず、流行りにのらず、ベーシックな基本(普通)の着こなし』を意識してきた結果、『色々なものがそぎ落とされていった』と記載しておりましたが、その結果が自分の感性の大転換だったわけですね。

これまで色、柄、素材など、多種多様なポケットスクエアをコレクターのように!?購入していた私が、
ポケットスクエア_②

『ポケットスクエアは無地、かつホワイトまたはサックスのリネン地(春夏)のものが一番カッコ良いと感じる』ようになったと。
ポケットスクエア_①

このような中で、前回は無地のホワイトカラーのリネン地のポケットスクエアと言う最も基本となるスクエアを購入したわけですが、今回はこれに続いてサックスカラーのリネン地のスクエアを買い足した次第です。

本当は来季に回そうかなと思っていたのですが、先日Sharonさんに立ち寄らせて頂いた際に”最後の1枚”になっておりまして、それならばと言うことで買い足した次第です。「最後の1着・1枚」と言う言葉に弱いことを改めて確認させて頂きました。(笑)

ただ、これで無地のリネン地のポケットスクエアはホワイトとサックスが揃い、ドレスファッションにおける今の自分の気分を踏まえるのであれば、他に買い足すべきスクエアは存在しませんので、ポケットスクエアは「コンプリート」したと言っても過言ではないかと思います。

もし次に進化!?することがあるとするならば、もう極限までそぎ落としておりますので、「ポケットスクエアをしない」と言う選択肢が残るのみですね。自分の中でそう言った境地に行くことになるのかどうかは今時点では分かりませんが、今後も自分自身の変化を楽しみにしながら、服と付き合っていきたいと思っています。

■最後のポケットスクエア!?:G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン ポケットスクエア
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン ポケットスクエア_サックス①

G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン ポケットスクエア_サックス②

G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン ポケットスクエア_サックス③

G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン ポケットスクエア_サックス④

G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン ポケットスクエア_サックス⑤

■人気はやっぱりMUNGAI(ムンガイ)!?
さて、私はシャツが好きと言う事に加えて、リネン生地の質感や手まつりの風合いが好みであることからジ・イングレーゼのポケットスクエアを購入しておりますが、取扱店が多いわけではございません。

そう言う観点で見ていくと、手まつりの風合いがありながらも価格が手ごろ、かつ取扱店が豊富と言うこともあって、やっぱりスクエアとして人気なのはMUNGAI(ムンガイ)でしょうか。3240円(税込み・送料込み)で購入できると言う手軽さは大きな魅力です。



また、デザインの豊富さもムンガイの人気が高い理由の1つ!?だと思っておりまして、ベーシックなスクエア以外にもヘム(縁)にフリンジがついてちょっとしたアクセントになるものや



手の込んだ刺繍がヘムにデザインされたモデルはヴィジュアル映えすることもあって、一時はすごい人気を博しておりましたね。



他にもメッシュ調の刺繍がワンポイントで施されたものなど、ベースはシンプルだけれど、ちょっとした捻りが効いていて遊び心があると言う点が多くの方に支持される根底にはあるのかもしれません。



個人的には以前もご紹介させて頂きましたAD56のフリンジ付きのスクエアや



メッシュ調の刺繍が施されたものなども良いかなと思っておりますし、





前回の秋冬シーズンにご紹介(※)させて頂いた、ブルネロクチネリなんかのOEMも手掛けているROSI COLLECTION(ロージ コレクション)のベーシックなホワイトカラーのリネンチーフも良いのではないか、と思っています。


※ご紹介記事
ROSI COLLECTION(ロージ コレクション)のウォッシュド ウール ポケットスクエアを購入!
ROSI COLLECTION(ロージ コレクション)のウォッシュド ウール ポケットスクエアをおかわり購入!

と言うことで、本格的にノータイの時期も近づいてまいりましたのでネクタイの代わりと言ってはなんでんすが、シンプルでベーシックなスクエアを胸にさして、夏場のドレススタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか!?価格も3千円から5、6千円程度と他のアイテムに比べれば手軽に投資できる価格帯ですので、投資対効果は高いと思いますよ。

■おまけ
本日深夜の6月24日0時より、下記2店舗がいよいよ2017年SSのセールを開始します!取扱いブランドの幅も広く、アイテムの種類も豊富ですので要チェックです!
ginlet(ジンレット)
ring(リング)

更新中!
・「2017年SSのプレセール情報まとめ!



Francesco Marino(フランチェスコマリーノ)のリネン×コットン×シルク ジャカードストライプネクタイを購入!

こんにちは!
本日も昨日に引き続き、現在開催中の楽天スーパーセールにて購入した戦利品のご紹介です。

今日は私の中におけるネクタイの御三家(最近シブミが加わり、四天王になりそうですが。笑)の一角を占めております、フランチェスコマリーノから、リネン×コットン×シルクのジャカードストライプネクタイを購入しましたので簡単にご紹介を差し上げたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■フランチェスコマリーノの3者混ジャカードストライプネクタイ
さて、本日ご紹介させて頂くネクタイを見て「!」と思われた方は、本ブログを相当に読み込んで頂いている方ではないかと想像致します。

と、申しますのは、実は今月頭にお送りさせて頂きました「2017年SSのセールでは何を買う!?」と言う記事におきまして、セールで狙いたいアイテムとしてご紹介をさせて頂いたアイテムそのものだからです。

まさに、「有言実行」。

まぁ、正直「有限実行」と言うほど褒められた行動ではないのですが(汗)、「自分でご紹介しておいて、自分で買う」と言うのは私の得意技!?であったり致します。

この2017年SSセールで買いたいと思っていたブラウンベースのストライプタイを色々と探してみた結果、結局お気に入りのブランドであるフランチェスコマリーノに辿り着き、記事でご紹介する位ですから当然自分でもカッコ良いと思っているわけで、なんだかんだで購入するに至ったと言うわけです。

それな経緯で購入しましたネクタイが、こちらです。ブラウンベースにホワイトのストライプが2本走ります。このホワイトがかなり効いているのか、ブラウンベースのネクタイですが清涼感を感じる1本かなと思います。
Francesco Marino(フランチェスコマリーノ)のリネン×コットン×シルク ジャカードストライプネクタイ_①

素材はリネン×コットン×シルクの3者混で、ジャカード織り。
Francesco Marino(フランチェスコマリーノ)のリネン×コットン×シルク ジャカードストライプネクタイ_③

生地の表面に凹凸があり、プリント系のシルクタイなんかに比べると表情がありますね。
Francesco Marino(フランチェスコマリーノ)のリネン×コットン×シルク ジャカードストライプネクタイ_②

仕様はスフォデラータ(裏地無し)で、剣先のみ芯無しのトレ・ピエゲ(3つ折り)です。ジャカード織りのネクタイは生地に厚みが出てきますので、トレピエゲでも十分ボリューム感のある雰囲気になります。
Francesco Marino(フランチェスコマリーノ)のリネン×コットン×シルク ジャカードストライプネクタイ_④

実際に「悩めるトルソー君」に締めてもらいますと、こんな表情。事前に抱いていたイメージ通りと言う印象です。
Francesco Marino(フランチェスコマリーノ)のリネン×コットン×シルク ジャカードストライプネクタイ_⑤

合わせているのは、アルフォンソ・シリカのウール×シルク×リネンの3者混のジャケットです。シルクタイも良いですが、少しカジュアルな素材がネクタイにも入っていた方が、ジャケットとの相性はより良くなる気が致します。
Francesco Marino(フランチェスコマリーノ)のリネン×コットン×シルク ジャカードストライプネクタイ_⑥

ただカジュアルな素材が入っているとは言え、シルク混のために上品な雰囲気は出ておりますし、初夏と言う季節において個人的にイメージする着こなしにはぴったり。
Francesco Marino(フランチェスコマリーノ)のリネン×コットン×シルク ジャカードストライプネクタイ_⑦

セール価格だったので他にも検討したデザインはありましたが、初志貫徹。ブラウンベースのストライプタイにして良かったと思っています。もちちろん!早速使おうと考えておりますょ。
Francesco Marino(フランチェスコマリーノ)のリネン×コットン×シルク ジャカードストライプネクタイ_⑧

まだ他にも記事の執筆時点ではカッコ良いなと思うストライプネクタイはありましたので、気になる方は是非チェックされてみてはいかがでしょうか!?

■おまけ
本日は最後に、ちょっとしたおまけ情報です。

現在開催中の楽天スーパーセール。買えば買うほどポイントの倍率が上がっていきます(最大10倍)が、せっかく高額なアイテムを購入したのであれば、少しでも倍率を挙げてポイントを稼ぎたいところ(上限は10000ポイント)。

そんな時に私が活用するのが、低額かつ消耗品等で買いだめしても困らないアイテムを購入して、倍率を稼ぐと言う方法。今回も上限ポイントを獲得すべく!?これからご紹介するアイテムの中から必要なものを購入しておきました。

まずは、こちら。以前も記事(※)としてご紹介したイタリア製のロングホーズです。楽天スーパーセールで購入数としてカウントされるのは1000円以上の商品が対象ですが、こちらは税込み、送料込みで1000円ですので倍率アップを稼ぐ消耗品として最適です!?今回は最近頻度高く使うチャコールを買い足しました。


※ご紹介記事
ROSSI(ロッシ)のロングホーズを購入っ!
ロングホーズを買うなら、今でしょっ!?

お次はBODY WILDのアンダーウェア。1000円ちょっと購入出来るアンダーウェアとしてはかなり優秀で、私は現在も愛用中。Vネックが深いのでノータイでボタンを開けている際にも見えにくいですし、ベージュを選べは更に目立ちません。リネンなどの透けやすいシャツにも使えるので結構便利ですよ!


※ご紹介記事
夏場のアンダーシャツはこれで決まり!?:BODY WILD BizCutフライス素材 Vネック半袖Tシャツ
ボタンを開けても見えないインナー(下着)!?:BODY WILD BizCutフライス素材 Vネック半袖Tシャツを買い足し!

そして最後は何枚あっても困らない!?タオル。2枚で1000円(税込み・送料無料)と格安のため、タオルとして極上!とまではいきませんが、それでも今治タオルらしい心地良さを感じることは出来ますね。古くなったタオルの買い替えとして買っておきますと、来客時などの際に使えるかもしれません。



と言うことで、是非上記のような商品をうまく活用し、買い回りポイント10倍!上限10000ポイントの獲得を目指されてみてはいかがでしょうか!?






ネップのかすれた感じが清涼感に繋がります。もちろん!?セールプライス。



シブミで同じような柄と風合いのネクタイを持っておりますが、それでも欲しくなりますね。(笑)

Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイを使ってみた!

こんにちは!
本日は、先日「Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイ」と言う記事でご紹介致しました、2002年にPerfetto Benedetto氏によって設立されましたイタリアはフィレンツェ発のブランドである、Shibumi (シブミ)のネクタイの着用イメージや、その着用感等をご紹介差し上げたいと思います。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイを使ってみた_①

それでは、まいりましょう。

■サンプルモニターをお引き受けした理由
さて、ネクタイをご紹介させて頂いた記事でも記載しておりましたが、今回私はShibumi (シブミ)さんのご厚意により、サンプルモニターと言うことでネクタイを無償にてご提供を頂いております。

ただ、無償で商品を提供頂くと、どうしてもBlogの記事において広告的な要素が強くなってしまうなど、自分の書きたいことが書けないと言うリスクが出てきてしまいます。

その一方、自分のお金で購入をしていれば、自分の感じた事、思ったことを自由に書くことが出来ますし、様々な制約に縛られることなく、自分のペースで書くことができますね。

また、購入したアイテムに対して自分が良いと感じる点が一切見いだせないのであれば、記事として取り上げないと言う選択も自分の意思で判断することが出来るわけです。よって、これまでも無償でアイテムを提供するので記事としてアップして欲しいと言うブランドやメーカー等からのお誘いは全てお断りしてきた経緯がございます。

もちろん中にはアイテムとしては良いなぁと感じるものをご提案頂いたことはあったのですが、自らの目で確かめたりする中で、アイテムとしては良くとも自分のスタイルと異なるが為に断念したこともございました。

このような中で今回Shibumi (シブミ)さんのサンプルモニターを引き受けさせて頂いのは、私が好きなネクタイであったことに加えて、アイテムの無償提供における唯一の条件が「着用イメージをインスタグラム(ID:NFLD_rm55)にポストする」と言う点のみだったからです。
※サンプルモニターとしての提供である旨の表示と、Blogへの記事アップについては事前にご了解を頂いております。

そのようなご提案であった為に、もし私の未熟な能力や感性ゆえに、その良さが見いだせないのであればBlog記事としての取り扱いをせずに、インスタグラムに掲載するだけと言う判断を自分ですることが出来ますよね。よって、今回は双方にとって無理が無いなと思ったわけです。

しかしながら、今回は私のそんな心配はまったくの無用でありました。なぜなら、Shibumi (シブミ)のハンドメイドネクタイの出来栄えはとても良く、また私自身の好みのネクタイであったからです。造りなどの詳細は既に記事としてお送りしておりますので、本日は上述しましたように着用イメージや、個人的な感想をご紹介したいと思います。

■ノット良し、ディンプル良し、しめ心地気良し
今回は2本ほどネクタイをご提供頂いたのですが、まずインスタグラムにてご紹介差し上げたのは、イタリアのシルクの名産地であるコモのシルクを使ったストライプのメッシュ調ネクタイ(レップタイ)です。遠目にもその折りの表情がわかる様な清涼感のあるネクタイでしたので、ジャケットにもざっくりとした表情のホップサックジャケット(サルトリアシャロン製)を合わせました。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイを使ってみた_②

私のネクタイに対する好みは本Blogでも何回も記載しているのでお分かり頂いている方も多いと思いますが、まずはノットを小さく絞り込むことが出来ると言う点を大切にしています。私は基本プレーンノットでしかネクタイを結びませんので、このプレーンノットで締めた際に、結び目が小さく、出来れば縦長になるのが理想です。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイを使ってみた_④

そして、ディンプルの表情。特段かしこまった場でもない限りは、華やかさのあるダブルディンプルを好んでつくっております。個人的には、このディンプルの表情にしっかりと凹凸があり、美しい陰影が出来るか否か、と言う点が2つ目に大切にしている点です。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイを使ってみた_⑤

最後に、重要な締め心地。上記2つのヴィジュアル的要素を満たしているネクタイは締め心地もたいてい良いのですが、今回も例にもれず、Shibumi (シブミ)のネクタイは心地よく締めることが出来ました。更に、この日は恐らく10時間以上は締め続けておりましたが、自宅に帰るまで緩むことなく、しっかりと首元に納まっていてくれましたょ。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイを使ってみた_③

そういう意味では、私が考えるネクタイにおける理想をしっかりとクリアしており、私にとりましては”とても良いネクタイ”である!と言う印象をまずは持ったわけです。

そして、次に試したのは英国産の打ち込みのしっかりしたシルクを使ったプリントシルクタイ。ネイビーベースにオレンジの花小紋柄が入るデザインです。クラシックな雰囲気はありつつも、色柄がちょっと可愛かった!?ので、手縫いならではの柔らかな雰囲気を持ちながらも、私が持つシリカの中ではドレッシーな風合いがあるグレーカラーのストライプスーツに合わせました。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイを使ってみた_⑥

もちろん、ノットのサイズやディンプルの表情は既にご紹介したストライプ柄のネクタイとほとんど変わりません。ただ、個人的にはどちらかと言いますと、ストライプ柄のタイよりもシルクプリントタイの方が今の気分に近いかもしれません。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイを使ってみた_⑦

英国産ならではのハリ、コシのある生地の風合いや締め心地、ネクタイを締めた時の装い全体の雰囲気などがたまりません。今回は手縫い感溢れ、土臭さを感じるシリカに合わせることで全体のドレッシー度を上げるような試みをしたわけですが、本来持っている雰囲気からしますとソリートの持つクラシックなスタイルの方がより合うかもしれませんね。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイを使ってみた_⑧

あくまで個人的な好み、感覚の範囲ですが、ウーステッド(梳毛)の生地で、ドレッシーな雰囲気で装いたいのであれば、英国産のシルクを使ったシルクプリントのネクタイが合う(おススメ)ように思いました。

■Shibumi (シブミ)のハンドメイドネクタイを購入する方法
と言うことで、個人的には想像以上に自分好みで、とても良いネクタイだと感じたShibumi (シブミ)のネクタイ。今の為替ですと、ネクタイ1本あたり凡そ12000円前後(※)くらいかなと思いますので、クオリティと価格を考えますと大変魅力的です。
※カードですと現地通貨決済のため、為替により若干の変動あり

ただ、現在(記事執筆時点)は日本における取扱代理店、小売店ともに存在しない為に、日本に居ながら入手する方法は2つ。

①本国のオンラインShopから購入する
②日本で開催されるトランクショーにて購入する

前者はイタリアのブランドながら日本語対応(※)も可能ですので安心して購入することが出来るうえ、自分が欲しいタイミングで購入することが出来ると言うメリットがございます。その一方で実物を直接見ることが出来なかったり、購入額が€350以下(ネクタイの場合は凡そ3本以下)ですと送料が別途必要(€15)になるというデメリットがあります。
※問い合わせ先:「info@shibumi-firenze.com 」

後者は逆に日本においてじっくりと実物を直接見ながら選ぶことが出来、かつ1本単位で購入することが出来ます。ただし、全てのデザイン、色を持参されていらっしゃるわけではないので、選択肢が限られる上、購入はトランクショー開催時のみに限られます。更に開催場所(前回は東京)でしか購入できないと言うデメリットがありますね。

ただ、例えば前者であれば、インスタグラムで有名な方々がShibumiのネクタイをされてポストをされていらっしゃいますので、ノットやディンプルの表情、生地感や雰囲気などはかなり正確に確認出来ますし、もちろんオーナーである Benedetto氏shibumifirenzeのインスタグラムのアカウントで詳細を確認することも可能です。

更に、1人でネクタイ4本以上を購入することはハードルが高くとも、ご友人とともに購入されればそのハードルも下げることが出来ますので、方法によっては現実的かなと思います。

また後者の場合、東京のトランクショーに参加可能な方であれば事前にオンラインShopをチェックし、気になる物をトランクショーに持って来て頂くよう事前に依頼したり(※)、来日時はBenedetto氏がお気に入りだと言う京都に行かれることが多いようですので、関西方面の方はそちらでアポイントを取ることが出来れば(※)、日本にいながら1本単位で入手することが可能かもしれません。
※あくまで私のアイデアベースで、実際にご対応頂けるかどうかは未確認です。

現状提供されている上記①②の方法であっても、デメリットを抑える方法は上記のとおり見つけられそう気も致しますので、気になる方は是非チャレンジされてみてください。

ちなみに個人的にはとても気に入っておりますので、次回のトランクショー時に良いものと巡り逢えれば購入してみたいと思っています。