<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 花小紋柄ネクタイ(2017SS)を購入!

こんにちは!
早い企業ではクールビズが開始されておりますが、そのような中で本日は挑戦的な!?アイテムをご紹介したいと思います。

それは、シーズン開始時に1本だけで我慢したはずのE.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のネクタイ。その後、珍しくシーズン途中で買い足したところ、我慢していた気持が一気に緩んでしまって気になったものを次々と買い進めてしまいました。。

と言うことで、クールビズな装いの中では最も使わないアイテムであるネクタイをご紹介したいと思います。それでは、早速実物からご覧頂きましょう。

■E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 花小紋柄ネクタイ
この度買い足しましたのは、こんなブラウングレーがベースの花小紋柄のプリントネクタイ。花小紋と言っても、これまで購入したような可愛い感じのものではなく、どちらかと言いますとクラシックな印象が強い柄です。グレーの小紋柄ネクタイはチャレンジしたいと思いつつも先送りになっていたのですが、ちょっとブラウンを混ぜたようなカラーリングがど・ストライクでした。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 花小紋柄ネクタイ(2017SS)_①

素材はシルク。英国生地ですのでイタリアのような柔らかさ、しなやかさがあるわけではなく、ハリやコシが強い感じの、しっかりとと打ち込みがされているシルクです。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 花小紋柄ネクタイ(2017SS)_②

仕様はトレ・ピエゲ(3つ折り)の、スフォデラータ(裏地無し※)。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 花小紋柄ネクタイ(2017SS)_③
※剣先のみ芯なし

この時期はコットンやリネンなどのネクタイも良いのですが、やっぱりドレッシーに装うならシルクのネクタイが基本かなと思います。ベーシックかつ正統派な着こなしをスタイルの基本に置きたいと望んでおりますので、こんな感じのネクタイには強烈に惹かれます。(笑)
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 花小紋柄ネクタイ(2017SS)_④

実際に「悩めるトルソー君」にしめてもらいますと、こんな雰囲気になります。合わせたのはサルトリア・ソリートのウール×モヘアのジャケットですが、ジャケットのベージュカラーと絶妙に合う気が致します。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 花小紋柄ネクタイ(2017SS)_⑤

やっぱり良い色だなぁと我ながら思います。ブラウンでもなく、グレーでもない。なかなか無い、渋い色合いですね。
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 花小紋柄ネクタイ(2017SS)_⑥

ネクタイはそれ1本で雰囲気をしっかりと作ることが出来ますので、爽やかに着こなしたい時、色気を出したい時、渋さを出したい時、TPOやその日の天候、気分に合わせて選べるように、これからも着々とネクタイへの投資を続けたいと思っていますょ。(笑)
E.G. CAPPELLI(イージー カペッリ)のシルク 花小紋柄ネクタイ(2017SS)_⑦

■ネクタイ1本で作る雰囲気
「ネクタイはそれをしめている人より一歩先に部屋に入ってくる」

とは、英国はエリザベス女王のデザイナーとして活躍された、故ハーディ・エイミス氏のあまりにも有名なお言葉ですが、メンズドレスファッションの中心に位置するネクタイの装いに与える影響の大きさを見事に言い表していると思います。

そんな装いに大きな影響を与えるネクタイですが、私も1本のネクタイで雰囲気を作ることが出来ると考えておりますので、TPOを踏まえた上で、その日の天気や気分などを反映させたVゾーンづくりを心掛けております。

と言うことで、少しばかりですが、そんな雰囲気の違いを感じて頂くべく実例をご紹介出来ればと思います。

まずは、誠実さ、真面目さを意識したコーディネート。最もドレッシー度が高いのは言うまでもなくソリッド(無地)ですが、ダブルディンプルや小剣ずらしなどで多少柔らかさを演出した、つもりです。
ネクタイ1本で作る雰囲気②

こちらも大切なミーティングの際にしていたコーディネート。クラシックな小紋柄は下手に主張することなく、かと言って変に硬すぎる雰囲気でもない感じが気に入っております。
ネクタイ1本で作る雰囲気①

逆にこちらは”遊び”を取り入れた華やかなVゾーン。独特なショルダーの雰囲気をもつシャマットのスーツは着用すると高揚感を覚えるのですが、そんな気持ちを反映したコーディネートです。もちろん、外部の方との重要なミーティングの場など、TPOによっては避けるべきシーンもあるスタイルかもしれません。
ネクタイ1本で作る雰囲気④

柄と言うのは、小さいほどドレス度が高く、大きくなるにつれてカジュアル感が強まってきますので、ペイズリーであっても大きな柄ですとより華やかな印象が強くなりますね。
ネクタイ1本で作る雰囲気③

以下は爽やかさ、清涼感なんかを意識したVゾーンです。クールビズ期間にネクタイをしめる者としましては、暑苦しさを出来るだけ排除する方が好ましいと考えておりますので、暖かくなってきた際に活躍するコーディネートです。
ネクタイ1本で作る雰囲気⑤

上記のように「色」で爽やかさを演出することもできますが、「柄」や「生地」でも同じような雰囲気を作ることはできますね。花小紋柄や、イタリアの軽やかな印象の強いプリントシルクタイなんかは、そういった場面で適しているように感じます。
ネクタイ1本で作る雰囲気⑥

爽やかさから一転して、色気を意識しますと、こんな感じのVゾーンになります。同じシルクでもサテンとなりますと光沢感が強くなってきますので、なんとなく色気を感じる気がしておりますが、いかがでしょうか!?
ネクタイ1本で作る雰囲気⑦

私の所有する中では最も色気があると感じている、ペイズリー柄のネクタイ。同じペイズリー柄でも遊びの効いた華やかさとはまた異なる色気ある、しっとりとした華やかさのように感じます。
ネクタイ1本で作る雰囲気⑧

最後はフレッシュ感漂うVゾーンです。小紋柄でもホワイトが入ってくると、かなり若々しい印象になる気がします。
ネクタイ1本で作る雰囲気⑨

と言うことで、ネクタイ1本であっても大きく雰囲気を変えることが出来ると言うことを実例を交えながら!?ご紹介致しました。是非、ネクタイを購入する際のご自分を説得させる材料としてお使い頂ければ幸いです。(笑)







Comment

山田 says... "カペッリについて"
たまたまですが、こちらのブログを拝見致しました。
とてもお洒落な着こなしですね。
私はネクタイ専門のネット販売を運営しております。
中でもカペッリには熱い情熱と力を注いでおります。
現オーナーであるpatrizio cappelli氏と何度も交渉をし、(とても堅物な方でして・・・)お取引をさせていただいております。
数万のネクタイブランド(イタリアの個人、量販サルトリア等)を手に取り、販売をしてきましたが、やはりカペッリは段違いな風合い、生地質かと思います。さらっとがっちりといった感じでしょうか。スタンダード品でここまでの仕上がりは、他ではございません。ハイクラスブランドの
ス・ミズーラ品に匹敵します。世界的にはマリネッラあたりがクローズアップされておりますが
個々の感じ方、締め心地が最も重要かと思います。

2017.05.05 17:45 | URL | #f4RRH762 [edit]
rm55 says... "Re: カペッリについて"
>山田 さま
こんにちは!稚拙なブログながら、わざわざコメントまで頂きまして本当にありがとうございます。

私は数あるアイテムの中でもネクタイをとても大切にしておりまして、山田様ほど知識、経験はないのですが、自分の数少ない知識と経験の中では、カペッリのネクタイはとても素晴らしい出来栄えであり、締め心地や雰囲気も良いと感じております。

従いまして、山田様のようなプロフェッショナルな方からお墨付きを頂きますと、とても嬉しく思います。ありがとうございます!

マリネッラもとても良いネクタイだと思いますが、シルクの質感が昔の方が好みだったのと、締め心地やノット、ディンプルの表情がカペッリの方が個人的には好みのため、今はカペッリのタイを買い進めております。

ネクタイが本当に好きなので、また色々ご教授頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

2017.05.06 23:36 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する