<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

アルスターコートをsumizura(ス・ミズーラ)!:直井茂明氏 From Sharon

こんにちは!
本日は、ちょっとした隠しネタ!?をご紹介したいと思います。

現在、エスコリアル・ウールの生地を使って直井茂明氏(インスタグラム:sartorianaoi)にスーツを仕立てて頂いていることは、「su mizura(ス・ミズーラ)への道のり」と言うシリーズ記事で!?本Blogでもご紹介させて頂いております。
・「sumizura(ス・ミズーラ)への道のり:採寸編
・「sumizura(ス・ミズーラ)への道のり:生地編 ESCORIAL(エスコリアル) 王家の羊
・「su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:仮縫い編
・「su mizura(ス・ミズーラ)への道のり:中縫い編

スーツの方は中縫いを終え、現在納品待ちの状態です。一応今月中に納品の予定ですが、ご多忙な直井氏によると若干ずれ込んでしまうかもしれない、と言うお話も伺っております。

まぁ、自分自身へのクリスマスプレゼントになるか、お年玉になるかの違い!?だと思っておりますので、焦らずに楽しみに待ちたいと思っているのですが、実は私、スーツのみならず、コートもス・ミズーラ(ビスポークの意)をさせて頂いておりました!

先日スーツの中縫いと同時に、コートの仮縫いも行っておりましたので、ご紹介差し上げたいと思います。
それでは、まいりましょう。

■生地はLoro piana (ロロピアーナ)のヴィンテージカシミアをセレクト!
さて、コートも基本的にはスーツと同じ工程を経て、ス・ミズーラは進んで行きます。ただ私の場合は、お願いをしたのがスーツとほぼ同時であったために、「採寸」におきましては着丈のみ、確認の意味で採寸し、他はスーツの時に採った数値を使ってコートの仮縫いに入って頂いております。

そして、今回生地としてセレクトしましたのは、サブタイトルにもございますようにLoro piana (ロロピアーナ)のカシミア100%。ヴィンテージ生地と言うことで、同じものを現在手に入れるのは困難です。

実はこちらの生地、劇的な再会!?を果たしての発注だったのです。

まず最初の出会いは2015年暮れ。直井氏のBlogに入荷の情報が上がっており、とても魅力的に感じていたのですが、瞬殺のごとく売却済みに・・・。こう言う出会いは”ご縁”ですから諦めていたのですが、なんと年明けの今年の1月に、再度1着分のみ入荷したとの記事が再度アップされているではありませんかっ。

しかも、ちょうどその際タイミングよく!?、Sharonさんに訪れておりまして現物を確認。こげ茶のヘリンボーンのヴィンテージカシミア100%は、美しく輝く、独特のぬめり感に加えてとても柔らかい表情。極上の心地良さに加えて、目付約500gながら重さを全く感じさせない表情に吸いこまれてしまいました。
Loro piana (ロロピアーナ)のヴィンテージカシミア100%生地①

ヴィンテージの生地は一期一会。一度は結ばれなかったものの、奇跡的に!?出会えたこの”ご縁”を大切に、と言うことで(笑)、しっかりとコートを発注させて頂いていたのでした・・・。
Loro piana (ロロピアーナ)のヴィンテージカシミア100%生地②
※生地の画像は、直井氏のBlogより拝借しております。

■モデルは、アルスターコート!
そんな、極上の生地を使って仕立てて頂くのは、アルスターコート!

ちょうど直井氏のBlogに先日上がっておりましたので、画像を拝借してご紹介したいと思います。ちょっと暗いのですが、こちらはオーナーであるK氏が仕立てたダブルのアルスターコートです。かなりしっかりと打ち込まれたゴールデンベールのカシミヤ生地で、手荷持ちますとそれなりの重量感を感じます。
直井茂明氏_アルスターコート①

それでも羽織ると重量感を感じさせない仕立てに感動し、昨年K氏に試着させて頂いた際に、いつかは同型でオーダーさせて頂こうと密かに決めていたのです。
直井茂明氏_アルスターコート②

ちなみに、アルスターコートとは1860年代に登場したオーバーコートで、アイルランド島にあるアルスター州で着られていた厚手の紡毛織物にその由来を持っていることから、そのように呼ばれるようになったと言われております。その大きな特徴としましては、上衿と下衿の幅がほぼ同じ、または上衿がややワイドなデザインになっていることでしょうか。

カチっとした正統派のチェスターコートに比べますと、少しばかりリラックスした表情を持っており、ドレススタイルはもちろんですが、オフの際にも使える懐の深さが魅力的です。

私はチェスターコートやポロコート、トレンチコートなどの形は既に所有しているのですが、アルスターコートは持っておりません。そんなこともありまして、次にワードローブに向かい入れるとしたら是非アルスターコートを!と思っていた矢先に滅多に出会うことの出来ない!?魅力的な生地と出会ってしまいましたので、仕立てて頂くことにした次第です。

■アルスターコートの仮縫い
そのような背景を持ってス・ミズーラをさせて頂いた、自身初のアルスターコート。

ブラウン系ではスティレ・ラティーノのポロコートも所有しておりますが、スポーティな起源を持ち、色もやや明るめのブラウンですのでスタイルとしてはカジュアルより。その一方、今回セレクトしたロロピアーナの生地はこげ茶かつ、カシミアの上質感が漂いますのでドレッシーにも着こなすことができそうです。
アルスターコートをsumizura(ス・ミズーラ)_①

目付は500gとそれなりにしっかりと打ち込まれておりますが、それを仕立てるのは直井茂明氏。もちろん柔らかい表情を持ったコートを仕立てて頂いております。ご覧のように、袖の表情もフワッとした空気感を感じます。
アルスターコートをsumizura(ス・ミズーラ)_②

今回K氏のアルスターコートから少しいじって頂いたのが、バックのデザインです。シャマットの時と同じ、バックプリーツを入れて頂き、クラシカルな表情にして頂きました。
アルスターコートをsumizura(ス・ミズーラ)_③

着丈は膝あたりに調整頂きました。長めの丈がトレンドですが、私の場合は背が高くありませんので、バランス的には膝上あたりでとめて頂くのがちょうど良いかなと思っております。
アルスターコートをsumizura(ス・ミズーラ)_④

全体的に少しシルエットを絞るような方向でご調整頂きましたが、スーツも同時並行で仕立てて頂いていたからか大きな修正はなく、微修正で中縫いのステップに移行出来ました。
アルスターコートをsumizura(ス・ミズーラ)_⑤

年初の記事におきまして、今年の買い物計画のポイントとして「ス・ミズーラ(ビスポーク)」を挙げておりました。ただ、まさか自身でもスーツとコートをス・ミズーラ頂くことになろうとは全く予想もしておりませんでした。それでも、今回はスーツ、コート共になかなか出会うことの出来ない生地で仕立てて頂いておりますので、これも”ご縁”かなと思っております。
アルスターコートをsumizura(ス・ミズーラ)_⑥

もちろんヴィンテージ生地で仕立てるのが良い!と言うわけではございませんょ。バンチブックから「これはっ!」と言う生地と出会えることも、同じようなワクワク感、ドキドキ感があると思いますので、そんな自分にとって唯一無二の生地との出会いを楽しみに、皆さまもサルトリア(テーラー)の門を叩いてみてはいかがでしょうか!?
アルスターコートをsumizura(ス・ミズーラ)_⑦

さて、コートの納品は来年になってしまいそうですが、大人になって貰えるお年玉の感覚で!?こちらもスーツともに楽しみに待ちたいと思います♪








Comment

Yasuyuki says... ""
素晴らしいカシミア生地で着心地良さそうですね。私も一点物とか言われると、ついつい欲しくなってしまいますし、運命を感じますね。何事も一期一会ですよね。
私は今年、ジョージクレバリーのビスポークシューズを受け取ったのですが、ジャケットやスーツについては、残念ながら運命の出会いがありませんでした。また来年ですかね。
2016.12.13 10:14 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>Yasuyuki さん
こんにちは!コメントありがとうございます^^
もともと茶系は好きな色の1つなんですが、好みのど真ん中の色に加えて、1点ものと言う魔の言葉にやられてしまいました。(笑)でも、ほんと一期一会であることは間違いないですし、はじめてのコートのス・ミズーラですので、スーツともに想いで深い1着となりそうです♪

クレバリーのビスポークシューズ、素敵ですね。英国靴ながら、色気を感じる佇まいが個人的には好きです。と言っても所有はしておりませんが・・・。(汗)

私も靴のビスポークにも興味はありますが、いかんせん勉強不足で無知な部分が多いので、もう少し既成靴で色々と勉強してから階段を上って行きたいと考えておりますよ。また来る日が着ましたら、色々と教えてくださいませ!
2016.12.13 22:29 | URL | #- [edit]
hinaken231 says... ""
ご無沙汰しております。

スーツに続き素晴らしい生地との出会いですね!
エスコリアル・ウールといい、またも素敵な生地との運命的な出会いがあるとは持っていますね(´▽`)
今から納品が待ち遠しいですね!
納品時の記事も楽しみにしております!

コートにつきましては先日のSartoria Sharonのオーダー会で悩みに悩んだ結果、諸事情で見送った経緯があるので羨ましい限りです。
次は是非お願いしたいと考えておりますので、またコートのオーダー会も開催して欲しいところですね!
2016.12.15 10:41 | URL | #4hyoHUfA [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>hinaken231 さん
こんにちは!ご無沙汰しております。
そして、わざわざコメントを頂き、ありがとうございました!

正直全く予定はしていなかったのですが、一期一会の出会いを大切にして!?思いきって仕立てて頂くことに致しました。今季はギリギリ使えるかどうか、と言った納品予定だとは思いますが、それでも長く使えるベーシックなデザインですので、楽しみに待ちたいと思っております^^

hinaken231さんもSartoria Sharonのオーダー会に参加されていらっしゃったのですね!?かなり盛況で、アトリエの方もびっくりするような数の入り方だったと聞いておりますが、コートは断念と言うことはスーツはいかれたのでしょうか!?

どんな生地で、どんなスタイルで仕立てられたのか、気になりますっ^^
お互い、来年は素敵なお年玉がもらえそうですねっ。(笑)
2016.12.15 22:17 | URL | #- [edit]
Daishi93 says... ""
お久しぶりです。
まずはブログ3周年おめでとうございます。

まさかの隠し球、大変驚きました。
実は私も先日上京した際に、sharonの皆さんの口車?に乗せられて
Sartolia sharon のアルスターコートを清水ダイブしてしまいました。

ロロピアーナのヴィンテージほどの生地ではありませんがアリストンの
カシミアでインパーテッドプリーツと、なんだか怖いような偶然の仕様になって
しまいました。

そんなことってあるんですね(汗)。

ビスポークとメイドトゥメジャーでは雰囲気も違ってくると思うので、仕様
被りはご容赦願います。

完成画像もとても楽しみにしています。
2016.12.16 01:06 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>Daishi93さん
こんにちは!ご無沙汰しております。わざわざコメントを頂きまして、どうもありがとうございます!
Sartolia sharon のアルスターコート、良いですね~。正直あれはかなりお買い得だったと思います。もし私も直井さんにコートをお願いしていなかったら、確実にいっていたと思います。(笑)

アリストンのカシミアも相当に良いので、楽しみですね!実は、再度確認をしたところ、私の勘違いだったようで、後ろはバックプリーツで、インパーテッドプリーツではありませんでした。が、ほとんど仕様も一緒だと思いますので、好みが近いのかもしれませんね^^

恐らく納品も同じころか、私の方が若干遅いくらいかもしれませんので、タイミングがあいましたら、是非二人でコートを着てお会いしましょう。(笑)

また納品され次第、記事化したいと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
2016.12.17 21:24 | URL | #- [edit]
サカ says... ""
はじめまして。

素晴らしいカシミアのビスポークコートですね。
自分のテイストに合った仕立て屋で洋服を仕立てる楽しみはビスポークの醍醐味ですよね!

僕自身も数年前からスーツ、ジャケット、コートはビスポークと決めております。
「そろそろカシミアのコートでも・・・。」といつも勧められます。
僕もいつもお世話になっている仕立て屋でカシミアでアルスターコート仕立ててもらいたいです。
2016.12.24 13:46 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>サカさん
はじめまして!コメントありがとうございます^^

サカさんは既にスーツや、ジャケット、コートなどはビスポークで仕立てていらっしゃるのですね!私はこれまでMTMであれば経験こそしておりましたが、ビスポーク(ス・ミズーラ)でスーツ、コートを仕立てて頂いたのは今年が初めてで、しかもまだ納品待ちと言う状態です。(汗)

それでもスーツは中縫い時に大分完成系のイメージが湧いており、今からワクワクしておりますよ♪また、正直まだ自分の個性を反映させると言う所までは至っておらず、職人さんやサルトの持つテイストを堪能している状態ではありますが、これから少しずつ自分なりのスタイルをより確立して行ければと考えております。

これからビスポークにつきましても経験を積み、少しずつ勉強していければと考えておりますので、是非色々教えてくださいませ。今後とも、どうぞ宜しくお願い致します!
2016.12.25 00:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する