<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

秋冬は、グレンチェックが着たくなる!?:Sartorio(サルトリオ)のウール×シルク×カシミア 3Bシングルジャケット

こんにちは!
本日は、先日「Sartorio(サルトリオ)のウール×シルク×カシミア 3Bシングルジャケットを購入!」と言う記事で購入をご紹介致しました、サルトリオの3者混ジャケットの着用イメージをお届けしたいと思います。

それでは、早速まいりましょう。

■ サルトリオのウール×シルク×カシミア 3Bシングルジャケットを着てみたっ!
まずは、全体像からご紹介致します。172cm 59kgの私が着用しているのは、サイズ「44」。ドロップは「8」と言うことで、結構ウエストが絞られたシルエットになっておりますね。このあたりは、クラシックなディティールをもちながらも、モダンな雰囲気を醸し出す1つの要因かもしれません。
Sartorio(サルトリオ)のウール×シルク×カシミア 3Bシングルジャケット⑦

ラペルのロールは柔らかく、綺麗に返ります。また、吊るし(既成品)の中では比較的ワイドなラペルを持っており、そこから美しくロールする表情には色気さえ感じさせます。
Sartorio(サルトリオ)のウール×シルク×カシミア 3Bシングルジャケット⑥

昔はボタンを締めると「Xジワ」がよるほどのタイトシルエットが好きだった私も、現在は体とジャケットの間に軽く拳1つが入る位と言う、スタンダードなサイジングを好んでおりますょ。
Sartorio(サルトリオ)のウール×シルク×カシミア 3Bシングルジャケット⑤

せっかくですのでカジュアルのみならず、タイドアップなスタイルも少しだけご紹介致します。こちらは、先日直行で時間のあった朝に撮影したものです。ブラウン系のVゾーンだったので合うかなと思い、パシャリと撮影してみました。
Sartorio(サルトリオ)のウール×シルク×カシミア 3Bシングルジャケット①

袖に雨は降っておりませんが、当然イセ込んでありますので、肩、腕周りの運動量も必要十分。それでいて、ナポリ仕立てであることを強く主張はしませんので、ジャケパンがOKな職場であれば、大抵問題なく着ることができそうです。
Sartorio(サルトリオ)のウール×シルク×カシミア 3Bシングルジャケット②

大判のチェックですが、ブラウンのカラートーンが抑えられておりますので、ご覧の通りシックに着こなせるのも魅力です。それでいてシルクやカシミアがブレンドされていることからほど良い光沢感があり、全体が暗くなり過ぎることがありません。
Sartorio(サルトリオ)のウール×シルク×カシミア 3Bシングルジャケット③

色合いだけで撮影してみましたが、グレンチェック柄のジャケットにストライプなシャツを合わせても無難にまとまりますね。もう少しガチャガチャ感が出るかなと思いましたが、ジレでストライプの面積を削ったのも功を奏したのかもしれません。正直このままのスタイルで出勤しても良いかなと思っています。(笑)
Sartorio(サルトリオ)のウール×シルク×カシミア 3Bシングルジャケット④

■秋冬は、グレンチェックが着たくなる!?
さて、いかがだったでしょうか!?ソリートやシャマットなんかに比べてしまいますと、どうしても体に寄りそってくるフィット感、と言うのは弱くなってしまいますが、それでも十分ナポリ仕立てを楽しめるクオリティを誇っているのが、サルトリオだと思います。

実はサルトリオのグレンチェックは2着目でして、数年前にも秋冬のジャケットとしてグレンチェックを購入しておりました。そちらはやや明るめのブラウンのグレンチェックに、ボルドーのペーンが入っております。
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ⑤

私だけかもしれませんが、秋冬は春夏に比べますとチェック柄、とりわけグレンチェックを着たくなる気分が、より高まる気が致します。

もともと、スコットランドのアーカートという地域の谷間(グレン)で織られていたことから、「グレン+アーカート」で「グレナカート・チェック」略して、「グレン・チェック」という名称になったとも言われているとは、以前も記載致しましたグレンチェックの起源に迫るお話です。

そんな1年を通して涼しい地方であるスコットランドで織られていたチェック柄であると言うことも、もしかしたらグレンチェックが私に秋冬をイメージさせる所以でもあるのかもしれません。

そんな小話はございますが、やっぱり程良く起毛したグレンチェックと言いますのでは、何とも言えないウォーム感を醸し出しますし、この寒くなる季節にはぴったりのチェックだと思っております。

更に言えば、個人的には英国的なカチっとしたグレンチェックよりも、イタリア的な柔らかさを持ったグレンチェックの方が好みです。

グレンチェックはドレッシー度で言えば、かなりカジュアルな部類です。ただ、かのウィンザー公も愛した柄と言うことで、トラディショナルな英国柄であることは間違いございません。そんな正統なクラシックな柄を軽快感を持って、柔らかく着るのであれば、やっぱりイタリア的なグレンチェックの方が自分のスタイルには合うのかなと思っている次第です。

もちろん英国的なグレンチェックを英国的にカチっと仕立てると、それはまた異なるカッコ良さがありますので、そのあたりはお好みのスタイルによってセレクトされれば良いのだと思いますょ。

グレンチェックは紅葉にもばっちり合うと思いますし、マフラーやストールと言った巻き物も合う気が致します。今回購入しましたグレンチェックのジャケットもオン・オフ問わずに使える柄ですので、これからの季節とともに楽しみながら着て行きたいと思います。






グレージュっぽいベージュをベースに、ライトブラウンとアイボリーのダブルペーンが入るウール100%のジャケット。シルクやカシミアは入っておりませんが、上品ですし10万円代前半でこのクオリティが購入出来るとなれば、かなりアリですね。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する