<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)祭り!?

こんにちは!
本日は「E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)祭り!?」と題しまして、昨年購入していたものの、未だご紹介をさせて頂いていなかったE.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のネクタイを取り上げたいと思います。
E.G. CAPPELLI11(イージーカペッリ)

またネクタイ!?またカペッリ!?と思われる方も多数いらっしゃると思いますが(汗)、私はネクタイが大好きな上、ネクタイはスーツやジャケット、シャツを買い足すよりも安価に着こなしに変化をつけることが出来るアイテムですよね。更に保管場所もとらないので、個人的には何本あっても困ることがないアイテムなのです。。

なお、昨年購入していた位ですから2017年SSアイテムではなく、2016年AWアイテムとなります。ただ、今回はシルクタイと言うことで通年使える素材ですし、色合いなどが秋冬と言うよりも春夏にデビューさせた方が個人的にはしっくりくるものでしたので、まだ1度も使っておらず、これからデビューさせようと考えております。

それでは、まいりましょう。

■クラシック感満載のネイビー小紋柄シルクタイ
”まず”ご紹介致しますのは、こんなネイビーベースにクラシックな小紋柄が配置されたプリントネクタイです。クラシック感溢れる1本ですが、ベーシックな色と柄のためにシーンを選ばず、またスーツもあまり選ぶことなく使えそうな点が気に入りました。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2016AW)_①

実はコレ、入荷のタイミングで気になっていた1本だったのですが、予算の関係もあり、まずは季節感のあるカシミアタイ等を優先して入手しておりました。そしてシーズンの後半になり、運良くまだ残っておりましたので、捕獲した次第です。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2016AW)_②

Sharonさんで扱うカペッリは一般的なトレ・ピエゲ(3つ折り)仕様。ただ、フランチェスコ・マリーノなどに比べますと英国のシルクは打ち込みがしっかりしており、やや厚みがあってハリ感のある表情です。よって、トレ・ピエゲでも十分なボリューム感と表情で魅せてくれるのです。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2016AW)_③

マリーノのようなイタリアらしい、軽やかな表情のシルクの場合はクワトロ・ピエゲ(4つ折り)の方が適度なボリュームがあって良いと個人的には感じております。生地や芯材などによって仕様を変え、そのメーカーの良さが引き立つように調整されていらっしゃるあたりが、Sharonさんらしいなと思いました。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2016AW)_④

タイトルに「祭り」とあるくらいですから、もう1本ご紹介したいと思います。

■ブライトカラーながらシックな表情が魅力的なブルーグレーのペイズリータイ
こちらはマネージャのD氏からおススメ頂いた1本です。私にしては珍しい色合いと、ペイズリー柄ながら小さめのサイズが印象的。先日、”同じようなネクタイが増えて来た”と記述しましたが、自分以外の方が選ぶ色、柄は自分のセレクトとは異なるために新鮮ですし、D氏には普段の私のスタイルを熟知頂いているため、大きな冒険(リスク)にはならない点も安心ですね。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク ペイズリー柄ネクタイ(2016AW)_①

ペイズリー柄は好きなのですが、どうしても大きめの柄に目が行ってしまい、小さなサイズのものは以前ボレッリで1本買ったのみ。その後は購入していなかったのですが、今回は信頼しているD氏から色、柄ともにおススメですと言うお言葉を頂き、再!?チャレンジしてみました。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク ペイズリー柄ネクタイ(2016AW)_②

仕様は他のものと同じ、トレ・ピエゲのスフォデラータ(剣先のみ芯無し)。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク ペイズリー柄ネクタイ(2016AW)_③

カペッリのネクタイはイタリアの生地では出せないような、英国生地が持つ独特のクラシックな表情がありますし、その上縫製の美しさなどもあいまって!?、E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)がお好きな方からの支持率が高いと言います。これは凄くよく分かる気が致しますので、カペッリはマリネッラ好きの方にもおススメです。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク ペイズリー柄ネクタイ(2016AW)_④

更に、クラシックな表情を持つカペッリのヴィンテージプリントタイは、英国的な構築感のあるスーツにもバランス的に合わせやすいのではないかと思います。もし読者様の中に英国的なスーツがお好きな方がいらっしゃいましたら、是非カペッリにチャレンジ頂きたいですっ!

■着用イメージのご紹介
最後に、「悩めるトルソー君」にしめてもらった着用イメージを少しだけご紹介したいと思います。

まずは、ネイビーの小紋柄のシルクプリントタイ。気品漂うクラシック感がたまらないですね。画像ではカジュアルな素材であるホップサックのジャケットに合わせておりますが、ウーステッドの無地やストライプのスーツなんかに合わせますと、かなりビシッとした表情になってカッコ良いのでは!?と思っております。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2016AW)_⑥

ウーステッドのスーツだとちょっと硬い表情になる気がする方は、下記のようにホップサックなど生地感のあるスーツやジャケットに合わせて頂くと、硬すぎず、柔らか過ぎず、程良いバランス感を持ったスタイルになりそうです。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 小紋柄ネクタイ(2016AW)_⑤

そしてこちらはペイズリー柄のシルクタイ。普段はダークトーンのネクタイを自然と選んでしまいがちですので、ちょっと明るいトーンのブルーグレーのタイは個人的に新鮮です。ただ明るいとは言っても、生地感の影響もあって発色は落ち着いておりますので、思った以上に使いやすそうかなと思っています。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク ペイズリー柄ネクタイ(2016AW)_⑤

このちょっと沈んだような色合いがヴィンテージのネクタイを想起させるように思います。ネイビーやグレーのスーツはもちろんですが、他にもベージュのジャケットなど、色々と合わせてみたいと思っています。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク ペイズリー柄ネクタイ(2016AW)_⑥

と言うことで、私のお気に入りのネクタイであるジュスト・ビスポークやフランチェスコ・マリーノとは異なる、独特のクラシック感を持っているE.G.カペッリのネクタイを2本ご紹介致しました。カペッリのネクタイは最近急激に私のワードローブ内にその本数を増やしておりますが、今後も個人的には目が離せないブランドかなと思っています。






カペッリの持っているクラシック感を堪能するなら、ヴィンテージプリントシルクタイがおススメです!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する