<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ウールパンツ(2017SS)を購入!

こんにちは!
本日は前回に引き続き、吊るし(既製品)の手縫いのパンツブランドであるLe Spade(レ・スパーデ)から、無地のチャコールグレーのパンツを買い足しましたので、簡単にご紹介差し上げたいと思います。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ 千鳥格子柄のウールパンツ(2017SS)_③

それでは、早速まいりましょう。

■パンツのグレーカラーはコンプリート!?
さて、前回ご紹介差し上げた千鳥格子柄(ハウンドトゥース)のパンツと色見が若干近いのでちょっと迷ったのですが、結局買い足すこと致しましたのは、これまで私のワードローブの中では欠番(春夏生地)となっておりましたチャコールグレーカラーの無地のパンツです。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_①

ただ、チャコールグレーと言っても春夏のチャコールのために色合いに程良い軽さがあります。この時期に着用することの多い明るい色見のジャケットを着た際にはパンツにダークトーンを持ってきてバランスをとる事がセオリーであるようにも思いますので、悩んだ末に購入することと致しました。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_②

仕様は前回ご紹介差し上げたレスパーデの千鳥格子柄のパンツと変わりません。ロゴがSharonさんのエクスクルーシブ仕様になっているほか、1プリーツとなり、シルエットにややゆとりが出ております。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_③

私が2015年に初めてレスパーデを購入した当初はバックポケットも右側のみでしたが、途中から左右両方につく仕様に変更になっています。と言っても、発注した際の仕様としては右側だけのはずが両方にポケットが付いてきたと言うお話もあるとか、ないとか。(笑)そのあたりは、相変わらずナポリです。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_④

シルエットの変化がどの程度だったのか!?を簡単にご紹介しておきます。上に重ねたライトグレーのパンツは2015年SSのモデルで、裾幅で言うと17.5cmほど。今回の2017年SSでは19cm弱程度ですから、裾幅だけで1.5cm前後の差がでております。ご覧の通りワタリあたりから太くなっておりますので、全体がゆとりがあるシルエットになっていることはお分かり頂けるかなと。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_⑤

今回でライトグレー、ミディアムグレー、チャコールグレーに千鳥格子柄のチャコールグレーと、ほぼほぼ春夏のグレーカラーのパンツはコンプリートしたように思います。もちろん、プリーツの有無やシルエットの違いがありますので、今回購入した以外のカラーを揃えるかどうかはちょっと考えたいと思います。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_⑥

ちなみに、ネイビーやブルー系のジャケットにはライトグレーやミディアムグレーなどの明るめのグレーカラーを合わせることが私は多く、トーンの低いベージュやエクリュカラーのジャケットにはチャコールグレーなどのダークトーンのパンツを合わせるとバランスがとりやすいと思っています。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_⑦

よって、もしレスパーデが気になっていらっしゃる方で、どの色を買ったら良いかお悩みの方は、普段ご自身が着ることの多いジャケットの色なんかを踏まえた上で色をお選びになると良いかと思いますよ。

■手縫いのパンツには、手縫いのジャケットが合うのか!?
ところで、たまに読者様からご質問を頂くことがあります。それは、

「手縫いのパンツには、手縫いのジャケットを合わせるべきですか!?」

と言うもの。最初に結論から申し上げますと、「個人的には、その方がバランスが良いと思っています。」と言う趣旨でご回答させて頂いております。

特にレスパーデはナポリ特有の手縫い感が溢れるステッチや縫いの表情などが目立ちますし、これが柔らかな風合いへと繋がっているように思います。

よって、合わせるジャケットは必ず手縫いであるべきだとは思いませんが、ナポリ仕立ての柔らかい雰囲気を持つジャケットの方が全体として見た際に感じるバランスが良いと感じます。

ただ、手縫いのパンツでも日本人の職人さんが手がけているパンツはステッチも精緻でマシンで仕上げたかのような美しさがあることが多いので、マシンメイドのジャケットを合わせたとしても、大きな違和感はないかもしれませんね。

そういう意味では、同じ手縫いと言っても様々な表情やスタイルがあるように思いますので、それに合う雰囲気を持つとご自身が感じるジャケットを持ってくるのが一番良いように思います。正解は必ずしも1つではないと思っておりますので。

ちなみに、私もこれまで数々の恥をかいてきましたし、未だに失敗したかなぁ!?と思うスタイルをしてしまう日もございます。それでも失敗を重ね、数を重ねることで分かること、学ぶこと、感じられるようになることと言うのが多々あるように思いますので、「これって合うのかなぁ!?」と思われたら、是非1度チャレンジされてみることをおススメします。

きっとそのチャレンジが、ご自身のスタイル作りに必ず繋がっていくと個人的には思っております。







Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ 千鳥格子柄のウールパンツ(2017SS)を購入!

こんにちは!
本日は、毎シーズンの恒例イベントの1つでもある!?手縫いの吊るし(既成品)のパンツブランド、Le Spade(レ・スパーデ)のウールパンツを買い足しましたので、簡単にご紹介を差し上げたいと思います。

それでは、早速実物から見てまいりましょう。

■大きな2つの変更点と小さな1つの変更点
さて、この2017年SSシーズンのLe Spade(レ・スパーデ)は、大きな2つの変更と小さな1つの変更がございました。

まずは小さな変更点からお伝えしていきたいと思うのですが、この2017年SSよりロゴが変わりました。具体的にはロゴに「per Sharon」の文字が入り、Sharonさんのエクスクルーシブモデルであることが表記されるようになったわけです。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ 千鳥格子柄のウールパンツ(2017SS)_③

ただ、もともとSharonさんで扱っていたレスパーデはSharonさんがつくりこんだパターンをモーラの工房に持ち込み、生地の選定なども行っていたエクスクルーシブ仕様でしたので、ロゴが変わったから大きく仕様が変わったと言うわけではなく、ロゴが仕様にあった形の表記になった、と捉えて頂いた方がより正確なように思います。

続きまして、大きな変更点の1つ目。それはタイトルからもお分かり頂けるかもしれませんが、ノープリーツから1プリーツ(アウトプリーツ)になった、という点を挙げることが出来ます。このあたりは昨今のパンツにおけるトレンドを加味した仕様になっているのだと思います。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ 千鳥格子柄のウールパンツ(2017SS)_⑤

ちなみに、Sharonさんでカジュアルパンツとして展開しているレスパーデは、2017年SSモデルであってもノープリーツです。この辺りは、トレンドを取り入れるポイント、スタイル(美意識)を重視するポイントと言うのを考えて対応していらっしゃるのかもしれません。

そして大きな変更点の2点目は、シルエット。これまでのシルエットに比べますと、ややゆとりを持ったシルエットに変更されております。細めのパンツはスタイリッシュであったり、若々しい印象が出ると思いますが、今回はクラシック感が強まり、より大人っぽい雰囲気になったように感じています。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ 千鳥格子柄のウールパンツ(2017SS)_⑦

裾幅でみてみますと、19cm弱と言ったところでしょうか。これまではドレスパンツですと18.5cm前後、カジュアルパンツですと17.5cm前後と言う裾幅でしたので、数値としては小さくとも与える印象はだいぶ変わるように思います。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ 千鳥格子柄のウールパンツ(2017SS)_⑧

と言うことで、仕様にあわせてロゴに「per Sharon」の表記が入ると言う小さな変更に加えて、1プリーツが入り、シルエットにゆとりを持たせた2つの大きな変更点が、この2017年SSのレスパーデの特徴かなと思います。

なお、私が穿いてみて持った感想としましては、ゆとるあるシルエットが余裕のある大人を演出しているかのようで、私の今の気分にぴったりでした。

裾幅が全てを物語るわけではないのですが、それでも裾幅が19cm弱と言う数字は数年前のタイトフィットなパンツを好んで着ていた自分からしますと、ちょっと考えられない数値でした。

それでも、今着てみると逆に心地よい、ちょうど良く感じてしまうのですから、人間の感覚とは不思議なものですね。

■その他仕様の変更は無し
最後に、上記以外の画像を数枚ほどご紹介して本日は締めたいと思います。もちろん上記以外には変更点はございませんでしたので、仕様の詳細が気になる方は、是非過去の記事(※)なんかもチェック頂けると嬉しいです。

Le Spade(レ・スパーデ) ノープリーツ トロピカル・ウールパンツを購入!
アイテムとしてのパンツを再評価する!:Le Spade(レ・スパーデ) ノープリーツ トロピカル・ウールパンツ

Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ 千鳥格子柄のウールパンツ(2017SS)_①

Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ 千鳥格子柄のウールパンツ(2017SS)_②

Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ 千鳥格子柄のウールパンツ(2017SS)_④

Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ 千鳥格子柄のウールパンツ(2017SS)_⑥

今回はシルエットで好みが分かれているようですが、気になる方はSharonさんの店頭でご試着頂いたり、オンラインShopを是非チェックされてみてください。







FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のスウェットパンツを購入!

こんにちは!
本日はカジュアルアイテムのご紹介です。

しかも、私にとりましては、ちょっと懐かしい!?ブランドであるFRED PERRY(フレッドペリー)と、最近カジュアルスタイルのブランドとしてはお気に入りであるNIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のコラボレーションアイテムからスウェットパンツをご紹介させて頂きます。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のスウェットパンツ_⑤

それでは、まいりましょう。

■ブリティッシュ・トラディショナル:FRED PERRY(フレッドペリー)
さて、本Blogの読者様であれば、1度は手にしたことがあるのがフレッドペリーのポロシャツではないでしょうか!?

テニスが貴族階級のスポーツであった頃、労働者階級出身のテニスプレーヤーとして『ウィンブルドン3連覇をはじめ、全米選手権を3度、全豪、全仏選手権もそれぞれ1度ずつ制し、史上初のグランドスラムを達成した』のが、その後フレッド・ペリーを立ち上げることとなるフレデリック・ジョン・ペリー氏です。
※『』内は、公式HPより引用

イギリスのテニスの神様として、その類まれなテニスのセンスのみならず、ベストドレッサーとしても知られていたペリー氏が引退後の1952年にイギリスはロンドンで設立したのが、フレッドペリースポーツウェア社。

アイコンとなっている月桂樹(ローレル)のロゴは、ウィンブルドンから正式に許可を得て使用しているとのことで、そんな背景からもペリー氏がいかにテニス界からリスペクトを受けていたのかを伺い知ることが出来ますね。

そんなフレッド・ペリーと出会ったのは、私が高校生か大学生のころ。月桂樹をモチーフとしたロゴが入ったポロシャツが流行り、私も流行りに乗って購入しておりました。購入していたのは、フレッド・ペリー氏が12番目にデザインしたと言われている「M12」。

襟と袖に2本ライン(ティップライン)が入り、ローレルのアイコンがシンプルにあしらわれた、極めてベーシックな1着です。最初に購入したのはホワイトにネイビーのラインが入ったものだったと記憶しておりますが、その後も数色ほど買い足しておりました。



ただ、トレンドと言うのは波があるのが怖い!?ところで、トレンドが過ぎ去ったあとは着用する頻度もさがり、結局その頃から好きであったラルフローレンのポロシャツに取って代わられることとなります。。

ただ、最近はカジュアルスタイルもドレススタイル同様にシンプルでベーシックなものが気になります。

良い、悪いは置いておいて、結婚もして子供も出来ますと、誰かに対して強くアピールする必要がなくなります!?ので、自分が好きであれば、まぁ普通の格好で良いわけですね。(笑)

そんなことから、ブリティッシュ・トラディショナルの代表的なブランドでもあるフレッド・ペリーがちょっと気になっておりました。

そのような中で、先日もご紹介したファミリーセールサイト(※)で見つけたのが本日ご紹介するアイテムです。楽な楽な格好に流れてしまうのは良くないなぁと思いながらも買ってしまったのが、個人的に好きなアイテムでもあるスウェットパンツです。
※「GILT」・「GLADD (gladd.jp)

それでは、実物をご覧頂こうと思います。

■FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のスウェットパンツをご紹介
この度購入しましたのは、こんなネイビーベースにホワイトのローレルが印象的なスウェットパンツ。しかもフレッド・ペリーとナイジェルケーボンのコラボレーションパンツです。ビンテージやミリタリーな雰囲気が特徴のナイジェルケーボンとのコラボだけあって、ちょっとヘリテージな風合いがありますね。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のスウェットパンツ_①

ポケットの形状や、ローレルの大きさ、少し低めに入った位置なんかにグッときました。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のスウェットパンツ_②

最後にフレッドペリーを購入したのはそれこそ10年以上も前のことですが、変わらない気品がローレルにはありました。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のスウェットパンツ_③

こちらは英国製ではなく、ポルトガル製。それでもしっかりとしたコットンが心地よく、リブのラインもデザイン上のちょっとしたエッセンスになっています。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のスウェットパンツ_④

バックポケットは右側1つだけ。私は細かいディティールにも喜び!?を感じることがありますが、こちらにも私にとって嬉しくなるポイントがありました。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のスウェットパンツ_⑥

それがこちら。(笑)ファスナーの引き手部分が、牛革になっています。おそらくフレッド・ペリー単体のトラックパンツなどであれば、こういう仕様にはならなかったと思うのですが、こんなディティールにナイジェル・ケーボンらしさを感じます。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のスウェットパンツ_⑦

実際に履いて出歩いた際のイメージがこちら。ややゆとりあるシルエットですが、私の今の気分にはぴったりで、とても気に入っております。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のスウェットパンツ_⑧

カッコつけて写真を撮っておりますが、嫁さんからは「またそんな格好して・・・。仕事の時みたいにちゃんとして。」と怒られながら、履いています。(泣)
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のスウェットパンツ_⑨

ちなみに、同じモデルのトップスとしてトラックジャケットも購入。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のトラックジャケット_①

ローレルはパンツに比べますとやや小ぶり。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のトラックジャケット_②

トラックジャケットもコラボレーションアイテムですので、嬉しいポイントも健在です。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のトラックジャケット_③

上下で着ても良いですが、デニムやチノパンなどにも合わせやすいので、ちょっと肌寒い日に気軽に羽織ると言った使い方も出来るかなと思っております。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のトラックジャケット_④

物を落とすのではないか!?とついつい心配してしまう私ですが、ジップ仕様であれば安心です。
FRED PERRY(フレッドペリー)×NIGEL CABOURN(ナイジェルケーボン)のトラックジャケット_⑤

ジムやカラダメンテナンスの際、家の近場や休日の部屋着としても活用中で、とても気に入っております。新しいブランドも良いですが、昔ながらの色褪せない魅力を持つブランドもやっぱり良いなぁと改めて思うのでした。








[sn] super.natural(スーパーナチュラル)のスウェットハーフパンツを購入!

こんにちは!
ここ最近は急激に暖かくなって、春と言うよりも初夏!?と感じる日もあったり致しますね。寒暖の差が激しい日が続きますと体調も崩しやすくなってしまいますので、皆様も体調管理にはくれぐれもお気を付けくださいませ。

さて、本日は3年ぶり位に購入致しましたスイス発のブランドである[sn] super.natural(スーパーナチュラル)から、ワンマイルウェアとしてのスウェットハープパンツをご紹介したいと思います。それでは、まいりましょう。
※以前の購入記事:「[sn] super.natural(スーパーナチュラル)パーカーを購入!
[sn] super.natural(スーパーナチュラル)のスウェットハーフパンツ②

■極上のリラックスウェア
前回パーカーをご紹介させて頂いた記事には記載致しましたが、ブランド名の由来は『「Super」はハイテク・ファイバーの持つ機能性を意味し、「Natural」は上質な天然繊維(メリノウール等)の持つ快適性を表現』してると言います。

具体的には、ハイテク技術と天然繊維とをハイブリッドに活用することで相互のメリットを引き出し、最高の快適性、機能性、スタイリングを兼ね備えた究極のEASY WEARと言うのがスーパーナチュラルのアイテムの根底にあるコンセプトなわけです。

個人的には天然繊維の持つ魅力に大きく惹かれているのですが、肌触りが良かったり、心地良い天然素材と言いますのは得てして扱いに繊細さが求められるうえ、耐久性とは無縁の世界。

もちろんリラックスウェアにもカシミアやシルクを使ったものも存在致します。ただ、そう言ったアイテムはお値段が高い上に、長く使うとなりますと慎重な扱いを求められますので、価格の問題だけではなく、今の私のライフスタイルですとちょっとミスマッチを起こしてしまいそう。

そんな時に、適度に化学繊維を用いることで機能性を高めながら扱いやすさや一定の耐久性をも備える事が出来るのであれば、それもまた良しかな、と思っていたりするわけですね。

実際パーカーを購入してからと言うもの、旅行の際はもちろんですが、家の中や家の周辺を出歩く際には結構な頻度で使ってきましたので、生地面には若干の毛羽立ちが見られるようになりました。が、それでも大きな型くずれはないですし、サラッとした心地良さは健在でして、まさに私の持っている中では”極上のリラックスウェア”。
[sn] super.natural(スーパーナチュラル)のスウェットパーカー②
※パーカーの生地の表情

そんな使い勝手の良さを経験しておりましたので、これからの気温が上がってくる季節に向けてこの度買い足したのがパンツです。しかも暑さをに強い!?ハーフパンツと言う仕様。

年齢を重ねますと足を出すことに抵抗を覚える方もいらっしゃるとは思うのですが、あくまでリラックスウェア、ワンマイルウェアと言うことで人様に足を見せる前提のウェアではないですし、ジムなんかでも使えますので夏前に揃えておいても損はないのが、ハーフパンツかなと思います。

それでは、そんな極上のリラックスウェア、ワンマイルウェアとして購入したスーパーナチュラルのスウェットハーフパンツの実物をご覧頂こうと思います。と言っても、そんなたいした内容ではございませんが・・・。

■[sn] super.natural(スーパーナチュラル)のスウェットハーフパンツをご紹介
この度購入しましたのは、こんなベーシックなグレーカラーのハーフパンツです。実はパーカーと同じ色ですので、セットアップで使う事があるのかどうか別として、上下合わせて使うことも可能なようにしておきました。
[sn] super.natural(スーパーナチュラル)のスウェットハーフパンツ①

サラッとした心地良い肌触りはパーカーと全く一緒。日本の夏は湿度が高いくてジメジメ致しますが、そのような中でも快適に過ごすことが出来そうな生地感です。
[sn] super.natural(スーパーナチュラル)のスウェットハーフパンツ③

品質表示タグを見ますと、ウールの他に、ポリエステルとポリウレタンが入っています。スウェットパンツやパーカーですとコットンを想像してしまいますが、ウールに化繊を加えているのが、サラッとした心地良さを実現しつつ、扱いやすさを実現している理由かもしれません。
[sn] super.natural(スーパーナチュラル)のスウェットハーフパンツ④

ちなみに、こちらが3年程前に購入したパーカーです。ジッパーテープがホワイトの為にヴィジュアル的にも清涼感が漂う1着となっており、Tシャツの上などから羽織りますと至極心地良くて気に入っております。
[sn] super.natural(スーパーナチュラル)のスウェットパーカー①

上下で合わせるとこんな感じです。海外のセレブがジムやリラックスウェアとして上下ジャージで過ごしているのを見かけると、妙にお洒落に感じてしまうのは私だけでしょうか!?ま、真似してみたところで全然違う雰囲気であることは否めませんが(泣)、心地良さだけは100点満点です。(笑)
[sn] super.natural(スーパーナチュラル)のスウェットハーフパンツとパーカー

なお、今回購入しましたのは、以前もご紹介させて頂いたファミリーセールサイトのGILTさん(※)。昨日はパンツを中心とした某人気ブランド出品されておりましたし、本日も人気ブランドの代理店を務め、東京にフラッグシップショップを構える某セレクトショップのセールが開催されたりと、最近はクラシコイタリアなブランドも多く出品されることから結構な頻度でチェックしていたりします。
※ちなみに私が本日ご紹介したアイテムを購入したのは、大分前です・・・。

もちろん、人気セレクトショップはほとんどと言って良い程出店している同じくファミリーセールサイトであるGLADD (gladd.jp)も併用しながら、チェックしておりますよ。

ファミリセールサイトはそのほとんどがキャリー品だと思われますが、それでも通常のファイナルセールと同等、もしくはそれ以上の割引率で販売されることも多い嬉しい存在。定期的にチェックしていると欲しかったあのアイテムが出品されるかもしれませんし、子供の服や雑貨など、お得にライフスタイルを充実させることが出来ますので気になる方は是非チェックされてみてください!







LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム:PARTENOPE(J124)を購入!

こんにちは!
本日は、先日開催されておりました楽天スーパーセールにおきまして、私が唯一購入致しましたクラシコイタリアなアイテムをご紹介させて頂ければと思います。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_①

それでは、まいりましょう。

■求む!ブラックデニム
さて、この度購入しましたは、ブラックデニム!もともとブラックカラーのアイテムと言いますのは個人的にはほとんど所有しておりません。もちろんブラックデニムともなれば尚更で、大学生の頃に購入したリーバイスのブラックデニムが実家に眠っているのみ。

先日帰省した際に穿いてみたのですが、ちょっと太いかなぁと言う印象がありましたので、持ち帰らずにそのまま自宅にて保管すること致しました。

なぜ今更ブラックデニム!?と言うことなのですが、年初に購入したマルジェラのライダースに合わせたりするのに1本欲しいなと。とは言え、ロックな感じでピタピタなスキニーフィットを穿きこなす自信はございませんし、そう言うイメージではありません。

またカジュアルを意識して、ややワイドなシルエットが良いか!?と言われるそうでもない。30代の大人が”普通に”穿くことのできる、何の変哲もない普通の1本を求めていた際に見つけたのが、この度購入致しましたボレッリのブラックデニムだったわけです。しかも洗いがかかっておりますので、こなれ感もあってちょうど良いかなと。

ルイジボレッリはネクタイから入り、ジャケットやシャツを購入、所有しておりますが、どのアイテムも一定のレベル以上でまとまっている、安定感のあるメーカーのように感じております。

もちろんその全てを自社で生産すると言うよりは、現在はプロデューサー的な立場で物作りにかかわっていると言う方がより現実に即しているのだと想像致しますが、それでもその工程の管理をしっかりしないと、アイテムのレベルはあっという間に落ちてしまうように思います。

ただその点、ルイジボレッリと言えば日本のみならずインターナショナルに展開しているブランドでもありますし、個人的に購入したアイテムを自ら使ってみた感想としては、クオリティコントロールをしっかりやっていると言うのが私が持っているイメージです。

と言うことで、今回も自身初のボレッリのパンツとなりましたが、そんな安心感!?を持って購入することが出来ました。それでは、そんなボレッリのブラックデニムの実物をご覧頂こうと思います。

■LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニムをご紹介
実際に届いたパンツを開封し、見た瞬間に大丈夫そうだ(何が!?笑)と思えてしまうような、佇まいがありました。正直カジュアルアイテムはドレスほど細かく気にしていないと言うこともありますが、穿く前から”買って良かった”と言う予感がしたアイテムでもありました。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_②

商品説明には、「ヤコブコーエンを強く意識して作り込まれている」と言う、スタッフの方の推測が書かれておりましたが、確かにヤコブの持っているオトナなテーラードデニムを思わせる雰囲気です。こちらはPARTENOPE(パルテノペ)と言うモデルなんだそうですが、身頃ポケットがスラックス同様の「スラントポケット」になっているのが特徴だと。ジャケットにも合わせやすいですね。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_③

コインポケットには、前から見ると半分くらい顔を出す形でボレッリの紋章ロゴが刺繍されております。正直個人的にはロゴなどはなくても良いのですが、がっつり表に見えてくるよりは、これくらい控え目であった方がオトナも穿きやすいかなと思います。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_④

フロントの釦にはブランドネームが入り、ヘアライン処理がされているためか高級感がありますね。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_⑤

バックポケットはやや高めの位置についており、革パッチの仕様になっておりました。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_⑥

革パッチはもちっとした触り心地で、使い込んでいくと良い味が出そうな雰囲気です。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_⑦

生地は、コットン×ポリエステル×ポリウレタンの三者混。本当は膝抜けするのが嫌なので、コットン100%の方が良かったのですが、ある程度シルエットが細くなってくると、今は穿き心地を考慮してどのメーカーもストレッチ混なんですよね。ただ、『しっかりとした打ち込みで目詰まりがよく、ストレッチデニムなのに膝抜けしにくい』との記述に加えて、セール価格だったので購入してみた次第です。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_⑧

裾にはチェーンステッチが施されており、使い込むにしたがって良い感じで色落ちがしそうですね。現在丈の処理を行って頂いている関係で手元にはないのですが、チェーンステッチを維持したダメージ残しで処理をお願いしています。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_⑨

内部の写真を取り忘れてしまいましたが、表側のステッチはもちろんですが、内側の処理もインコテックスのように綺麗に処理されており、見えないところも抜かりなく造りこまれている感じが好印象。

実際に穿いてみますと、シルエットはピタピタすぎず、程良い余裕がある感じが事前のイメージにぴったりでした。加えて、股上がやや深目でヒップを包み込むような穿き心地が今の気分にフィットしていますし、感覚的には私が持っている中ではトラマロッサに近い感じでした。トラマロッサのチノパンは私のお気に入りのカジュアルパンツですので、買って正解だったと確信しています。

なお、正確にはデニムではなくカツラギにあたるそうですが、両者の違いは色の太さや染め方だけだそうで、風合いとしてはデニムとほとんど変わらないとのことですので、本生地内でも「デニム」として表記致しました。

お直しが上がりましたが、オフを中心にガンガン使ってみたいと思います♪






大きいサイズのみですが、気になる方がいらっしゃれば是非。



よりカジュアル感の強いCARACCIOLO(カラッチョロ)。迷った末に、PARTENOPE(パルテノペ)にしました。