<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2017SS)を購入!

こんにちは!
本日は、2017年SSアイテムの第2弾を購入しましたので、ご紹介したいと思います。

もちろん!?今回購入したアイテムも、ネクタイです。

大抵シーズンの立ち上がりにネクタイやシャツと言ったアイテムを買いそろえ、徐々に大物であるスーツやジャケットをそろえていくのが、ここ数年のシーズン立ち上がりにおける私の買い物のパターンです。

と言うことで、早速購入したネクタイをご紹介したいと思います。

■E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイをご紹介
この度購入しましたのは、E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)の、こんなベージュ(イエロー)ベースの小紋柄ネクタイです。実は2017年SSのカペッリの新作ですが、Sharonさんではこれまでにないくらい、色、柄ともに豊富なバリエーションをセレクトされており、正直目移りしてしまって困っておりました。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2017SS)_①

最近は自分の好みが決まってきたと言う嬉しい傾向がある一方、他方で結果として同じような色、柄のネクタイが増えていくと言う悲しい現実に直面しておりまして、着こなしの幅を徐々にでも広げたいと考えている私としましては、”意識”して、ちょっとチャレンジ出来るようなネクタイを探していたのです。

そのような中で目に留まったのが、このベージュカラーの小紋柄ネクタイでした。シルク素材ですが発色が強くなく、落ち着いた色合いのベースカラーであることに加えて、ご覧のように小紋柄はネイビー/ブルーカラー。私はサックスカラーのシャツを基本のスタイルに置いておりますので、シャツの色を拾う意味でも使いやすいかなと。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2017SS)_②

そしてカペッリの特徴の一つが、美しい縫製です。私は自身のネクタイにおける御三家として、カペッリの他にはフランチェスコ・マリーノとジュスト・ビスポークを挙げておりますが、ネクタイの造りや縫製の美しさと言う意味では、抜群の美しさを誇るのがこのカペッリのネクタイ。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2017SS)_③

「縫製の美しさ」と「ネクタイの良さ」は必ずしもイコールになるわけではないのですが、ネクタイの持つ雰囲気には大きな影響を与えるように感じております。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2017SS)_⑥

カペッリは英国まで生地を直接買い付けに行っていることから、シルク素材でも打ち込みのしっかりとした、ハリのある肌触りのものが多い点が特徴です。その上、ビンテージ調の色と柄を得意としておりますので、これに美しい造りと縫製が加わりますと、古き良き、正統なクラシックの香りが漂う気が致します。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2017SS)_④

Sharonさんで扱うカペッリは、トレピエゲ(3つ折り)かつ、スフォデラータ(剣先のみ芯無し)と言う仕様で17000円(税別)~と言うプライシング。一般的にスフォデラータにする場合は、裏の処理を丁寧に施す必要がありますので必然的に値段も上がりがち。そのような中で、この生地感と造り、良質な芯材であることを考慮しますと、相当のコストパフォーマンスの高さがあるように思います。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2017SS)_⑤

実際に「悩めるトルソー君」に締めてもらいました。遠目にもディンプルの凹凸がはっきりと分かる美しい造形を描いていることが分かります。私はこのディンプルを造るのが大好きです。よって、ディンプルの造りやすさや、どんな形状になるのかは、ネクタイを選ぶ上でとても大切にしております。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2017SS)_⑦

ディンプルうんぬんと言いますのは、もちろん結びやすさや緩みにくさという一般的なネクタイの扱いやすさがあった上での追加的要件ですが、カペッリはネクタイに求められる基本的な性能は当然ながら、しっかりとクリアしております。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2017SS)_⑧

更に、美しいディンプルの他にも、キュッとしまった小さいノットをつくる事が出来ると言う点が、個人的には大切なポイントです。ノットを小さく絞りこむことが出来、かつ美しいディンプルを描き出し、最後にふわっと柔らかく広がっていくネクタイが、私の理想のネクタイですが、カペッリはその全てを合わせ持つと言う、まさに私にとりましては理想のネクタイの1つです。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2017SS)_⑨

SharonスタッフのM氏も仰っていたのですが、マリーノとの雰囲気上の違いを挙げるのであれば、マリーノは”ややモダンな雰囲気”がありますが、一方のカペッリは”クラシックな雰囲気”がありますね。そのあたりを踏まえた上で、ご自身の好みやお持ちのスーツやシャツとの相性を考えたり、その日の気分によって使い分けるのが良いのではないでしょうか。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2017SS)_⑩

通常ベーシックなソリッドタイ以外は、1つの色、柄につき1、2本程度の入荷だと伺っております。既に入荷直後に完売してしまった種類もあるようですが、種類が一番豊富に揃っているのはこの入荷直後のタイミングだと思いますので、気になる方は是非店頭にてチェックされてみてください!






裏地付きですが、カペッリが初めての方はソリッド(無地)から入るのもおススメです。



Comment

Yasuyuki says... ""
ベージュのネクタイは春らしくて良いですよね。
毎シーズン、まずはネクタイからという場合が多いですよね。
私は普段ネクタイを締める機会がほとんどないため、締めるのが下手なのですが、
rmさんのディンプルは本当に美しいですね。
シャロンさんでは、ネクタイの長さを日本人に合わせて別注されていたりするのでしょうか?
一般的な市販のネクタイを買うと、私には少々長くて、いつも小剣の処理に困っています。
2017.03.17 10:35 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>Yasuyuki さん
こんにちは!コメントを頂き、ありがとうございます^^確かにインスタなどでもこの時期にはネクタイを購入されてらっしゃる方が多いように思いますので、これも「クラシコあるある」の1つなのかもしれません。(笑)

あと、Yasuyuki さんのタイドアップ姿もカッコ良かったので、あまり苦手と言うイメージはないですよ!

ネクタイにはちょっとしたこだわりがありますので、お褒め頂き光栄です!でも、実は私に綺麗に結ぶスキルがある!と言うわけではなく、ネクタイの生地、縫製、芯材の影響が多分に大きいと思っています。よって、カペッリやマリーノなんかを購入されていらっしゃる方は、コツさえつかめば全員綺麗なディンプルが出来ると思います^^

シャロンさんのネクタイは145cm位ですので、若干調整しているかもしれませんね。海外ですと150や155cmと言う長さのモノもありますので。

ちなみに、私も長いと感じる場合はダブルノットにしたりします。生地や芯材にボリュームがあるとノットが大きくなってしまうのですが、試してみる価値はあるかもしれません。また、小剣を長めにとる着こなしもありますが、余った小剣が気になる場合は、パンツにインしてしまうこともありますね。

ネクタイをスミズーラが出来るShopもありますので、色々と探してみるのもアリかもしれませんょ^^
2017.03.17 22:49 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する