<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

「オーダースーツは買わないほうが良い、というお話。」を考える

こんにちは!
本日は、TOKYOlifeの中におけるクラシコイタリアなアイテムを扱うチャネルであるジェディアさんから少し前に発信された「オーダースーツは買わないほうが良い、というお話。」と言うコラムを取り上げて、考えてみたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■オーダースーツは買わないほうが良い、というお話
さて、思わず気になるタイトルであったためにクリックしてしまったジェディアさんのメルマガ。そのタイトルは、「オーダースーツは買わないほうが良い、というお話」と言う、ちょっとショッキング!?なモノでした。

簡単に内容をまとめますと、

「日本人の体型は不格好だから、オーダースーツ(ビスポーク)よりも吊るし(既成)を着る方がカッコいい」

と言うお話。とは言え、私のまとめ方が稚拙であるが故に誤解が生じてもいけませんので、ジェディアさんのコラムを転載する形で、下記に一部を抜粋してみたいと思います。

『  どなただったかは忘れましたが、ある洒落者のエッセイストがおっしゃっていた事が、ずっと頭に残っています。

「僕はスーツはオーダーしない。スーツはオーダーすべき、と言われることが多いが、日本人の不格好な体型にあわせてスーツを作ったら、スーツまで不格好になるだろ。」

これは言い得て妙だな、と納得したのでした。

確かに体型に合っている=見た目が格好良いスーツ、とはなりえません。ましてやスーツ作りの素人である僕らがお店に行って指定したバランスが最適になるべくもなく、殆どがそこの職人さんの好みにあわせて作られることになるでしょう。

それ以来、僕はオーダースーツというものに一気に興味が無くなり、既成スーツで気に入ったものを自分なりに直していく、という方向に変わりました。元々が格好良いものをカスタマイズするレベルであれば、そこまでおかしなことになりませんし、センスあるブランドの仕立てであれば、スーツのトレンドや素材の良さは保障されています。   』
※ジェディアさんのコラムより一部抜粋

ちなみに、語られている内容から推測するに、ジェディアさんが言うところの「オーダースーツ」とは、恐らく「パターン・オーダー」ではなく、「ビスポーク」を指しているものと思われます。

実際こう言ったご意見、つまり、「吊るしは計算されたデザインバランスがあるため美しく、オーダーの場合はバランスがその人の体型に依存するので、必ずしも美しいとは限らない。」と言うお考えをお持ちの方は一定数いらっしゃいますよね。また、スーツやジャケットだけではなく、生地が薄く、より体のラインが出やすいシャツにおいても同様の事が指摘される場合もございます。

まず前提となる日本人の体型についてですが、これは比較論として欧米人に比べると日本人の体型は不格好である、と言うご主張だと認識しております。一般論として小顔で胸板が厚く、足が長い欧米人に対して、顔が大きく、胸板が薄い。更に脚も短い日本人と言うご意見はその通りかもしれないな、と私も思います。実際、私、rm55がまさにど・ストライクの日本人体型ですし。(笑)

ただ、最近の若い方は小顔で背が高く、脚が長い方も多いので、実際の所は不明です。あくまで一般的なイメージ論としてのお話ですね。

その前提を踏まえた上で、では不格好な体型の人がつくるオーダースーツは不格好で、吊るしを直したスーツはオーダーに比べてカッコ良いのか!?と言うのが議論の焦点になる気が致します。

■誰が、判断をするのか!?
ただ、何をもってカッコ良い、不格好とするのか、を判断するのがまず難しいですし、袖丈の修正位ならまだしも、身幅やウエストを絞ったり、着丈を出したり、詰めたりする”カスタマイズ”を吊るしに施した場合、本当にバランスは崩れないのか!?と言う疑問があるなど、比較検討の切り口が沢山あって困りますよね。

そこで、個人的にこの問題と対峙した際には考えたいのは、どちらがどうだと言う切り口の話ではなく、”誰が”「カッコ良いのか、不格好なのか」を”判断する”のかと言う点です。

比較の切り口は沢山あれど、それらを踏まえた上で、結局最後には”判断を下す”と言う作業があるわけですので、その点に絞って考えてみたいと思います。

そうすると、結論から言ってしまいますが、最後に判断するのは”自分”でありますから、結局は自分の好みの問題、美意識の問題、スタイル(思想・哲学)の問題となるのかな、と言うのが、個人的に現時点に思っていることです。まったく面白味に欠けるうえ、若干問いに対してストレートに答えていない気も致しますが・・・。(笑)

例えば、そもそも絶対的な審美眼とセンスを持ちあわせた上で、1人の人間に対して吊るしの方が良いのか、オーダーの方が良いのかを判断し、伝えることが出来る人自体が稀有な存在だと思われますし、両者を見比べた上で評価を下す機会が現実生活の中で存在しているとはなかなか思えません。

また、相談する方によって判断が変わる場合もありますよね。

例えば、吊るしをメインに扱うShopの方に相談すれば、吊るしの方が良いですよ、と言うことになりますし、仕立てを行っているテーラーに相談すれば、ビスポークの方が良いですよ、と言う話になることは想像に難くありません。更に、吊るしとビスポークの両者を扱うShopであれば、その両者の良いところをそれぞれ教えてくれることでしょう。

つまり、色々なアドバイスを下さる方はいらっしゃるにしても、最後に判断をするのは、自分自身であるわけです。

メーカーの持っている美意識によって理想的なバランスで表現された服を着ることに美意識を感じるのか、それとも体に綺麗にフィットし、余計なところにシワの寄らない服を着ることに美意識を感じるのか。

どちらの美意識も正解であり、間違えではないように思います。以前、「ス・ミズーラか、吊るしか!?」と言う記事で似たようなテーマを扱ったことがございましたが、どちらか一方が優れていると言うよりは、吊るしには吊るしの、ス・ミズーラ(ビスポークの意で使用)にはス・ミズーラの魅力があるのでは!?と言うことを記載しておりました。

なお、吊るしにつきましては人並み程度の経験はさせて頂いたつもりですが、ビスポークはまだ仕立て上がっておりませんので、正直日本人体型の私が吊るし、ビスポークを着たうえで、どちらがカッコいい(まだ、ましか。笑。)と思うのか、につきましては回答することが出来ません。

ただ、私は自分がカッコいい!と思ったもの以外にお金を払う余裕がございません。よって、仮に吊るしの方がカッコいいよ!と言われても、自分がビスポークの方がカッコ良いと思えばお金を払って購入し、着ることもあると思いますし、その逆もまたしかりです。

もちろんスーツは仕事で使われる方がほとんどだと思いますので、周囲に不快な思いをさせるようなものは避けるべきだと思うのですが、正直吊るしかビスポークかどうかで、そこの判断が変わることはないと思っていたりします。

そんなことを考えますと、考えるべきは吊るしとビスポーク、どちらがカッコ良いのかどうかと言うよりは、自分がどうありたいのか、どう言うスタイルに美を感じるのか、と言ったことなのかもしれませんね。

今回このようなテーマで考える機会を頂きましたジェディアさんには感謝です。個人的には、唯一絶対の答えを探すと言うよりも、自分なりに考えてみて、ひとまず結論を出してみる、と言う事が大切なように感じておりますょ。

さて、皆さんはどのようにお考えになられますか!?








Post comment

管理者にだけ表示を許可する