<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ウールパンツ(2017SS)を購入!

こんにちは!
本日は前回に引き続き、吊るし(既製品)の手縫いのパンツブランドであるLe Spade(レ・スパーデ)から、無地のチャコールグレーのパンツを買い足しましたので、簡単にご紹介差し上げたいと思います。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ 千鳥格子柄のウールパンツ(2017SS)_③

それでは、早速まいりましょう。

■パンツのグレーカラーはコンプリート!?
さて、前回ご紹介差し上げた千鳥格子柄(ハウンドトゥース)のパンツと色見が若干近いのでちょっと迷ったのですが、結局買い足すこと致しましたのは、これまで私のワードローブの中では欠番(春夏生地)となっておりましたチャコールグレーカラーの無地のパンツです。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_①

ただ、チャコールグレーと言っても春夏のチャコールのために色合いに程良い軽さがあります。この時期に着用することの多い明るい色見のジャケットを着た際にはパンツにダークトーンを持ってきてバランスをとる事がセオリーであるようにも思いますので、悩んだ末に購入することと致しました。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_②

仕様は前回ご紹介差し上げたレスパーデの千鳥格子柄のパンツと変わりません。ロゴがSharonさんのエクスクルーシブ仕様になっているほか、1プリーツとなり、シルエットにややゆとりが出ております。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_③

私が2015年に初めてレスパーデを購入した当初はバックポケットも右側のみでしたが、途中から左右両方につく仕様に変更になっています。と言っても、発注した際の仕様としては右側だけのはずが両方にポケットが付いてきたと言うお話もあるとか、ないとか。(笑)そのあたりは、相変わらずナポリです。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_④

シルエットの変化がどの程度だったのか!?を簡単にご紹介しておきます。上に重ねたライトグレーのパンツは2015年SSのモデルで、裾幅で言うと17.5cmほど。今回の2017年SSでは19cm弱程度ですから、裾幅だけで1.5cm前後の差がでております。ご覧の通りワタリあたりから太くなっておりますので、全体がゆとりがあるシルエットになっていることはお分かり頂けるかなと。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_⑤

今回でライトグレー、ミディアムグレー、チャコールグレーに千鳥格子柄のチャコールグレーと、ほぼほぼ春夏のグレーカラーのパンツはコンプリートしたように思います。もちろん、プリーツの有無やシルエットの違いがありますので、今回購入した以外のカラーを揃えるかどうかはちょっと考えたいと思います。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_⑥

ちなみに、ネイビーやブルー系のジャケットにはライトグレーやミディアムグレーなどの明るめのグレーカラーを合わせることが私は多く、トーンの低いベージュやエクリュカラーのジャケットにはチャコールグレーなどのダークトーンのパンツを合わせるとバランスがとりやすいと思っています。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ (チャコールグレー)ウールパンツ(2017SS)_⑦

よって、もしレスパーデが気になっていらっしゃる方で、どの色を買ったら良いかお悩みの方は、普段ご自身が着ることの多いジャケットの色なんかを踏まえた上で色をお選びになると良いかと思いますよ。

■手縫いのパンツには、手縫いのジャケットが合うのか!?
ところで、たまに読者様からご質問を頂くことがあります。それは、

「手縫いのパンツには、手縫いのジャケットを合わせるべきですか!?」

と言うもの。最初に結論から申し上げますと、「個人的には、その方がバランスが良いと思っています。」と言う趣旨でご回答させて頂いております。

特にレスパーデはナポリ特有の手縫い感が溢れるステッチや縫いの表情などが目立ちますし、これが柔らかな風合いへと繋がっているように思います。

よって、合わせるジャケットは必ず手縫いであるべきだとは思いませんが、ナポリ仕立ての柔らかい雰囲気を持つジャケットの方が全体として見た際に感じるバランスが良いと感じます。

ただ、手縫いのパンツでも日本人の職人さんが手がけているパンツはステッチも精緻でマシンで仕上げたかのような美しさがあることが多いので、マシンメイドのジャケットを合わせたとしても、大きな違和感はないかもしれませんね。

そういう意味では、同じ手縫いと言っても様々な表情やスタイルがあるように思いますので、それに合う雰囲気を持つとご自身が感じるジャケットを持ってくるのが一番良いように思います。正解は必ずしも1つではないと思っておりますので。

ちなみに、私もこれまで数々の恥をかいてきましたし、未だに失敗したかなぁ!?と思うスタイルをしてしまう日もございます。それでも失敗を重ね、数を重ねることで分かること、学ぶこと、感じられるようになることと言うのが多々あるように思いますので、「これって合うのかなぁ!?」と思われたら、是非1度チャレンジされてみることをおススメします。

きっとそのチャレンジが、ご自身のスタイル作りに必ず繋がっていくと個人的には思っております。







Post comment

管理者にだけ表示を許可する