<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

服は買うより借りる方が得なのか?

こんにちは!
本日から早いもので3月ですね。3月は企業の決算期であったり、個人の確定申告があったりと、何かとバタバタする月の1つだと思います。また、気候も冬から春へと変わる時期でもありますので、体調管理には気をつけながら乗り越えてまいりましょう。

さて、服好きの方であればちょっと気になる!?本日の記事タイトル。

実は先日Yahoo!トピックスで同名のタイトルの記事(※)を見つけ、思わず読みいってしまいました。ちょっと興味深い内容でしたので本日は同名のタイトルをつけさせて頂き、コラム的にお送り出来ればと思います。
※元記事:「服は買うより借りる方が得なのか? 安さだけじゃない人気の秘密

それでは、まいりましょう。

■服は買う、から借りる時代へ!?
さて、発明と言うのは”未来の当たり前をつくる”と言うことである、とはよく言われる!?ことですよね。ipodや今現在は生活の中心に”当たり前のように”存在するiphone(スマートフォン)なんかは、まさにそんな人々の生活スタイルをも一変してしまうような大きな発明であったと思うのですが、本日取り上げるサービスも、もしかしたらそう遠くはない未来に、”当たり前”になっている大発明!?かもしれません。

ファッションのあり方を大きく変える!?可能性のあるサービス。それは、2年ほど前から続々とスタートしていると言う、

「定額制のファッションレンタルサービス」

です。私も自分の結婚式の際には当日の衣装を借りた経験もありますが、これまでの衣装レンタルと言えば、冠婚葬祭などの特別な機会に着るためのものが主流だったそうです。ただ、ここ最近盛り上がっているのは、いわゆる普段着るための服、つまり、

「毎日着る“普段着”が定額で借り放題(※)になる」
※サービス提供企業やプランによる

と言うサービスなんだとか。

例えば、『1カ月1万2700円(※)でカジュアルな服装が2コーデ分届き、返却すると次のコーデがレンタルできるという借り放題のコース』を提供する、昨年4月からスタートしたleeapというメンズのファッションレンタルサービスであったり、
※他にも7800円(税別)からのプランもあり
leeap

女性ですと、1カ月6800円(税別)からのプランで、自分好みのスタイルをスタイリストが選定し、月1回(3着)が送られてくると言うエアークローゼットや、
エアークローゼット

月額5800円(税別)で、最大3着まで好きなブランド(ブランドリストより選択)のアイテムが借り放題な、メチャカリなど、
メチャカリ
※上記画像は全て公式HPより拝借致しました。

続々と定額制のファッションレンタルサービスが立ちあがっているようです。

私のように、仕事や家族以外に考える事と言えば「服のこと!」と言う、熱狂的な!?服飾フリークのような方であったり、本Blogをご覧頂くような服が好きな方からしますと「?」と言う感じだと思うのですが、自分の価値観や感性と言いますのは、広い世の中に存在する1つの側面でしかなく、様々な価値感や感性が存在していますよね。

実際、服装に苦手意識を抱いていた方が、上述したようなサービスを利用することで”ストレスが喜びに”変わったと言う利用者の声が上がっていたり、服は好きだけれど、実際にショップに足を運んだり、ファッション雑誌をゆっくりと読む時間の無い女性が利用するなど、それぞれの「衣」に対する”悩みを解決する手段”として使われているそう。

とは言え、『繊研新聞の調査によれば、日本のファッション市場は9兆6千億円で、その中でEC市場は7250億円という。レンタルにチャレンジしているのはまだ10社程度で、100億円くらいの規模しかない。』そうですから、今後”当たり前”のサービスになるかどうかは、各社の頑張り次第!?と言ったところでしょうか。

最近は家(エアーB&Bなど)にしても、車(カーシェアリング)にしても、「所有する」から、「借りる」と言うような、大きな社会的な流れがあるようにも感じます。そう言う流れを考えてみますと、服も「所有する」から、「借りる」だけで十分!と言う感覚の方が増えて来てもおかしくは無いですよね。

服を買うことにも、所有することにも、そして、それらを色々と組み合わて着ることにも”大きな喜び”を感じる私が、上記サービスを利用することは残念ながら当分の間なさそうですが、それでもビジネスの世界に身を置く1人として、また服が好きな1人として、今後の動向が気になるサービスだと感じております。

さて、皆さんはどうお考えになられるでしょうか!?

■感性を本当に刺激するもの
世の中でお金が生まれる背景には、必ず誰かの悩みを解決している、役に立っている、と言う事実があると思います。

上記の「定額制のファッションレンタルサービス」 も、服選びが苦手な方の”服選び代行”的な意味合いであったり、服と直接接する時間が持てない方への”買い物代行的”な意味合いであったり、シーンに適した服装を選ぶ、”スタイリング代行”的な意味合いであったりと、その人の持つ様々な”悩みを解決”しているわけですよね。

そう言う意味では、社会的に意義、意味のあるサービスですし、一ビジネスマンとして応援したい!と素直に思う一方で、服を愛する立場からすると、少々寂しく感じることもございます。

それは、ファストファッションと言う、”使い捨てな服”が台頭する今日この頃の状況に加えて、捨てる以前に、そもそも自分のモノ(所有)にさえしない!と言う、その現実がちょっと寂しいかなと。

私も本Blogを始めた当初は、実店舗に行く時間が無い!と言う理由で、ネットShopを中心とした買い物をしておりました。ただ、仕事のスタイルが若干変わったとは言え、Sharonさんに出会ってからと言うもの、”感性にびんびんと響く”ような素敵な服を買い求めて!?、または見たいがために時間を見つけては、短時間であったとしてもせっせと通わせて頂いております。

個人的には、手縫いか否かは置いておいたとしても、やっぱり魅力的に感じるのは、服や靴の向こう側に造り手の想いや感覚が感じられるような、そんな”人間の作ったもの”なのだと思っています。

一方、機械で大量生産されるようなものは、確かに同じように人が向こう側にいるとは言え、その一つ一つに対する生産者の想いや感覚の熱量!?がちょっと違うようにも思います。

そうなりますと、服を買う側としましては服に対する愛情云々と言うよりも、服が装うための一つの”部品”のようになってしまって、購入しても直ぐに捨ててしまうし、売ってしまうし、とうとう買わずに借りるだけで十分!と言う事に繋がってしまうのではないか、なんて素人的な想像を巡らせてしまったり致します。

もちろん、感性を刺激するような素敵なものであれば、きっと直接見たいと思うし、買いたいと思うでしょ!?と言うのは、服が好き過ぎる人による考え方の1つですし、熱量を込めて生産すれば売れる!と言うわけでもないわけで、色々と難しいことがあるのは理解しているのですが・・・。

自分でも何が言いたいのか分からなくなってきましたが、職人さんが一生懸命作ったものに価値を見出し、長い時間をかけてそれを使い続けて行くようなことが”当たり前のスタイルとして未来にしっかりと残る”ような、そんなことに少しでも貢献出来たら、最高に幸せなことだと個人的には感じた次第です。

と言うことで、ファッションを楽しむための新しい流れである「定額制のファッションレンタルサービス」 を応援しつつも、同時に、職人仕事に敬意を払い、そこに価値を見出して自ら購入し、長い時間をかけて楽しんで行く!と言うファッションの楽しみ方も追及していきたい!と思ふ素人の戯言でした。

だらだらと書いてしまいましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございました!






Post comment

管理者にだけ表示を許可する