<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

ARIANNA(アリアンナ)のカシミア マフラーを購入!

こんにちは!
本日も着々と進んでいる冬への備え的なアイテムをご紹介したいと思います。

購入しましたのは、ARIANNA(アリアンナ)のカシミア マフラーです。アリアンナはこれまでもシルクやコットン、カシミア×シルクのストールなどを購入してきた、お気に入りのネックウェアのメーカーです。
ARIANNA(アリアンナ)のカシミア×シルク ストール⑨
※「ARIANNA(アリアンナ)のカシミア×シルク ストールを購入!」にてご紹介したストール

今回は本格的な冬に備えて!?カシミアのマフラーを購入しましたので、早速実物をご覧頂こうと思います!

■ARIANNA(アリアンナ)のカシミア マフラーをご紹介
さて、この度購入しましたのは、こんなオフホワイトのカシミアマフラーです。当初はちょっとフェミニンな感じ過ぎるかな!?と言う想いもあったのですが、サラッとgoogle先生で画像検索をしたところ、スーツ姿にカッコよくホワイト/オフホワイトのマフラーをしている外国人のSNAPを見つけ、モノは試しと購入してみることに致しました。
ARIANNA(アリアンナ)のカシミア マフラー①

リネンやコットン、カシミア×シルクなどの素材をこれまで購入してきましたが、カシミア100%は初めてです。ただ、どれも旧式の折り機でゆっくりと織りあげているだけあって、優しい空気を含んだような風合いはどの素材であっても共通する魅力の一つだと思います。
ARIANNA(アリアンナ)のカシミア マフラー②

フワっフワで、トロトロな触り心地。もともとカシミア×シルクのポケットスクエア(※)をSharonさんで初めて購入し、とても気に入ったメーカーだったのですが、これを首に巻いたりしたらさぞかし心地良いだろうなぁ~と言う妄想がこの度現実になりました。思わず頬ずりしたくなるような心地良さです。
ARIANNA(アリアンナ)のカシミア マフラー③
※購入記事:「念願の!?ARIANNA(アリアンナ) カシミア×シルク チーフをゲット!

全長は約190cmと十分な長さがありますが、フリンジは約3.5cmと短めです。
ARIANNA(アリアンナ)のカシミア マフラー④

実際「悩めるトルソー君」にかけてみますと、こんな感じです。今回はアルフォンソ・シリカのキャメルカラーのカシミア・ジャケットにかけてみましたが、エレガントな雰囲気が漂ってきて良い感じ。思ったほどフェミニン色が強くないので安心しました。
ARIANNA(アリアンナ)のカシミア マフラー⑥

画像のようにキャメルに合わせても上品にまとまりますし、ダークカラーが多くなるこれからの季節には、全体の印象を明るくする効果も期待出来ますので、これからの活躍に好ご期待と言ったとことでしょうか!?
ARIANNA(アリアンナ)のカシミア マフラー⑦

ちなみに適度な長さに加えて生地に厚みもありますので、首元にボリュームも持たせたり、巻き方のアレンジでもストールとは違う表情を作ることが出来、別の楽しみ方も出来そうですね。
ARIANNA(アリアンナ)のカシミア マフラー⑧

■ニット・アイテムは素材を楽しむ!?
この2016年AWのニットアイテムは、あえて素材を楽しむ!?と言うことを念頭にセレクトしております。

ニットアイテムと言いますのはご存知の通り、編み物ですね。よって、伸縮性がありますので基本的には着心地が悪い!と言うのは余程サイズがあっていないか、パターン等がおかしくない限りは起こりえないことだと思います。

よって、着心地と言うよりは肌触りや風合い、発色なんかに重きを置いて選ぶのが良いのかなと。

そのような中で、今年は後半戦の買い物計画の記事である「2016年AWの買い物計画を、考える:後編」でもサラッと触れております通り、ニットのアイテムは”素材にこだわって”購入して行きたいと思っております。

良質なニットと言いますのは、扱い(保管・メンテナンス)も若干厄介ですが、その反面、肌に触れた瞬間に得られる幸せな気分と言うのもまた極上な気が致します。

カシミアをはじめ、良質だと言われている素材であっても、そのクオリティはピンキリだと言いますね。個人的には特にカシミアと言う素材にこだわっているわけではないのですが、色々なメーカーのカシミアを経験することで、少しずつ自分の好みのカシミアの触り心地や風合いを見つけたり、クオリティを見抜けるような審美眼を身につけていけたらと考えていたりします。

ちなみにカシミアと言うのは、素材の出荷量の4倍ほどの製品が世の中に流通していると、何かで読んだことがあります。つまり、それだけ偽物が出回っている、と言うことだと思いますので、信頼できるメーカーを見つけることも、またカシミアを楽しむ上では大切なことなのかもしれませんね。

皆さまも是非今年の冬は、カシミアをはじめ、思わず頬ずりしたくなるような、触るだけで幸せな気分を感じられるような素材のニットアイテムを楽しんでみてはいかがでしょうか!?きっと、いつも以上に暖かく冬が越せるのではないかと思いますっ。






アリアンナのカシミアソリッドのストールも気になります・・・。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する