<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

FEDELI (フェデーリ)のウール×シルク ハイゲージ・クルーネックニットを購入!

こんにちは!
本日は、夏頃に購入していたアイテムですが、今更ながらご紹介したいと思います。

それでは、まいりましょう。

■FEDELI (フェデーリ)の本命であるニットをようやく購入!
本日ご紹介致しますのは、FEDELI (フェデーリ)のウール×シルク ハイゲージのクルーネックニットです。フェデーリは1934年に北イタリアのMonza(モンツァ)に誕生したラグジュアリーなニットブランドとして有名ですが、今年の春にスポーツ・ボストンバックを購入し、ご紹介しておりました。
FEDELI(フェデーリ)のナイロン製 スポーツ(スイム)ボストンバック⑥
※購入記事「FEDELI(フェデーリ)のナイロン製 スポーツ(スイム)ボストンバックを購入!

その後、夏頃にはスプリング・ジップアップブルゾンを購入していたわけですが、本命の!?ニットは後回しになっておりました。。
FEDELI(フェデーリ)のスプリング・ジップアップブルゾン②

が、スプリングブルゾンを購入した直後に、ようやく本命であるニットを購入することができました。薄手なので秋口、春先がメインとなりそうですが、色の出かたや風合いがとても良いので、オン・オフ限らずに活躍してくれそうです。

フェデーリは創業から80年以上が経過している、ヨーロッパでも名高い老舗の名門ニット・メーカーです。特徴としましては、厳選された素材使い。以前も「最高級素材、ビキューナを知っていますかっ!?」と言う記事でテーマとして取上げ、「神の繊維」の異名を持つ「ビキューナ」や 「ミリオネア(億万長者)」と名付けられた極上のカシミア、そしてエジプト綿の女王と呼ばれる「GIZA45」と言った希少価値が高く、極上の素材を贅沢に使用したアイテムを送りだしております。
fedeli_From sharon's HP
※SharonさんのHPより拝借しました。

シンプルでベーシックなスタイルのアイテムがとても多いのですが、素材使い、色使いが非常にエレガントで、上質さが半端ないブランドです。日本ではSharonさんが最もその取扱量が多いようで、先日も新商品が入荷し、オンラインShopに並んでおりましたが、高額にも関わらず、早々に動いている模様・・・。
※SharonさんのオンラインShopは、コチラ

ちなみにSharonさんではイタリアのフェデーリと直接取引をされている上、コストを圧縮する企業努力をされていらっしゃいますので、同じアイテムであったとしても他店で扱うよりも現地イタリアにより近い価格で購入することが出来ます。

そんなニットの名門メーカーの扱うニットにチャレンジすべく、ようやく本命のアイテムに辿りつきました。それでは、実物をご紹介したいと思います。

■フェデーリのウール×シルク クルーネックニットの実物をご紹介
さて、フェデーリのニットアイテムは自身初と言うことで、購入しましたのは使いやすいネイビーカラーのクルーネックニットです。ご覧の通り、ベーシックなスタイルですし、イタリアのニットブランドながら、日本人の私にもしっかりフィットするサイジング。ちなみに今回購入しましたのは、サイズ「44」です。
FEDELI (フェデーリ)のウール×シルク クルーネックニット①
※172cm 59kg

ニットの場合、このリブの表情が全体の雰囲気に大きく影響するような気がしているのですが、大きく主張しすぎることのない、上品なつくりであることがお分かり頂けるかと思います。
FEDELI (フェデーリ)のウール×シルク クルーネックニット②

私が昨年購入し、おかわり購入を繰り返しておりましたクルチアーニも同じようなリブの表情を持っておりますが、フェデーリの方が若干柔らかい表情の気が致します。
FEDELI (フェデーリ)のウール×シルク クルーネックニット③

シルク混と言うことで、ほど良い艶感を放っておりますね。ニットはまだまだ勉強が足りませんが、素材感はもちろん、ぱっと見の色の出かたがそれぞれのブランドによって特徴的があるように思います。そういう意味では、カラーリングと言うものに注目してニットブランドを見てみるのも面白いかもしれません。
FEDELI (フェデーリ)のウール×シルク クルーネックニット④

ちなみにSharonさんに入荷していたmillionaire(ミリオネア)と名付けられたsuper cashmereの肌触りは凄かったですよ。極上のカシミア繊維でも平均の太さは15ミクロンだそうですが、ミリオネアはそれを上回る14ミクロン。フワッ、そしてトロッとした極上の触り心地は、1度体験すると病みつきになりそうです・・・。是非機会があればチャレンジしたいと思いますっ!
FEDELI (フェデーリ)のウール×シルク クルーネックニット⑤

と言うことで、フェデーリのウール×シルク素材のハイゲージ・クルーネックニットのご紹介でした。最後になりましたが、こちらは状態がとても良かったセカンドハンド。プロパーですと極上のニットアイテムとは言えパンチが効いておりますので、ちょっとした覚悟が必要そうです。(笑)








Comment

ハシモト says... "いつも愛読しています。FEDELI良いですねぇ。"
カシミアが楽しい季節になりつつありますね。

カシミア100%ももちろん大好物ですが、
光沢感の出るシルクとの混紡もしっとりとしているので好きです。

お手入れなどはどうされていますか?

2016.10.20 14:42 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: いつも愛読しています。FEDELI良いですねぇ。"
>ハシモトさん
こんにちは!コメントありがとうございます^^
稚拙なブログながら、いつもご愛読頂いているとのこと、ありがとうございます!

先週末にカシミアジャケットを着ようと思ったのですが、さすがにまだちょっと暑くてやめました。(笑)ただ、今月末くらいからは解禁かなぁと思っており、冬の素材が本格的に楽しめるこれからの季節は本当に楽しみですね!

さて、カシミアのアイテムはそれほど所有しておりませんのでご参考になるか分かりませんが、使い終わったあとは毛並みの方向にそってカシミア用ブラシでよくブラッシング、その後1日以上陰干してからワードローブにしまいます。

ちなみに汗をかいたりしたら、カシミアだけに限りませんが、空気清浄機の上で干したりもします。(笑)クリーニングには出したことはありません。シミや汚れなど、余程の事があれば考えますが、クリーニングに出してしまうとカシミアの油分がとれてしまい、風合いがかなりの確率で変わってしまうと聞いたもので・・・。

そういう意味では、利用は週1程度にしてローテーションさせるのが長く使うコツなのかもしれませんね。
2016.10.20 22:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する