<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Herve Chapelier(エルベシャプリエ)のコーデュラデイパック [946C]を購入!

こんにちは!
本日は、昨年購入していたものの、ご紹介が漏れていたアイテムを取り上げたいと思います。

それは、Herve Chapelier(エルベシャプリエ)のコーデュラデイパックです。昨年も夏くらいに、「Hervé Chapelier(エルベシャプリエ)の608Cコーデュラスクエアショルダーを購入!」と言う記事でエルベシャプリエのトートバック(嫁様用)を取り上げておりましたが、今回はバックパックです。

それでは、まいりましょう。

■中性(ジェンダーレス)の魅力
さて、今回、と言っても昨年ですが、バックパックを購入した理由は単純明快。ちびっ子(第2子)の存在です。本Blogを始めた際にはまだ1歳だった上の子が現在では4歳になり、自分のことは自分でできる様になってきたわけですが、そんなタイミングで有りがたいことに!?第2子を授かったわけですね。

そうなりますと、移動の際にもオムツやら着替えやらで、結構荷物が多くなります。ただ、荷物は多くても両手は開けておきたい!と言う理由から、必然的にバックパックが必要になるわけで、上の子が生まれた際にも全く同じ理由でバックパックを購入しておりました。

しかも、何をいきっていたのか!?プラダのバックパックを購入(※)。(笑)これはこれでそれなりに活躍してくれたのですが、どうやら収納力が足りない。。と言いますか、思った以上に外出時の持ち物が多いのですよね。
※購入記事:「PRADA(プラダ)バックパック VZ0055 TESSUTO MONTAGN NEROを購入!

そこでもう少し収納量が多いものを探そうと言うことで結局たどり着いたのが、エルベシャプリエのコーデュラデイパックだったわけです。

ちなみに、プラダのバックパックを購入した際には、以下の要件でリサーチしていたようです。

①子供のオムツやらアイテムが入る容量であること
②子供と一緒が前提なので、汚れに強いファブリックであること
③限りなく両手が使える(子供を相手にできる)こと

上記の3つの機能要件を必須としたうえで、下記を理想要件?として追加していましたね。

④ドレス、カジュアルスタイルにも合わせやすいこと
⑤オトナが使えること

今回は④のドレススタイルに使いやすいと言う要件ははずし、代わりに私でも嫁でも使いやすいと言う要件を入れて考えました。すると、価格も高すぎず、ちょうど良いなと感じたのがエルベのコーデュラデイパック [946C]だったのです。

まず、サイズは横:33cm×縦:40cm×まち:13cmと言う大きさで、中身も仕切りなどがないので、それなりに大きなものでも収容できそうかなと。オムツやおしりふき、着替えを数着にビニール袋やら玩具やらを入れてもまだ余りそうな大きさです。

次に、コーデュラナイロンで出来ているので軽くて丈夫かつ、汚れに強い。

その上バックパックなので両手は空きますし、決して高級感があるわけではないですが、それでもオトナが持っていても決して恥ずかしくはないような佇まいがあります。

更に、今回一番良いかなと感じたのが、アイテムの持つ中性的な!?雰囲気。基本は嫁さんが子供と出かける際に持つのですが、休日などは私が背負うことも多いので、あまりジェンダー(性別)を感じさせないほうが使いやすいなと思っていたわけです。それが、今回要件に入れた上記④でした。

つまり、上記5つの要件をしっかりと満たしたうえで、価格も高すぎないのでこれにしよう!そうしよう!的なノリで、嫁さんともスムーズに意見のすり合わせ、合意が出来ましたょ。(笑)

と言うことで、今回購入したエルベシャプリエのコーデュラデイパックの実物を簡単にご紹介しておきます。

■エルベシャプリエのコーデュラデイパックの実物をご紹介
今回購入したのは、メーカーで言うと「Fusil」と言うカラーのデイパック。チャコールグレーのような感じでしょうか。なお、946Cシリーズは20年以上も作られ続けていると言う時の洗礼を経た定番商品だけあって、フォルムにも普遍性を感じます。
Herve Chapelier(エルベシャプリエ)のコーデュラデイパック [946C]①

こちらはバックサイドです。現在生産を請け負っているのは、アメリカの有名アウトドアメーカーであるOUTDOOR PRODUCTS社。軽くて丈夫な素材を使い、造りも一定のクオリティを見出すことが出来ますので、パパ、ママが普段使うには十分なクオリティが担保されているのではないでしょうか。
Herve Chapelier(エルベシャプリエ)のコーデュラデイパック [946C]②
※ドローコードも付いていますが、私は使っていません。

ショルダーの紐も結構肉厚でしっかりしているので、多少重いものでも体に食い込むことなく背負うことが可能です。また、根元にスエードのパッチがあてがわれていることも特徴の1つですね。滑りどめでしょうか!?
Herve Chapelier(エルベシャプリエ)のコーデュラデイパック [946C]③

タグには2種類あり、その生産時期によって異なるようですが、私が購入したタグはカーキにオレンジのロゴが入っているものでした。ファンの方ですとタグの種類にもコダワリがありそうですが、私は特にこだわってはおりません。
Herve Chapelier(エルベシャプリエ)のコーデュラデイパック [946C]④

軽くて丈夫なコーデュラナイロン。擦れたりすると多少白っぽくなったり致しますが、まぁデイパックなのでそのあたりは多少使いこんでいる風の方がカッコ良い!?かもしれません。(笑)
Herve Chapelier(エルベシャプリエ)のコーデュラデイパック [946C]⑤

中はこんな感じです。こちらはLサイズと言うことで、かなりの容量が入ります。下の子だけではなく、上の子の着替えなんかも入りますので、普段使いはもちろんですが、旅行時のサブバックとしても活躍してくれそうです。
Herve Chapelier(エルベシャプリエ)のコーデュラデイパック [946C]⑥

ちなみにこの冬は、週末はこんな感じで背負って家族で外出しておりました。男性が背負ってもさほど小さく見えないサイズ感ですので、パパさんには個人的におススメしたいバックパックです。
Herve Chapelier(エルベシャプリエ)のコーデュラデイパック [946C]⑦

と言うことで、エルベシャプリエの定番アイテムであるコーデュラデイパックのご紹介でした。

アウトドアメーカーほどカジュアルではないですし、かと言ってメゾン系ブランドのバックパックではないので気軽に使え、スタイルもカジュアルからそこそこの綺麗目なスタイルにも合わせやすい。加えて、上述しましたようにジェンダーレスな雰囲気がありますので、一家に1つあると便利!と言うと言い過ぎかもしれませんが、色々なシーンで活躍してくれるのではないでしょうか。

なお、新品の場合は最初、ショルダーベルトが留め具から若干抜けやすいように思います。使い続けてベルト生地が馴染んできますと定位置から動きにくくなりますが、それまではちょっと注意が必要かもしれません。






エルベシャプリエの公式サイトはカラーも豊富に揃います。



探せば並行輸入もので格安なものもありますが、人気ゆえにカラーによっては完売しているようです。



探せば中古ですと5000円以下でありますね。

Comment

サカ says... ""
こんばんは。僕もエルベシャプリエ使用しています。
機能性?は諦めて、フランス製の879NMを使ってます。879NMはメンズには少し華奢なデザインですが、ちょっとしたお出かけに重宝してます。
カラーバリエーションが豊富なので色の選択に迷いますよね(笑)
2017.03.04 23:23 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>サカ さん
こんにちは!コメントありがとうございます^^
サカさんもエルベシャプリエをお使いでしたか!しかもフランス製!今はもう生産終了ですよね!?

正直生地感としましては879NMの方がエルベっぽい感じがしなくもないですが、私の使い方を踏まえますとコーデュラナイロンで良かったのかなと今は思っておりますよ^^

エルベは色の出方も綺麗ですので仰る通り迷ってしまったのですが、結局無難なカラーに落ち着いた感じです。ただ、似たようなカラーは他にもありますので、エルベらしい色合いでも良かったのかもしれませんね。(笑)
2017.03.05 21:26 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する