<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・小紋柄ネクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)を購入!

こんにちは!
本日は、今年最後の!?ネクタイを追加購入致しましたので、ご紹介したいと思います。

それでは、まいりましょう。

■ネクタイに始まり、ネクタイで終わる
さて、毎期、シーズンの初めと終わりに私が購入するのが、ネクタイと言うアイテムです。これまでも何度も書いておりますが、ネクタイはメンズファッションの中でも着こなしの中心に位置するアイテムであり、これを変えるだけで、例えスーツやシャツが同じであったとしても雰囲気や印象をも大きく変えることの出来る、”凄い”アイテムです。

その上保管するための場所もとらず、スーツやジャケット、シャツなんかに比べますと一般的には安価に購入することが出来ますので、着こなしに変化をつけたり、幅を広げる意味では投資対効率の非常に高いアイテムである、と考えております。

よって、シーズンの最初には大抵ネクタイを揃えつつ、シーズンの後半にも予算との兼ね合いをみながら買い足す、と言うのがここ最近の私の定番的な購買パターン。

このような中で、今年を締めくくるためのネクタイとして選びましたのが、本Blogではお馴染みとなりました!?ジュスト・ビスポークのネクタイです。正直、他にもフランチェスコ・マリーノやE.G.カペッリでも魅力的なネクタイがあり、数本買い足すかどうかを悩んだのですが、今回は大人しくジュスト・ビスポークのみにしておきました。。

ちなみに、ジュスト・ビスポークはこの2016AWシーズン初めにドラッパーズのトップラインの生地を使ったソリッドタイを2本、ペイズリータイを1本程買い足しておりますので、通算では4本目となりますね。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・ソリッドネクタイ 2016年AW⑨

個人的にはネクタイで一番使う柄が、”小紋柄”であったり致しますので、やっぱり今季のジュスト・ビスポークの小紋柄ネクタイもワードローブに向かい入れておきたい、と言うことで選んだがこちらです。

■Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・小紋柄ネクタイをご紹介
今回はネイビーベースの花小紋柄を選びました。やっぱり、どうしてもセレクトする柄に好みが反映されてしまいますので、同じような柄持っているじゃん!?と言う突っ込みを頂きそうですが、”持っていませんよ!”。(汗)
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・小紋柄ネクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)2016aw_①

女性ウケを狙ったわけではございませんが、偶然にも!?こんな可愛い花小紋柄。(笑)こう言う花小紋柄はジャケットを選ばず使い勝手が良い上に、全体の雰囲気を優しくしてくれますので1本あると重宝します。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・小紋柄ネクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)2016aw_②

もちろん今回もドディチ・ピエゲ仕様(12折)かつスフォデラータ(裏地無し)と言うことで、フワッと広がるボリューム感に加えて、スカーフのような軽やかさがございます。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・小紋柄ネクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)2016aw_③

そして、ジュスト・ビスポークの代名詞的な存在でもある!?ブランドカラーのオレンジに、大剣裏のボタン。ボタンには、Sharonさんのエクスクルーシブモデルであることを表す「Per Sharon」の刻印が。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・小紋柄ネクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)2016aw_④

ウール100%ながら、生地の表面は起毛感もさほどなく、クリアな印象がありますので、あまりカジュアル感を強く出さずに使うことが出来そうです。ちなみにこちらは初回入荷時にはなく、追加入荷したモデルですね。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・小紋柄ネクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)2016aw_⑤

実際に「悩めるトルソー君」に使って貰いますと、こんな感じです。このように合わせるかどうかは分かりませんが、ジャケットがあった方がイメージがしやすいと思いましたので、アルフォンソ・シリカのカシミアジャケットに登場してもらいました。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・小紋柄ネクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)2016aw_⑥

一般的にウールタイと言いますと、その多くはノットが大きくなり、同時にディンプルも浅くなりがち。ところが、ジュスト・ビスポークのネクタイはドディチ・ピエゲながらキュッと小さくまとまるノットに加えて、剣先を除いて絶妙な硬さの芯材が入っておりますので、ディンプルの凹凸もしっかりと決まります。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・小紋柄ネクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)2016aw_⑦

1度経験してしまいますと、病みつきになってしまう程の魅力があるのがジュスト・ビスポークのネクタイです。私の中でおけるネクタイ観を大きく変えたネクタイでもありますので、ネクタイ好きの方には是非、お試し頂ければその魅力をご理解頂けるのではないかと思います。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のウール・小紋柄ネクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)2016aw_⑧
※ジュスト・ビスポークが購入出来る、SharonOnlineShopはコチラ

なお、残念ながらジュスト・ビスポークはセールにはなっておりませんが、それでもネクタイがお好きであれば、試す価値は十分あるのかなと思っております。

もちろん今は色々なShopがセールを行っておりますので、ジュスト以外でも、着こなしのバリエーションを増やし、変化を与えてくれるお気に入りのネクタイをセールで購入するのもアリですね。









Post comment

管理者にだけ表示を許可する