<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

残りものには服(副)がある!?

こんにちは!
昨年暮れから始まった2016年AWアイテムのセール戦線(※)もいよいよ大詰めですね。
※「2016年AWアイテム・インポートファッションのセール情報まとめ!

各ショップでは現在ファイナルセールが開催されておりますが、順次2017年新作の展開に変わってセールも終了して行くものと思われます。私もこの2016年AWアイテムのセールでは少しだけワードローブを補充させましたが、毎年この時期にはショップのファイナルセールをチェックして回ることが大切な習慣となっております。

その理由は、

”残りものには服(副)がある!?”

と言うことで、欲しかったアイテムが破格の価格で購入出来たりすることがあるからです。

この2016年AWのセールでは、かなりのボリュームでセール品が出ていたと言うお話がチラホラと聞こえてまいりますし、インスタグラムでフォローさせて頂いている方の中にも、ファイナルセールでお目当てのアイテムをお安くゲットされた方が多いように思います。

そんな事を考えますと、今年は例年以上にチャンス!?かもしれません。この時期は春夏の新作アイテムとの狭間で想いが揺れ動く悩ましい時期ですが、皆さまも是非最後のAWアイテムのチェックをされてみてはいかがでしょうか!?思わぬ副(服)が舞い込んでくるかもしれませんよ!?(笑)

■2016年AWのファイナルセール品をチェックする!
さて、そんなことで2016年AWのファイナルセール品をパトロールしたのですが、これはお得!と言うものや個人的にも気になっているものを、ドレス系アイテムメインですが少しだけご紹介出来ればと思います。

それでは、まいりましょう。

まずは、こちら。ルイジボレッリのピンチェックスーツ。ボレッリは世界中で展開しているだけあってベーシックかつ清潔感のあるプレーンなスタイルが特徴かなと思います。業界や職種を気にせず着用出来るスタイルですし、その上着心地の満足度も高く、フラワーホールなど、ヴィジュアル的にも手仕事の良さが分かるのが魅力的。それが今なら定価の半額(8万円+税)です!



使いやすいピンヘッドなので足も早いかなと思っていましたが、ネイビーに加えてグレーもサイズが残っています。プロパーの半額で出せるのは、ボレッリの代理店を務めているから故だと思うのですが、仕様だけとってもかなり破格のプライスのように感じます。正直かなり魅力的な価格ですので、一度北青山のショップに試着に行ってみようかなと・・・。



ボレッリはジャケットも結構在庫があったのですが、中でもブラウンベースのウールワッフルジャカードジャケットは気になりました。私のサイズのみ完売してしまっておりますが、カジュアル色の強いブラウンベースながら上質な雰囲気があるのが良いですね。税別67000円、税込でも7万円を少し超える位で購入出来るとなりますと、かなりお得!?



そしてボレッリ以外のスーツでおススメなのは、リングヂャケットマイスター。ホールの処理などは個人的にはボレッリの方が好みなのですが、着心地の秀逸さはボレッリにも負けていません。要所を手縫いで仕立てたマイスターラインのスーツは通常20万円程するのですが、こちらは税込でも5万8000円程!まさにファイナルセール価格ですのでサイズがあえば相当にお買い得です。



他にもナポリらしい軽やかで柔らかい着心地を味わえるペトリロ(旧ガイオラ)もおススメです。個人的に秋冬のスーツやジャケットはス・ミズーラ(ビスポーク)メインで考えておりますが、カジュアルな色やチェック柄のアイテムは吊るし(既成品)も視野に入れています。その点こちらのペトリロのジャケットはなんと税込で5万8000円を切っておりますょ。柄が気に入ればお得です。



上記はブラウン系ですが、同じくネイビー系のチェック柄ジャケットもサイズが豊富。こちらは約6万7000円程ですね。



ドレス系スーツの最後は、手縫い感溢れるスタイルにチャレンジしたい方のために、ジ・アーボをご紹介致します。

手縫いスーツに興味はあるけれど、価格の高さが気になると言う方には特におススメです。現在セール価格で約15万円(税込)程。グレーベースのグレンチェックにブルーのペーンがうっすらと入るベーシックな柄で、使い勝手も良さそうです。目に見える箇所はほぼ手仕事でなされておりますので、そう言った仕様を考えるとかなりお得です。



ちなみにドレス系の小物もアウトレットながら、こんなのがありました。私がネクタイにハマるきっかけになったルイジ・ボレッリのストライプタイ。アウトレット品ですが、シルク×ウールで7000円以下。結構使えそうな色合いですね。スフォデラータなら買っていたかもしれません。



他にも、同じくアウトレットですが、ほとんどキズは分からない上、使い勝手のよいブラウンベースのシルクツイルのピンドットタイが1万2千円程。ネイビーやグレーのスーツには重宝しそうな1本です。



また本Blogでも何回かご紹介しております、大人のためのダウンアウターを数多く送り出しているムーレー。カシミア混のシングルブレストであるVALENTEが、約18万円。しかも、黄金の?サイズ「44」のみ残っております。さすがに3月に普通に使うには厳しいのかもしれませんが、あまりトレンド関係なく使えるスタイルですのでお探しの方はお得かなと。



ところで、アウターとして個人的に注目しているのがレザー系のアウターです。実は2015年に出会ったとあるブランドのレザーアウターを狙っていたのですが、手元資金が貯まる前に完売・・・。その後紆余曲折して無事に!?レザーのアウターは購入出来たのですが、今後レザーは注目のアイテムになるのではないか!?と密かに思っていたりします。

そのような中でエンメティのアウターは程良いオトコらしさと上質さを兼ね備えておりますので、これが10万円以下ならお買い得だと思います。なお、私が購入したレザーアウターは次回の記事にてご紹介したいと思います。



この2016年AWセールで私はドルモアのタートルネックを買い足しておりますが、実はちょっと悩んだのがこのクルチーアニのアルパカ混ケーブル編みタートルネックでした。クルチアーニはブランドとしてちょっと動きがあるかもしれない、と言う情報も掴んでおり、今のうちに仕入れておくか悩んだ次第です。

ウールなら質感としてドルモアのスーパージーロン ラムズウールがお気に入りですが、クルチアーニのアルパカ混と言うのが気になりますね。



最後はカジュアルアイテムの中でも、ちょっとテイストの違うこちらのアイテム。実は私無類の!?カーゴパンツ好きでして、恐らくカーゴだけでも10本近くあるかと思われます。(汗)イタリアブランドのドレスカーゴやアメカジブランドのヴィンテージ加工のカーゴ。また、軍からの払い下げ品の古着など、所有するカーゴパンツのテイストは様々ですが、今気になるのはヴィンテージ調のもの。

クラシコイタリアならシヴィリアかインコテックスのスラックスがイメージに近かったのですが、悩んでいるうちにマイサイズが完売!(笑)個人的には若干ワイドシルエットのものをイメージしていたのですが、シヴィリアは加工具合が良いのです。私はレザーのアウターに合わせたいと思っていますが、ヴィンテージ加工のカーゴパンツは今後(個人的に)注目のアイテムです。



と言うことで、ファイナルセールの中からこれはお得!と思うものや個人的に気になるアイテムなんかをお届け致しました。2017年SSの新作も続々入荷しておりますので予算の振り分けには悩みますが、残りものには、副がありますように・・・!







Post comment

管理者にだけ表示を許可する