<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム:PARTENOPE(J124)を購入!

こんにちは!
本日は、先日開催されておりました楽天スーパーセールにおきまして、私が唯一購入致しましたクラシコイタリアなアイテムをご紹介させて頂ければと思います。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_①

それでは、まいりましょう。

■求む!ブラックデニム
さて、この度購入しましたは、ブラックデニム!もともとブラックカラーのアイテムと言いますのは個人的にはほとんど所有しておりません。もちろんブラックデニムともなれば尚更で、大学生の頃に購入したリーバイスのブラックデニムが実家に眠っているのみ。

先日帰省した際に穿いてみたのですが、ちょっと太いかなぁと言う印象がありましたので、持ち帰らずにそのまま自宅にて保管すること致しました。

なぜ今更ブラックデニム!?と言うことなのですが、年初に購入したマルジェラのライダースに合わせたりするのに1本欲しいなと。とは言え、ロックな感じでピタピタなスキニーフィットを穿きこなす自信はございませんし、そう言うイメージではありません。

またカジュアルを意識して、ややワイドなシルエットが良いか!?と言われるそうでもない。30代の大人が”普通に”穿くことのできる、何の変哲もない普通の1本を求めていた際に見つけたのが、この度購入致しましたボレッリのブラックデニムだったわけです。しかも洗いがかかっておりますので、こなれ感もあってちょうど良いかなと。

ルイジボレッリはネクタイから入り、ジャケットやシャツを購入、所有しておりますが、どのアイテムも一定のレベル以上でまとまっている、安定感のあるメーカーのように感じております。

もちろんその全てを自社で生産すると言うよりは、現在はプロデューサー的な立場で物作りにかかわっていると言う方がより現実に即しているのだと想像致しますが、それでもその工程の管理をしっかりしないと、アイテムのレベルはあっという間に落ちてしまうように思います。

ただその点、ルイジボレッリと言えば日本のみならずインターナショナルに展開しているブランドでもありますし、個人的に購入したアイテムを自ら使ってみた感想としては、クオリティコントロールをしっかりやっていると言うのが私が持っているイメージです。

と言うことで、今回も自身初のボレッリのパンツとなりましたが、そんな安心感!?を持って購入することが出来ました。それでは、そんなボレッリのブラックデニムの実物をご覧頂こうと思います。

■LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニムをご紹介
実際に届いたパンツを開封し、見た瞬間に大丈夫そうだ(何が!?笑)と思えてしまうような、佇まいがありました。正直カジュアルアイテムはドレスほど細かく気にしていないと言うこともありますが、穿く前から”買って良かった”と言う予感がしたアイテムでもありました。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_②

商品説明には、「ヤコブコーエンを強く意識して作り込まれている」と言う、スタッフの方の推測が書かれておりましたが、確かにヤコブの持っているオトナなテーラードデニムを思わせる雰囲気です。こちらはPARTENOPE(パルテノペ)と言うモデルなんだそうですが、身頃ポケットがスラックス同様の「スラントポケット」になっているのが特徴だと。ジャケットにも合わせやすいですね。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_③

コインポケットには、前から見ると半分くらい顔を出す形でボレッリの紋章ロゴが刺繍されております。正直個人的にはロゴなどはなくても良いのですが、がっつり表に見えてくるよりは、これくらい控え目であった方がオトナも穿きやすいかなと思います。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_④

フロントの釦にはブランドネームが入り、ヘアライン処理がされているためか高級感がありますね。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_⑤

バックポケットはやや高めの位置についており、革パッチの仕様になっておりました。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_⑥

革パッチはもちっとした触り心地で、使い込んでいくと良い味が出そうな雰囲気です。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_⑦

生地は、コットン×ポリエステル×ポリウレタンの三者混。本当は膝抜けするのが嫌なので、コットン100%の方が良かったのですが、ある程度シルエットが細くなってくると、今は穿き心地を考慮してどのメーカーもストレッチ混なんですよね。ただ、『しっかりとした打ち込みで目詰まりがよく、ストレッチデニムなのに膝抜けしにくい』との記述に加えて、セール価格だったので購入してみた次第です。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_⑧

裾にはチェーンステッチが施されており、使い込むにしたがって良い感じで色落ちがしそうですね。現在丈の処理を行って頂いている関係で手元にはないのですが、チェーンステッチを維持したダメージ残しで処理をお願いしています。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_⑨

内部の写真を取り忘れてしまいましたが、表側のステッチはもちろんですが、内側の処理もインコテックスのように綺麗に処理されており、見えないところも抜かりなく造りこまれている感じが好印象。

実際に穿いてみますと、シルエットはピタピタすぎず、程良い余裕がある感じが事前のイメージにぴったりでした。加えて、股上がやや深目でヒップを包み込むような穿き心地が今の気分にフィットしていますし、感覚的には私が持っている中ではトラマロッサに近い感じでした。トラマロッサのチノパンは私のお気に入りのカジュアルパンツですので、買って正解だったと確信しています。

なお、正確にはデニムではなくカツラギにあたるそうですが、両者の違いは色の太さや染め方だけだそうで、風合いとしてはデニムとほとんど変わらないとのことですので、本生地内でも「デニム」として表記致しました。

お直しが上がりましたが、オフを中心にガンガン使ってみたいと思います♪






大きいサイズのみですが、気になる方がいらっしゃれば是非。



よりカジュアル感の強いCARACCIOLO(カラッチョロ)。迷った末に、PARTENOPE(パルテノペ)にしました。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する