<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

LUIGI BORRELLI (ルイジ・ボレッリ)が最大40%Off!

こんにちは!
本日はお休みを頂こうと思っていたのですが、昨日より始まった粋な着こなしさんによる、ルイジ・ボレッリのセールがかなりお買い得でしたので、本日は少しご紹介をさせて頂こうと思います。
ルイジボレッリセール2016AW
※粋な着こなしさんの公式ページより拝借致しました。

それでは、まいりましょう。

■名門ブランドのルイジ・ボレッリが最大40%Off!?
さて、LUIGI BORRELLI (ルイジ・ボレッリ)と言えば、日本のマーケットでは長らくクラシコ・イタリアを代表するブランドの1つとして君臨し続けており、イタリア本国におきましてもシャツを手掛けるカミチェリアからトータルブランドまで成長した老舗ブランドとして知られております。

私も一昨年にジャケット、昨年はドレス、カジュアルシャツともに購入してみましたが、クラシコファンの方に長らく愛されるだけあって、スタイルのカッコ良さはもちろんですが、縫製の美しさや着心地の良さなど、とても高いレベルでまとまっておりました。それが素人である私にも分かる位でしたので、とても良いブランドだと感じていたのです。

ただ、最近ではナポリのメインの通りに位置していたフラッグシップShopが閉店してしまったと複数の方からお聞きしておりましたので、少し心配しておりました。

また、元は物づくりからスタートしたブランドではありましたが、今では諸事情ゆえ、ジャケットやシャツ、ネクタイなどのアイテムは外部の某ファクトリーにて委託生産をすると言う形をとっております。

とは言え、某ファクトリーの技術力はかなり高いレベルにあり、ファクトリーのオリジナル・ブランドも私は実物にてチェックしましたが、納得の出来映え。縫製の美しさや、生み出すスタイルのカッコ良さは機会があれば是非試したいと思っておりました。

私はダウンアイテムやニット等のアイテムを手掛けているのがどこなのかは把握しておりませんが、少なくとも職人による手縫いの必要なアイテムは、技術力の確かなファクトリーで生産されていることは間違いないと思います。

そんなルイジ・ボレッリのアイテムがこの時期に最大40%Off!ともなれば、チェックしないわけにはいきませんよね!?と言うことで、仕事から帰宅してからゆっくりと家でチェックさせて頂きました。

■LUIGI BORRELLI (ルイジ・ボレッリ)のセールアイテム、これが気になる!
個人的に最もおススメしたいのが、なんと言ってもスーツです。高いゴージラインにややワイドなラペル、柔らかいショルダーラインなど、ナポリらしいディティールを備えたボレッリのスーツは、ナポリ仕立てを堪能するには最適!?です。ハンド工程が特段多いわけではありませんが、着心地に影響する個所には手縫いを用いている点も見逃せません。



上記のネイビーのウールソリッドは万能選手ですが、ピンヘッドなど、若干動きのある生地も長く着ることが出来ますし、シーンをあまり選ばないのでおススメです。



チャコールグレーのハウンドトゥース柄のスーツは、実は私もギリギリまで悩んだ1着。胸幅が今の私の好みのシルエットに対しては若干タイトかなと判断で今回は見送りましたが、このクオリティで10万円と言うのは、かなり破格なように感じます。



もちろん!?スポーツコートたるカジュアルなジャケット類もお買い得。ビジネスでも使い勝手の良いホップサックジャケットなんかは7万円代と言うこともあり、ほぼ完売状態。それでも探せば使いやすそうな柄のジャケットが揃います。



個人的には秋冬物はス・ミズーラ(ビスポーク)をメインに考えておりますが、ス・ミズーラですとどうしても長く使うことを念頭にシンプル、ベーシックな生地になりがちですので、吊るし(既成)であればちょっと遊びの効いた生地を選びたいところです。



ブラウンベースにトレンドカラーであるテラコッタのペーンが走るジャケットは、デニムに合わせても良いですし、ホワイトやブラウン系のパンツに合わせても楽しいかもしれません。



そして、スーツやジャケットと同じくらいおススメなのはシャツ。ブランドが生まれるきっかけにもなったシャツは、なんと言っても時の洗礼を受けた!?パターンが秀逸です。ハンド工程はさほど多くはありませんが、要所要所に手縫いを用いており、着心地のレベルはかなり高いように感じております。



ただ、私が良いなぁと思っていたカジュアルシャツは既にマイサイズが完売。更に私が購入を検討していたドレスシャツは今回のセール対象外、と言うことで残念ながら値下げがされておりませんでした・・・。



それでも、シャツのトレンドとしてプッシュされているタブカラーのサックスブルーのオックスフォードシャツなんかはサイズが結構豊富に残っておりましたので、探せば掘り出し物があるかも!?しれません。



ちなみに、私がネクタイにハマるきっかけともなったボレッリのネクタイもかなりお買い得プライスになっております。まだ試したことが無い方は、ボレッリから入ることをおススメ致します。


※「LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のネクタイは、なぜ締めやすいのか?:前半
※「LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のネクタイは、なぜ締めやすいのか?:後半

最近はトレンドを強く意識することが無くなりましたが、ネクタイにトレンドを意識した色や柄を取り入れますと、お手軽に今っぽさを出すことが出来ますので良いですね。今であれば、ちょっとヴィンテージライクな生地や柄が気分でしょうか。



なお、インスタグラム(ID:NFLD_rm55)をご覧頂いている方であればイメージが出来ると思いますが、上記にてご紹介したネイビーのウールソリッドスーツに、下記のようなブラウンの小紋柄タイを合わせるのが個人的に大好きなスタイルです。



最後に、職人の手仕事が前面に出るアイテムではございませんが、個人的に気になるアイテムをご紹介しておきます。1点目は、ラムレザーを使ったダウンジャケット。大分大人の表情をもっており、なぜか!?サイズも全サイズ揃っておりました。これで15万円と言うのはどう考えてもお買い得。プロパー価格は26万円ほどですから、気になる方は要チェックです。



そしてもう1点は、ウールフランネルのダウンベスト。今年のお正月は大分暖かく、実家から戻った後は、日中であればダウンベストで十分なくらいでした。既にヴァルスタリーノのダウンベストを格安で購入しておりますが、ボレッリのダウンベストも気になりますね。胸にポケットが付いているのが新しいです。



と言うことで、クオリティを考えますとかなりのコストパフォーマンスを誇るのがMAX40%Offとなったルイジ・ボレッリのアイテムだと思います。もしセール予算が残っている方は、これを機に冬のワードローブの充実化を図ってみてはいかがでしょうか!?









Post comment

管理者にだけ表示を許可する