<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編

こんにちは!
本日は、「su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編」と言うことで、今年の頭に直井茂明氏にお願いをしたsu mizura(ス・ミズーラ)のスーツの仮縫いを先日行って頂きましたので、その時の様子をご紹介したいと思います。
・「sumizura(ス・ミズーラ)への道のり:採寸編
・「sumizura(ス・ミズーラ)への道のり:生地編 ESCORIAL(エスコリアル) 王家の羊

それでは、まいりましょう。

■まるでパンツを履いていないかのような感覚!?
仮縫いですが、まずはパンツから行います。試着室でパンツに足入れをした瞬間、そのクリーミーなタッチのエスコリアル・ウールの心地良さに驚いたわけですが、本当の驚きはこの後に待っておりました。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編①

今回はワンプリーツ(アウトプリーツ)で仕立てて頂いておりますが、このシルエットがまず自分でもびっくりするほど美しいのです。。私はご存知の通り、足が長いわけではないのですが、これが自分の足かと疑ってしまうくらい、美しいラインを描き出します。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編②

しかも、歩いてみますと、まるでパンツを履いていないかのような感覚に襲われました。ウエストとヒップがピタっとフィットしているからか、余計な負担が体にかからず、負荷を感じないのには正直かなり驚きました。仮縫いの状態でここまでの精度で上がってくること自体が驚きですが、この感覚は今までにない心地良さでした。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編③

なお、仮縫いの状態にしてはかなりフィット感がが高かったのですが、直井氏とご相談の上、少しワタリを削ることにしましたよ。この修正によって、更に穿いた際のシルエットが美しくなるのではないかと期待しております。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編④

ちなみに、私のモデルではパンツのパターンをこれまでとは少し変えていらっしゃるとのことでした。もしかしたら、このあたりが美しいシルエットや、まるでパンツを履いていないかのような感覚を生み出す要因に繋がっているのかもしれませんね。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編⑤

「裸の王様」ならぬ、「裸のおじさん」状態かと一瞬思ってしまうほどの心地良さでしたが、「安心してください。ちゃんと穿いてましたよ!(笑)」と言うことで、正直パンツを試着しただけでも感動してしまったわけですが、まだまだ驚きは続きます。

■体にフィットするということ
さて、続いてはジャケットです。この日は珍しく週末にもかかわらず自由時間がとれまして、日曜日に訪問致しました。よって、袖丈を直していないカジュアルなシャツで行ったのですが、仮縫いであっても袖丈をお直ししているドレスシャツの方が、よりイメージが出来るので良いですね。この点は個人的な反省点でした。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編⑥

が、ジャケットの感じは十分着用イメージが出来る状態まで出来上がっておりました。もちろんボタンなどは付いておりませんので、マチ針でフロントをとめて、細かいフィッティングを見て行きます。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編⑧

私は採寸をした年初と今では、夏に向けて頑張って筋トレをした分(笑)、上半身を中心に体型が若干変化しておりました。よって、このあたりが微妙にフィッティングに影響しております。その結果、背幅を少し出しつつ、ウエストは絞るなど、かなり細かい修正を行って頂きました。仮縫いだから全然良いですよ!と直井氏は仰ってくださいましたが、体型変化には気をつけたい所ですね。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編⑦

また、ジャケットを着たまま袖の仮縫いを解き、アームホールのフィッティングなども確認します。現状はかなりぴったりしたジャスト・フィッティングだったのですが、今回は秋冬モノの生地であり、ニットなどを着ることも考慮して、少しだけ大きくしてもらうことに致しましたよ。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編⑨

他にも実際に私が着てみた感じのバランスを見て、ラペル幅を5mm程削って頂いたり、フロントカットの開きをもう少し小さくするなど、体型にあわせて個々のバランスが最適化するような細かい修正を施して頂きました。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編⑩

しかし、2次元であった生地が、自分の体にフィットする3次元の世界になって目の前に現れると、それはそれでかなり驚きますね。もちろん初めての経験、と言うこともあるだとは思いますが、人間の複雑な曲面に対して生地を沿わせて行くと言うのは、数あるモノづくりの中でもかなり高度な技が求められる分野ではないか、と思ったり致します。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編⑪

しかも人によって、身長や体重はもちろんのこと、体の作りも全く異なってきますので、なおのこと1人1人の体型に合わせた服を仕立てて行くと言うことの凄さに衝撃を受けざるを得ませんでした。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編⑫

正直まだ仮縫いの状態ですが、肩や背中、胸やウエスト、ヒップなど、自分の体型に本当に服がフィットする、と言うことは、こう言うことなんだ、と言う感覚を30数年生きてきて、初めて知った気がします。
su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編⑬

これまでも、手縫いのパターン・オーダーであるサルトリア・シャロンことセ・ミズーラをはじめ、世界でも有数のサルトが手掛けた手縫いの吊るし(既成品)アイテムを身につけてまいりましたが、当たり前と言われればその通りなのかもしれませんが、自分の体型に合わせたス・ミズーラ(ビスポーク)のスーツは、他のどれよりもフィット感が圧倒的に優れています。

吊るしであれば、肩幅が合えばそれなりに良いフィット感は得られると思うのですが、アームホールをギリギリまで攻めることができたり、背中やウエストなどをアイロンワークで曲げて体に沿わせると言ったレベルまでになりますと、吊るしはもちろろんのこと、パターン・オーダーとは言え限界がありますよね。

その人の体型にフィットする仕立てをしながら、運動量を確保する遊びを持たせつつ、体型をカッコ良く魅せるための空間をどのように作っていくのか、このあたりが職人として技の見せどころであり、また美意識(アート)の世界なのかもしれません。

ちなみに最近、直井茂明氏はインスタグラムにて「sartorianaoi」の名前でアカウントを開設されたのですが、少し前に仕立てている最中のエスコリア・ウールのスーツの画像がポストされておりました。もしかしたら私のかな!?と思って仮縫い当日に伺ってみたのですが、やっぱり私のものだったようで、とても嬉しく思った次第です。

次回は、中縫い。今回の仮縫いでの修正点を踏まえてどのような感じで仕立て上がってくるのかが、とても楽しみです。また、その際には中縫い編としてお届けできればと思います!








Post comment

管理者にだけ表示を許可する