<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

時代を経ても色褪せないスタイル:THE PORTRAITS for Clutch Men

こんにちは!
本日は、久しぶりの書籍紹介がテーマです。

それでは、参りましょう。

■CLUTCHMagazine
さて、皆さまは「CLUTCHMagazine(クラッチマガジン)」と言う雑誌をご存知でしょうか!?

『時代を超え、国境を越える世界基準のモノと人』をテーマに2012年2月に創刊した男性誌で、『「時代を超える」とは、一過性のブームではなく、永遠のスタンダードを意味し、 「国境を越える」とは、世界的に認められる可能性を意味します。』とのこと。

つまるところ、ファッションでははなく、スタイルとして存在しており、時や場所の洗礼を経て今もなお残っている本質的なものを取り上げていると言う男性向けの雑誌なわけです。

出版社は趣味のムック本であれば右に出るものはいない!?、枻出版社。編集長は、『ライトニング』や『別冊ライトニング』の編集に携わり、その後『2nd』を編集長として立ち上げたと言う、松島睦氏。こう言った背景を聞いただけで、”どんなテイスト”の内容なのかがなんとなく想像出来る方も多いのではないでしょうか!?

ただ、本日ご紹介するのは「CLUTCHMagazine」ではなく、「CLUTCHMagazine」が提案するファッションに身を包んだ、世界のウェルドレッサーのポートレート写真集の「PORTRAITS for Clutch Men」。

私は本Blogのテーマとして取上げる事の多い、クラシックなメンズドレスクロージングも好きなのですが、モードであれ、ミリタリーであれ、ワークであれ、アメカジであれ、もともと服そのものが好きな人間です。

更に、最近は週末のカジュアルなスタイルをより充実させようと!?参考になるスタイルを探している最中でしたので、見つけた瞬間に強い興味を惹かれたのが、本日ご紹介する「PORTRAITS for Clutch Men」だったのです。
PORTRAITS for Clutch Men_①

■PORTRAITS for Clutch Men
個人的な感想をまず最初に書いてしまいますと、凄く良かったです!登場されている方のほとんどが、プロのスタイリストによってつくられた装いではなく、登場されているご本人が日頃から慣れ、親しんでいるリアルクローズそのものだと言います。

よって、その方の職業であったり、ライフスタイルが感じられる装いがまずとてもカッコ良いのです。また、定番的なアイテムやコーディネートながら、時の洗礼を経たヴィンテージウェアを上手くミックスさせることで味わい深いポートレートになっているものが多く、純粋にポートレートとして見ても素敵なんですよね。
PORTRAITS for Clutch Men_1

更に、日本をはじめ、アメリカやイギリス、フランス、ドイツと言った世界各国で撮影されたポートレートは、ご本人が着ているアイテムがどこのモノなのか、と言ったことまで可能な範囲で記述されておりますので、着こなしの勉強だけではなく、新しいブランドとの出会いにもつながりそう。
PORTRAITS for Clutch Men_2

なお、撮影場所に日本も入っておりますように、多数の日本人も登場しておりますので、個人的にはイメージがしやすいのも良かったです。ご覧頂いているサンプルからお分かり頂けるかと思いますが、アメカジやミリタリー、ワークの定番的な着こなしが多数登場しておりますので、そう言った着こなしがお好きな方には特におススメです。
PORTRAITS for Clutch Men_3
※本の中身の画像は全て、クラッチウェブ「PORTRAITS for Clutch Men」紹介ページから拝借致しました。

時代によってサイジングやシルエットなどは微妙に変化していくものですが、それでも「時代を経ても色褪せないスタイル」と言うのがあるのだなぁとワクワクしながら一気に読み終えてしまいました。

日々使われることによって入るシワや、時を重ねることで褪せて行く色や、生み出される風合いは、私が日頃仕事において好んで着ているイタリアのエレガンスとはまた異なるのですが、それでも使い続ける事でしか生まれない味や着ている人の人生をも表しているかのような装いには、また違った種類のエレガンス(魅力)が宿っているように思いました。

インスタグラムなんかを拝見しておりますと、オフの日のスタイルとしてクラシコイタリアではない、アメカジやスポーツ等のカジュアルスタイルを着用されていらっしゃる方が増えているようにも思います。よって、クラシコ好きな方であっても、服が好きな方であれば是非店頭等でぱらぱらとページをめくってみると、新たな「!」があるかもしれませんょ。

気になる方は是非チェックされてみてください!

ちなみに、女性版の「THE PORTRAITS For Clutch Women」もあり、サンプルを見た限りでは、こちらも相当にお洒落な方々が多数登場しておりました。奥さまやパートナーの方がファッション好きであれば、プレゼントしても良いかもしれませんね。






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THE PORTRAITS For Clutch Men
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/4/2時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THE PORTRAITS For Clutch Women
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/4/2時点)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する