<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

秋の夜長はお気に入りのソファーで。:Ritzwell ARLES(リッツウェル アルル):後編

こんにちは!
本日は「秋の夜長はお気に入りのソファーで。」の後編と言うことで、前編に引き続き、この度買い替えることに成功致しました「ソファー」をテーマに取り上げてお送りしたいと思います。
リッツウェル_HP
リッツウェルの公式サイトより拝借致しました。

それでは、早速まいりましょう。

■Ritzwell ARLES(リッツウェル アルル)の実物をご紹介
この度選びましたのは、こんなミディアムグレーのファブリックを使った3人掛けの3分割モデル。小さい子供がおりますと革はある意味でメンテナンスは楽なのですが、ハードな雰囲気になりますので見送りました。また、当初は2分割で考えていたのですが、真ん中に座ることが多い(そしてTVを見る。笑)と言う嫁さんの主張と希望により、真ん中に座った際にも心地良く座ることの出来る3分割を選びました。
Ritzwell ARLES(リッツウェル アルル)_①

実はファブリックには相当悩みまして。。ショールームで頂けるのはスーツ生地のバンチよりも小さな切れ端・・・。
Ritzwell ARLES(リッツウェル アルル)_ファブリック

それが巨大な面積になった場合にはどんな見え方になるのか、なかなかイメージできずに苦戦しました。。。家の写真を持って行ったり、コーディネーターさんの意見を伺いながら嫁さんと喧々諤々議論を交わし、最終的には一番最後に見たこちらのファブリックに。
Ritzwell ARLES(リッツウェル アルル)_⑦

サンプルを見た際にはちょっと色が濃いので雰囲気が重いかなと心配をしたのですが、採光が十分に取れているリビングルームであると言うことと、面積が大きくなると濃さは軽減されると言うアドバイスを頂いたのが背中を押しました。

素材はコットン×ヴィスコース×ポリエステル×アクリルの4者混。耐久性と心地良さ等を追求した末の素材とのこと。服のように季節毎に変えるわけにもいきませんので、オールシーズン使えるものの中で床や壁、カーテンの色や素材感、部屋のインテリアの色あいなどを考慮の上で総合的に判断しました。結果的には想像以上にフィットしてくれたので大変満足しています。
Ritzwell ARLES(リッツウェル アルル)_②

個人的に気に入っている点の1つが、このアームの形状。直線的なラインのアームを持つソファーが多いのですが、そうするとモダンな印象が強くなり、また厚みのあるアームですと圧迫感が出てきます。広い部屋であれば良いのですが、そこまで広くない我が家のリビングルームを考えますと、曲線かつ小ぶりなアームは非常にバランスが良く収まります。
Ritzwell ARLES(リッツウェル アルル)_⑤

そして十分な奥行きのある座面は女性はもちろん、男性でもかなりゆったりと座ることが出来ます。幅も3人掛けで2m以上はありますので、家族3人ですと余裕を持って座ることが出来ますし、4人でも十分満足出来るレベルかなと。
Ritzwell ARLES(リッツウェル アルル)_③

また、最も譲れなかったポイントの1つは、脚がロクロ脚であること。アンティークのソファーで探しますとロクロ脚のソファーは見つかるのですが、アームががっちりしたものになってしまったり、またアンティークな雰囲気が強く出てしまうために他のインテリアとの調和が微妙でした。その点リッツウェルのアルルはモダンさとアンティーク感のバランスが絶妙で、真鍮製のキャップもたまりません。
Ritzwell ARLES(リッツウェル アルル)_⑥

ところで、ソファーにおいてデザインは重要ですが、ある意味それ以上に重要なのが、座り心地。インテリアの中でもソファーはその価格帯にかなり幅があるアイテムの1つだと思うのですが、ブランドやデザイナーさんによる価格の上昇を考慮しても、高価格帯のソファーはやっぱり座り心地が良いものが多いと思います。
Ritzwell ARLES(リッツウェル アルル)_④

ソファーはある意味ではベットのマットレスと同じで、硬過ぎず、柔らかすぎず、程よく体重を受け止めて沈みこみながらも、心地良く反発するくらいがちょうど良いと言うのが持論です。安価なソファーは経年による座り心地の変化(劣化)も経験上は顕著だと思っていますので、これから末永くお付き合い頂くソファーの座り心地はとても重要でした。

実際ショールームには生地の選定なども含めて何回か通わせて頂きましたが、打ち合わせの際には必ずアルルのソファーに座らせて頂きました。(笑)その際、一定以上の時間を継続して座っていても疲れがなく、心地良さを保っていたことは最後の決め手になったようにも思います。

なお、アルルの背クッションには「粒状ポリエステル」が、座クッションには「ウレタンフォームと粒状ポリエステル」が使われているそうです。この「粒状ポリエステル」ですが、自然界のコットン(綿)に比べますとキメが細かく、密度が高いことから復元力に優れており、長時間の使用でもへたり難いのが特徴だと言います。
粒状ポリエステル
※リッツウェルの公式サイトより拝借致しました。

とは言っても実際に座ってみてどう感じるか!が重要だと思いますので、私は上述しましたように数回ほどショールームに訪問させて頂き、その心地良さを自分なりに体感、納得した上で購入した次第です。

これで、これからの秋の夜長をお気に入りのソファーで過ごす際にも、今まで以上の快適さと幸福感を感じることが出来そうです♩

前回のソファーはそれこそ9年、10年近いお付き合いでしたが、新しく我が家にやって来たリッツウェルのアルルも同様に、これから10年以上は時間をともにすることになるかなと思っています。(子供が早速ソファーの上で飛び跳ねていたのが若干気がかりですが・・・汗)

と言うことで、日常的に使うもの、長く使うものには自分なりのコダワリを持って選んでみると、日々の生活が少し豊かになる気がしております。皆さんも是非、自宅内にお気に入りの場所、長く時間を過ごす場所にはそんな視点を持って物選びをしてみてはいかがでしょうか!?




※Rakuten BRAND AVENUE 人気ブランドの秋冬新作が10%OFF!



秋の夜長はお気に入りのソファーで。:Ritzwell ARLES(リッツウェル アルル):前編

こんにちは!
本日は久しぶりのインテリアネタです。「秋の夜長はお気に入りのソファーで。」と言うテーマで、この度ようやく新しく買い替えることに成功!?致しました、ソファーを取り上げたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■お金をかけるなら、”日常!?”それとも”非日常!?”
さて、突然ですが皆さまにお聞きします。皆さまがお金をかけるなら、”日常”的なものに使いますか!?それとも、”非日常”的なものに使いますか!?

服に例えて言うのであれば、頻度高く着用する仕事着(日常)にお金をかけるのか、それとも、週末に出かける際に着るようなオシャレ着(非日常)にお金をかけるのか!?と言う問いになります。

もしくは、日々使う食器(非日常)にお金をかけるのか、それとも、来客・祝い事用の食器(非日常)にお金をかけるのか!?と言う問いでも良いかもしれません。

もちろん簡単に分けることが出来るものではなく、時と場合、内容によりけりだ!と言う方も多々いらっしゃるかと思うのですが、私の場合は傾向として「日常」的なものにお金をかける価値観を有しており、逆に嫁さんは「非日常」的なものにお金をかける傾向があるように感じています。

本Blogのメインテーマである服ですと、私はオシャレ着や週末用の服にお金をかけるのではなく、仕事着にお金をかけていることはBlogをお読み頂いている方であればお分かり頂けるかと思いますし、インテリアなどでも頻度高く使うベッドのマットレスやダイニングテーブル、日々使う雑貨類もシャンプーやローション類などには比較的高くても良いものを選んでおります。

その理由は、頻度高く使うからこそ快適であった方が嬉しいですし、幸せを感じる回数は多い方が良いと言う単純なもの。

当然そこには「予算」と言う名の制限もありますから、優先順位をつけたり、場合によっては妥協することも多々あるわけですが、それでも自分なりの豊かさであったり、幸せを感じたいものには、コダワリをもって選んで生活をしております。

ちなみに、これは個人の置かれた環境やライフスタイルに大きく依存するものですから、どれが正解で、どれが間違っていると言ったものではないですね。しかも、同じ屋根の下に居ながらにして、嫁さんはどちらかと言いますと非日常的なモノ、コトにお金をかけておりますから、同じようなライフスタイルであったとしても、個人の価値観によりけりなのだと理解しております。

このような中で、私が自宅においてリラックス出来る場所と言えばソファーです。私はテレビはほとんど見ないのですが、子供たちが寝静まった夜中に1人でクッションを背に横になって考え事をしたり、ネットサーフィンをしたり、時には音楽を聴いてゆっくり出来る場所が、ソファーなのです。

ただ、2年位前に「ソファーの買い替えを、検討する。」と言う記事をお送りしていた位ですから、その時点で有していたソファーは私にとってはベストなものではありませんでした。従いまして、なんとか”日常的”に使う、リラックスできる場所をもっと心地良い場所にしたいと思っていましたし、また結婚し、子供が生まれて家族が増えると言うライフスタイル上の変化もそれらを大きく後押ししておりました。

■良いスーツを着てがんばった甲斐があった!?
ところで、私が欲しいなと思っていたソファーは、上記買い替えを検討している旨の記事の通り、ほぼ決まっておりました。

若かった頃(20代)にはブラックをベースにしたモダンなインテリアが好みだったのですが、年齢を重ね、子供が出来ることで気持ちも丸くなったのでしょうか!?(笑)インテリアもミックススタイルと言う、いくつかのテイストを混ぜた、柔らかい雰囲気を好むように変化したことは以前も記述しておりましたね。
before interior black style
※結婚前に1人暮らしをしていた20代の頃の部屋

とは言え、インテリアを全部買い替えるほどの経済的な余裕もありませんから、気に入っているものは残しつつ、買い足す際にはクラシックよりの風合いであったり、ヴィンテージ感のある小物などを選びながら徐々に硬さをとり、柔らかい風合いを感じる部屋に変えて行ったわけです。
ミックススタイル ダイニング

ただ、部屋の印象に大きな影響を与えるのは、面積が大きいもの。このあたりは服のコーディネートと一緒だと思っています。面積が大きいものの色やテイストは、そのまま部屋の雰囲気を印象付けるパワーがあると思っておりますので、そう言う意味ではダイニングテーブルと同じくらいの大きさを有するソファーと言うのは部屋の雰囲気づくりをする上で重要なアイテムなわけです。

これまでは革張りの黒いソファーを使っておりましたので、モダン且つ雰囲気は硬めでした。他のインテリアとの調和を考えますと、買い替えるなら中間色であるグレーがバランス的にちょうど良いかなと。しかも、ゴリゴリのクラシックなデザインではなく、モダンさをベースに持ちながらも、程良くクラシック感を取り入れたものが理想です。
black_sofa①

そんな理想にマッチするするスタイルとデザインを有していたのが、2年程前の記事の中でも候補としてあげておりました、リッツウェルのアルルと言うシリーズのソファーです。
ARLES_image5[1]
※以前、公式HPより拝借したものです。

曲線を上手く取入れた全体のフォルムはどこか優しげなのですが、デザイン自体は古くから存在するベーシックなソファーの形状。そしてロクロ足にはクラシック感が漂いますが、程良くモダンさを残しているあたりがイメージにぴったり。

インポートブランドや国産ブランド、新品やアンティーク等を含めて色々と探したのですが、リッツウェルのアルルが一番イメージに合う雰囲気でした。それは2年前に記事としてお送りした際から今まで変わらなかったのですが、いかんせん安い買い物ではありません。

気軽に買い替えるわけにもいかず、買い替えのチャンスをずっと狙っておりました。

そんな際に、日々高いモチベーションで仕事に取り組むことの出来るスーツを着て!?頑張って来たことが報われまして、今年は夏季賞与を手にすることが出来ました♪最初は新しい機械式腕時計でも!と言う甘い誘惑もあったのですが、嫁さんからの「早く買い替えて!」と言うプレッシャーを最近は特に強く感じておりましたので(汗)、ソファーの買い替えを行うことと致しました。

もちろん!?賞与が出た際には「好きなスーツを着て、日々頑張っているからだ!」と言う、私にとっての”服の重要性”を強く嫁さんにアピールしていたことは言うまでもございません。(笑)

と言うことで実物をご覧頂こうと思ったのですが、無駄話や前置きが長くなりましたので一旦ここで中締めをさせて頂きまして、続きは「後編」にてお送りしたいと思います。




※Rakuten BRAND AVENUE 人気ブランドの秋冬新作が10%OFF!



壁面を収納化!:上下カーテン付き突っ張り頑丈ハンガーラック

こんにちは!
この度、収納力を大幅に強化すると言う、禁断の秘儀にとうとう手を出してしまいました。。本日はこの収納力を強化するに至った背景やそれに投じたアイテムをご紹介したいと思います。

それでは、まいりましょう。

■禁断の秘儀を使うのは何回目!?
さて、私の服の購入の歴史は、「服の収納をいかに行うのか」と言う課題と常に共にあったと言っても過言ではありません。

と言うのは冗談にしても、これまで私が購入してきた服を一体どうやって収納しているのか!?について不思議に思われた方は少なくないと思います。

当然ですが、新たに購入した服を収納する方法は限られております。

・既存の収納スペースを空ける(既存の服を処分する)
・新規に収納スペースを増やす

この2つ以外は考えることが出来ません。そして、これまでは既存の服を処分することはしても、「処分すること」と「新規で購入すること」とのスピードがアンバランスであったがために、どうしても収納を増やさざるを得なかったわけです。それでも私自身、どこかに後ろめたい思いがあるからか、その収納を増やす方法もどちらかと言うと中途半端なアプローチであったと反省しております。

それは、例えば「おススメの洋服ハンガーラック(2段)はコレ!」と言う記事でご紹介差し上げたハンガーラックの購入であったり、「収納を増やす!?禁断の秘儀:ドアハンガー(折りたたみ式)」で取り上げましたドアハンガーであったりと、本質的な対応策と言うよりは、小手先の応急処置的対処に他ならないわけです。

もちろんそんな応急処置的な対処が物事を大きく改善するに導くことなはく、やはり私の服はクローゼットから溢れたままであることが常態化していたわけです。。そして、この混沌とした状況をどうにかしなければ!と言う思いが奥歯に物が挟まったかのように、常に課題として頭をもたげておりました。

このような中で、現在私が服を収納する部屋として”使わせて頂いている”のは、将来の子供の部屋。。既に子供部屋は1つあるのですが、成長したら2人の子供に別々の部屋を設けてあげたいと考えるのが親心。

とは言え、小学生位までは同じ部屋でも問題ないかなと言う甘い考えもあり、それまでは服の収納を考える!?猶予期間として私に与えられていると勝手に思っておりました。そして念のため、そう言った認識に相違がないかを嫁さんに確認したところ、特段異論がありません!でしたので、それではっ!と言うことで一気に溢れ出した服を収納すべく、課題解決を試みたわけです。

■壁面を収納化
そこで今回抜本的な!?収納力の不足を補うべく選んだ方法が、”壁面を収納化する”と言う、夢のようなお話。具体的には、現在服の収納に使っている部屋を子供部屋として明け渡すこれから数年の間、”仮設的な”ウォークインクローゼットを作って衣裳部屋にしてしまおう!と言うもの。
上下カーテン付き突っ張り頑丈ハンガーラック_①

あくまで子供部屋として利用を開始する数年間だけの”仮設”ですので、かける”コストは出来るだけ低く”。それでも、数年間は使うわけですから一定の”耐久性”は必要ですし、愛する服を収納しますので、ある程度の”堅牢性”を備えていることが望ましい。

そんな「コスト」と「耐久性」「堅牢性」と言う要件を踏まえて今回が私が選びましたのは、これまでも多々お世話になってきたDinosの「上下カーテン付き突っ張り頑丈ハンガーラック」です。
上下カーテン付き突っ張り頑丈ハンガーラック01
※Dinosさんの公式サイトより拝借致しました。

まず、上述しましたように仮設ですから出来るだけコストを低く抑えたいわけです。コストを抑えつつ、一定以上の収納力を求めようとしますと、恐らく「ハンガーラック」が最も適切な手法の1つのように思います。

既存のクローゼットを購入したり、常設のウォークインクローゼットを新たに造ろうとすると、やっぱりそれなりのコストがかかってしまうことは否めません。しかしながら、この「ハンガーラック」タイプであれば、1~3万円前後で大きな収納力を手に入れることが出来てしまうわけです。

ただ、この「ハンガーラック」を選んだ場合に懸念されるのが、「耐久性」や「堅牢性(頑丈さ)」と言った点ですよね。スーツやジャケット、コートなんかをかけていきますと結構な重さになりますし、日本に住んでいる以上地震などのことも頭の片隅に入れて選定する必要がございます。

そして色々と私なりに調べた結果、今回の私の要件を満たした上で”ベスト”だと判断したのが、Dinosの「上下カーテン付き突っ張り頑丈ハンガーラック」だったわけです。

総耐荷重はロータイプ・超ワイドのもので約231.5kgと、200㎏を超える耐荷重を実現しており、更に第三者機関による耐荷重試験もしっかりと行い、クリアしていると言う安心感。
上下カーテン付き突っ張り頑丈ハンガーラック02
※Dinosさんの公式サイトより拝借致しました。

子供などの人が常にいる部屋ではありませんが、どうせ買うなら仮設とは言え、「耐久性」や「堅牢性」はしっかりと確認し、安心して導入したいところです。

と言うことで、ご覧のような何もなかった壁面を”収納化”すべく、「上下カーテン付き突っ張り頑丈ハンガーラック」を購入し、先日設置して頂きました(※)。
上下カーテン付き突っ張り頑丈ハンガーラック_②
※組み立てサービスは別途費用がかかりますが、結構な大物なのでお願いしたほうが楽ですね。

■DINOS 上下カーテン付き突っ張り頑丈ハンガーラック
導入後はこんな感じ。決して広い部屋ではないので後ろに引けずに若干見にくいのですが、ジャケット、またはパンツなど丈の短いものはもちろん、スーツやコートと言った丈の長いものも大量に収容可能です。
上下カーテン付き突っ張り頑丈ハンガーラック_③

今回は奥行が53㎝のもの(※)を選びましたのでそこそこの身幅がある紳士のドレスウェアでも十分に余裕をもって掛けられますし、更にカーテンが付属していますので、ホコリや日焼け対策にも便利です。
※他にも奥行サイズ違いなどアリ
上下カーテン付き突っ張り頑丈ハンガーラック_④

上段の棚にはシーズン中に利用頻度の低い靴や服などを置き、衣替え時に入れ替えるように考えております。
上下カーテン付き突っ張り頑丈ハンガーラック03
※Dinosさんの公式サイトより拝借致しました。

これで長年悩んでいた!?服の収納問題がいっきに片付き、かつ収納スペースにも余裕が出来ました!

よって、スーツやジャケット同士がクローゼット内でくっつくきすぎてラペルが潰れてしまう心配もなくなりましたし、今後購入する(かもしれない)新しい服の居場所も確保でき、大満足です!(笑)

最近は服の保管サービスなども充実してきておりますが、とりあえず子供に部屋を明け渡すその日まで、この状態でしっかりと服を収められるように”努力”をしつつ、「Xデー」後のことも考えていきたいと思います。。

収納が足らずに困っている方は、是非チェックされてみてはいかがでしょうか!?低コストながら、大幅な収納力の強化が手軽に実現出来ますのでおススメですよ!







ライブハウスを持ち歩く!?:Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker

こんにちは!
本日は「ライブハウスを持ち歩く!?」と言うテーマで、特にこれからの時期には是非揃えておきたいアイテム!?をご紹介差し上げたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■変化に適応出来ないモノ
さて、突然ですが、皆さんはご自宅で音楽をどのように楽しまれていらっしゃいますか!?

音楽がお好きな方であれば、ご自分の趣味、趣向にあった音質を持つオーディオ機器一式を揃えて楽しんでおられるかと思いますが、音楽が趣味ではないような方は、ipodやiphone用のスピーカー機器を連携させて音楽を聞いていらっしゃる方も多いのではないかと想像致します。

私は過去に購入したCDプレイヤーとスピーカー、ウーハー機器などがセットになったオーディオ機器が自宅にあるのですが、ipodやiphoneが我が家に来てからと言うもの、音楽はそれらと連携させるスピーカーにて楽しんでいたのが実際のところです。

ただ、実は私、大変お恥ずかしながらこれまで使っていた音楽(ipod/iphone用)スピーカーは、コンセント式のドッキングタイプ時代のもの。よって、当然ながら”設置できる場所は、室内かつコンセントがある場所に制限”されてしまいますし、音が出る方向も”一方向のみ”。その上、ipodやiphoneの世代が変わってコネクタの仕様が変わったりすると、場合によっては”変換コネクタが別途必要”になったりする、大変に使い勝手の悪い状態でした。

しかも、小さな子供がおりますと外に出かけることが多くなりますが、もちろん外に持って出ることも出来ませんし、そもそも精密機器なのであまり子供の手に触れる場所には置いておきたくない。。子供と一緒に良い音で音楽は聞きたいけれど、現状のスピーカーは登場機会に恵まれなくなっていたのが実情でした。

もちろんこれは、そのスピーカー自体が悪いわけではございませんね。購入時は自分のライフスタイル上ベストだと判断して購入したものの、月日が流れる中で自分のライフスタイルの変化がおき、また電子デバイスが技術の進歩によって性能等が変化する中で、これらの変化に適応しきれなくなってしまったに過ぎないわけです。

ただ、そう言ったライフスタイルの変化に適応出来なくなったモノは、人は自然と使わなくなってしまうもの。よって、私の家には音の出ることのないスピーカーが、”インテリアとして”置いてあるのみでした。

このような中で本日ご紹介するアイテムは、私が現在のライフスタイルにおいて抱えていた音楽スピーカーに対する”悩みを全て解決してくれる”と言う”優れもの”なのです。

■様々な悩みを解決する、Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker!
そんな優れもののスピーカーが本日ご紹介致します、Bose(ボーズ)の「SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」です。
Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker_①

Boseは1964年にアメリカで当時マサチューセッツ工科大学の教授をしていたアマー・G・ボーズ氏によって設立された、老舗の音響機器メーカーです。ただ、老舗とは言ってもアメリカやヨーローッパでは今もなお音響機器マーケットにおいてはトップシェアを誇っている一流メーカーであり、プロ、アマ問わずに高い評価を得ていることから、ご存知の方も多いと思います。

そして、このBoseから先月末に発売された新製品が「Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」なのです。
Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker_②

『自然なサウンドが拡がるボーズ史上最高峰のポータブルスピーカー』とメーカーがうたっている実力やいかに!?と言うことなのですが、音質等は好みもございますし、音楽に対する造詣の有無にもよると思いますので、今日はどんな悩みを解決してくれるのか!?と言うハード面を中心にご紹介したいと思います。

①ポータブル(Bluetooth )かつコンパクト
「 SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」」は、ポータブル・スピーカーです。よって、充電さえしてあればコンセントに接続することなく使えますし、Bluetooth 接続ですので、iphoneなどをドッキングさせる必要はありません。

つまりiphoneは手元にありながらも、リビングのサイドボードやキッチンのカウンター、ダイニングのテーブルだったり、時には子供部屋など、設置場所は想いのまま。しかも、Bluetooth 接続ゆえにiphone等と物理的な接続は不要ですので、製品のアップデートによるコネクタの仕様変更の有無を心配しなくても良くなりました。
Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker_⑩

もちろん、屋外にだって持って行けます。しかも外寸は「105(W) x 184(H) x 105(D)mm」とコンパクトかつ、本体は1㎏を切っておりますのでとても軽い。レイバンのサングラスと並べてみても、さほど大きさを感じません。この持ち運びの手軽さは嬉しいですね。
Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker_③

また、持ち運びがしやすいように、ハンドル(布製)がついていると言う点も見逃せません。
Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker_⑧

ちなみにフル充電で約16時間程度の連続再生が可能とのことですから、使い方にもよりますが、週末にレジャーで屋外に持ち出したとしても、安心して使うことが出来ちゃいます。別売りですがクレードルがあると上から本体を置くだけで簡単に充電ができますので、あると便利ですょ。
Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker_⑤

Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker_⑥

クレードルがない場合は、付属する電源コードを直接本体に接続して充電します。
Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker_④

②防滴仕様&高い耐衝撃性能
完全防水ではなく、防滴仕様ですので海やプールの中に入れられるわけではないですが、それでも水が多少かかるくらいは問題ないようです。さすがにシャワーをかけたりはしておりませんが、風呂場において使って(あまりじゃぶじゃぶ水がかからない場所に設置)みましたが問題なく音楽を楽しめ、いつもとは違う極上のリラックスタイムになりました。
Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker_⑨

また、コップを倒してよく飲み物をこぼす我が子の近くにも気にせず置くことが出来そうですので(笑)、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭であっても安心な仕様ですね。

更に防滴だけではなく、もともとアウトドアなどで使うことを前提に設計してあるようで、耐衝撃性にも優れているとか。ボディ部分にもステンレスなどの堅く、傷がつきやすい素材だけではなく、手触りの良い柔らかいゴム?シリコン?のような素材が使われていると言う点も、小さなお子さんがいるご家庭にお勧めしたい理由です。お子さんが倒しても、簡単には壊れません!?

③主張しすぎず、シーンに溶け込むデザイン性の高さ
音質だけではなく、デザインにも定評のあるBoseのスピーカーは主張しすぎることなく、インテリアに自然に溶け込むような高いデザイン性を有していると言う点も思わず選びたくなる理由でした。室内に置いてある際は、その物理的存在を強く感じさせないままに、心地良い音楽を提供してくれる。
Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker_⑫

他方で外に持ち出せば、お洒落で高品質な機器であることは一目で分かります。それでも一見スピーカーらしくないその佇まいをネタに、話を盛り上げる機会も提供してくれそうですね。

④まるでライブハウスのような音の広がりと力強さ
私は昔からBoseのファンですので、若い時にはそれこそ車に積んでいたスピーカーやサブウーハーはBose製でしたし、これまで使って来たオーディオ機器の多くもBose製。

重厚な低音の出方には特に高い評価を得ることの多いBoseですが、今回は360度スピーカーと言うことで自然な音の広がり方やコンパクトながら迫力のある音の出方には家族で驚いてしまいました。夕食時に「Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」を使って音楽を流していたら、「生演奏を聴きながら食事をしているみたい!」と思わず嫁さんがこぼしたほど。

部屋の中央に置いておけば、どこに人がいようと同じような音質で臨場感ある音を楽しむことが出来ますし、部屋の隅においてみても、壁に音が反響して部屋中を音で包みこみ、まるでライブハウスにでも来たかのような感覚があったのには、ただただ感動するあまり。確かに『ボーズ史上最高峰のポータブルスピーカー』の言葉に偽りなし!だと強く感じました。
Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker_⑪

■ライブハウスを持ち歩く!
日本におけるG.W前後から盛夏前までの季節は気候的にも過ごしやすいので、家にいても窓を開けて心地良い風を通したくなったり、天気の良い週末には山へ、海へとレジャーに出かけたくなる季節であったりしますよね。

子供がいない頃は嫁さんとデートをしたブルーノートやコットンクラブも、小さな子供がいるとなかなか行くのは難しい。それでも、この「Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」があれば、部屋の中であったとしても、まるでライブハウスに居るかのように空気を伝わる音の心地良い振動を子供と一緒に感じることが出来ますね。しかも、部屋の窓を開けて風を通すと更に気持ち良い!

また、天気が良い日は近くの公園にピクニックに行ったり、ちょっと車で遠出をして自然の中で子供と思い出作りをしたりしておりますが、そんな際にも屋外に気軽に持ち出せる「Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」があれば、時にはBGMの様に背景に溶け込んでくれ、また時には屋外ライブに来たかのような楽しい音楽的演出をもしてくれそうです。

お子さんがいらっしゃらない方や、独身貴族を楽しんでいらっしゃる方は、キャンプやBBQなんかの際にも活躍してくれそう。私も子供がもう少し大きくなったら、キャンプ道具一式に「Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」を携えてキャンプに行きたいと思っています。

と言うことで、個人的には「選ばない理由がない!」程に大満足した「Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker」。
Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker_⑦

部屋にいても、屋外に遊びに出たとしても気軽に「ライブハウスを持ち運ぶ」ことが出来ますので!?、楽しい思い出に花を添えてくれる良質な音楽をもっと自由に楽しまれてみてはいかがでしょうか!?






高品質な割に、高すぎない価格設定も魅力です!



外形寸法が、「82(W) x 152(H) x 82(D)mm」と更にコンパクトな製品も出ているようです。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【公式 / 送料無料】 SoundLink Revolve charging cradle
価格:3780円(税込、送料無料) (2017/5/25時点)


次世代の折り畳みチェア!?:HINTON 低椅子Futon

こんにちは!
本日は、久しぶりのインテリアカテゴリの記事をお送りしたいと思います。

今回ご紹介致しますのは、折り畳みチェアです。もちろん!?普通の折り畳みチェアではございませんよ。”次世代の折り畳みチェア”と言ったら言い過ぎかもしれませんが、とても面白いアイデアをもとに作られたチェアなのです。

それでは、早速まいりましょう。

■二兎を追う者は二兎をも得る!?
さて、突然ですが折り畳みチェア(椅子)はなぜ生まれたのでしょうか!?

折り畳みチェアと言いますと、多くの方が「パイプ椅子」を思い浮かべると思います。wikipediaによりますと『1925年にドイツの建築家、マルセル・ブロイヤーが製作したワシリー・チェアが、現在のパイプ椅子の原型とされている』そうです。

更に、『安価で大量生産が可能なこと、また折り畳んで板状に出来る機構を加えたことから収納が容易となり、会議場や集会場には必須の椅子となった。』とありますように、

①普段はスペースを広く(別の用途として)使いたい
②必要な時にだけ椅子を使いたい

と言うような課題を解決するソリューションとして最適だったのが、折り畳みチェア(パイプ椅子)だったわけですね。

ただ、実際ご自宅で会議や集会をする、と言うことは”普通は無い”と思います。もちろん家族”会議”などはあるでしょうけれど、家族分の椅子は既に揃っていることが一般的であるかと思いますので、問題は発生しませんよね!?

では普段のライフスタイルにおいてどう言った際に追加の”椅子が必要になるのか”と言ったら、それは来客時だと思います。

特に小さなお子様をお持ちのご家庭ですと、子供の繋がりでママ友だったり、友人のご家族が自宅に遊びに来たりするわけです。事実、私もまさにそのような境遇におりますので、ダイニングチェアは家族分以上に増やして対応可能なようにしたものの、ソファーは大きくするわけにもいかず、若干困った経験がございます。

広いご自宅で、大きなソファーや来客用の椅子を常時完備出来る環境であれば”悩みは無い”と思うのですが、現実問題なかなかそう言った環境で優雅な生活を送ることは難しかったり致します。

そんな時に欲しくなるのが、普段は収納可能で、いざと言う時に活躍してくれる”パイプ椅子”なわけです。

最近はお洒落なパイプ椅子等も沢山世の中には出回っておりますが、やっぱり原形はパイプ椅子のまま。もう少し洒落た佇まいで、更に子供たちが喜ぶような仕様の折り畳みチェアがあれば、全ての問題が一気に解決するかもしれません!?

そんな、普段はコンパクトな形状で収納可能な機能性を有しつつ、洒落ていて、ちょっと気の利いたデザイン性の高い佇まいを有すると言う、まさに「二兎を追う者は二兎をも得る!」と言うような理想の折り畳みチェアが本日ご紹介致します、

HINTON 低椅子Futon

なのです!論より証拠、ではないですが、実物をご覧頂いた方が話が早いと思いますので、ご覧頂こうと思います。

■HINTON 低椅子Futonの実物をご紹介
まずは、コンパクトに”畳まれた”状態をご覧頂きましょう。縦が29cm、横が21cmほどの大きさで、iphoneを横に置いておりますが、だいたいA4用紙に納まる位の大きさだとご理解頂いた方が話が早いかもしれません。
HINTON 低椅子Futon_①

板面はリアルウッド。側面などはヤスリ加工がしてありますので子供が触っても安心です。
HINTON 低椅子Futon_②

厚みはおよそ10cm弱。9.6cm位でしょうか。ブックシェルフなどがあれば、そこに納めておける位のサイズ感ですね。
HINTON 低椅子Futon_③

ここまで来て「?」、何これ?折り畳みチェアの話じゃなかったっけ!?と思われていらっしゃる方も多いかも知れませんが、ご安心くださいませ。そのまま読み進めて頂ければ、ちゃんと「着地」します。(笑)

そんな板面と板面の間にあるのは、クラフトペーパー。イメージとしてはアコーディオンのような形状になっているのです。
HINTON 低椅子Futon_⑤

クラフトペーパーに強度を持たせるためでしょうか。ハニカム構造のようなカタチになって折り畳まれております。
HINTON 低椅子Futon_⑥

このアコーディオンをぐるっと開きますと、こんな感じになるわけです。ウッドの盤面にはマグネットが仕込まれておりますので、板面同士がくっついて、クラフトペーパーがアコーディオンのように開いてローチェアに早変わり。しかも「紙」なのに、なんかお洒落な感じがしませんかっ!?
HINTON 低椅子Futon_⑧

この上に、付属されていたマットをのせます。
HINTON 低椅子Futon_⑪

マイクロファイバーでしょうか。独特の気持ち良さがありますね。
HINTON 低椅子Futon_⑫

裏面には滑り止め加工がなされておりますので、ずり落ちてしまうこともありません。
HINTON 低椅子Futon_⑬

これを先程の上にのせますと「なんと言うことでしょう」と言う感じで、某TV番組ではありませんが、ローチェアが出来てしまうわけです。これを子供たちが集まっている場に出せば、きっとちょっとしたヒーローになれますし、子供たちの笑顔が見れること間違いなし!(笑)
HINTON 低椅子Futon_⑨

しかも、トップが少しくぼんでいる為に座面がヒップに綺麗にフィットして、座り心地も驚くほど良いのです。
HINTON 低椅子Futon_⑩

他にも数パターン程形状を変化させることが出来るようで、
HINTON 低椅子Futon_⑭

この上に天板、または天板に代わる物をのせればローテブル、コーヒーテーブルとしても使えてしまうみたいです。
HINTON 低椅子Futon_⑮
※この形状ではチェアとしてはつかえません。

テーブルの高さも高め、低めと調整出来ますから用途に合わせて選べるのは嬉しいですね。
HINTON 低椅子Futon_⑯

以下の形状はテーブル用のようで、大人が座るとさすがにクラフトの強度が足りずに凹んでしまうので、注意が必要です。
HINTON 低椅子Futon_⑰

と言うことで、木とクラフトペーパーと言うエコな素材でありながらも、使わない時にはA4用紙サイズほどにコンパクトになって収納可能。その上、いざと言う時にはちょっとしたエンターテイメント性を発揮しつつ、お洒落なローチェアに早変わりしてしまうと言う、高いデザイン性と機能性を有した次世代の折り畳みチェアである「HINTON 低椅子Futon」のご紹介でした。

ちなみに、クラフトペーパー部分は水にも多少強く出来ている(※防水加工)ようですので、子供たちが飲みモノをこぼしてしまっても、しっかりと乾かせば強度が維持できるようになっているみたいです。
※ただ、当然ながら風呂場など、水場で利用することは出来ません。

■こんなシーンにおススメ!?
①ご家庭内の来客対応用として
私の場合は上述しましたようにダイニングチェアは家族の人数以上の椅子を常備しておりますが、ソファーは家族の分も足りない位の状況です。よって、来客時に食事などが終わってソファーでリラックスして談笑する際などを想定して、今回はローチェアをセレクト致しました。

他にも座面が高く丸椅子として使える商品も存在しますので、現在抱えているライフスタイル上の”悩み”に合わせて最適なチェアをセレクトするのが良い、と思っています。



②屋外でのレクレーション用として
バルコニーや芝生の上など、屋外でも利用可能なようですので、ご自宅に大きなバルコニーや庭がある場合やピクニック又はキャンプなどの際に活用する、と言う方法もあるようです。

ただ、持った感じそこそこの重量を感じましたので、気軽に持ち歩くと言う使い方は難しいかなと思います。
stool01_04[1]_HINTON

③オフィス用の来客対応用として
オフィスなんかですとソファやチェアは常設していることの方が圧倒的に多いと思うのですが、同じシリーズでソファなども発売されているようです。



形状もかなりアレンジ出来るようですし、ミーティングスペースなどに設置しておきますとクライアントと話のネタになって盛り上がり、商談も上手くいく!?かもしれません。(笑)
sofac02[1]_HINTON

また、スモールオフィス等の方は来客時の際のみミーティングスペースなどどして活用することも出来るようですので、かなり便利かなと言う印象を持っています。
sofac19[1]_HINTON

と言いますか、ここまで来ますともはや”折り畳みチェア”の粋を超えてしまっているようにも感じますし、必要な時にだけ椅子として活用すると言う観点から、必要に応じて必要な形状にアレンジすると言う、”魔法の椅子”のような様相まで呈してきておりますね。(笑)

実際に家で使っていると何かと便利ですし、座り心地も良いので、現在新設を検討しているスモールオフィスに使っても良いかも!?なんて言う印象も持っております。

ご自身の抱える悩みを解決出来そうなアイテムであれば是非!チェックされて見て下さいっ♪