<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

il Quadrifoglio(イル クアドリフォーリオ)のトランクショーに参加っ!(後編):仮縫い編

こんにちは!
本日も前回から引き続き、「il Quadrifoglio(イル クアドリフォーリオ)のトランクショーに参加っ!:仮縫い編」の後編と言うことでお送りしたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■同色、同素材のベルトをスミズーラ!
さて、今回はダークブラウンカラーのカーフ素材でホールカットをスミズーラ(ビスポーク)したことは前編にてお伝えさせて頂いた通りなのですが、今回想定する靴の使い方としては、ドレスシューズとしての活用を考えております。
il Quadrifoglio(イル クアドリフォーリオ)のトランクショーに参加っ!(前編):仮縫い編_②

ホールカットとは、『ヒール部分にしか縫い合わせが存在せず、一枚の革で構成されている”シンプルの極み”』とも言えるモデルであると言うことは前編にも記述したのですが、実はその起源がよく分かりません。。
il Quadrifoglio(イル クアドリフォーリオ)_ホールカット①
※SharonオーナーK氏のご了承を頂き、撮影、掲載しております。

だいたいそのアイテムの正統な着こなしと言うのは、アイテムの生まれた背景、歴史にベースがあることが多いのですが、ホールカットは広義の意味ではプレーントゥに属すると言ったことくらいなもので、その着こなしのヒントとなる情報を見つけることが出来ませんでした。※もしご存じの方がいらっしゃったらご教示ください!
il Quadrifoglio(イル クアドリフォーリオ)_ホールカット②
※SharonオーナーK氏のご了承を頂き、撮影、掲載しております。

それでも、ホールカットのシューズに対して純粋に感じる印象としてはUチップやフルグローブのようなカジュアルなものと言うよりは、ドレスよりの印象です。よって、基本的には上述しましたようにドレス(ビジネス)での利用を前提に考えております。
il Quadrifoglio(イル クアドリフォーリオ)_ホールカット③
※SharonオーナーK氏のご了承を頂き、撮影、掲載しております。

そこで登場!?するのが、自分の持っている、または理想としているスタイル。ドレススタイルでは「シンプル&ベーシック」を基本として、エレガントな装いを目指しておりますから、そうなりますと必然的に!?靴とベルトの色や素材は合わせたくなるもの。

と言うことで、この仮縫いのタイミングで同じ色と革の素材でベルトをお願いすることに致しました。もともとイル クアドリフォーリオではベルトのスミズーラもオプションとして存在しますので、もしドレス用の靴をスミズーラすることをお考えの方は、是非一緒に作られることをおススメ致します。

ところで、もちろんベルトの革も靴と同じものから選ぶことが出来るのですが、更にバックルも好きなものを選ぶことが出来ます。ちなみにバックルは久内氏が自らデザインを起こしているものや、仕入れているものなど結構種類がありました。ベルトの幅と一緒に合わせて検討するのが良いかと思います。
il Quadrifoglio(イル クアドリフォーリオ)のトランクショーに参加っ!(後編):仮縫い編_①

今回私がセレクトしたのは、シンプルながらカーブした形状がやや柔らかい印象を与えるこちらのバックル。ベルト幅は3mmで、シルバーカラーです。ブラックならシルバー、ブラウン系ならゴールドもありだねと言うお話もあったのですが、選んだ革の色がブラウンとは言えダークトーンだったのと、ビジネスでの使いやすさも踏まえて今回はシルバーにしておきましたよ。
il Quadrifoglio(イル クアドリフォーリオ)のトランクショーに参加っ!(後編):仮縫い編_②

また、イル クアドリフォーリオのトランクショーではベルトの他にもカードケースやコインケースなど、鮮やかな色の革やエキゾチックレザーなどを使った小物アイテムも充実しておりました。靴はベーシックな革から入り、小物は遊びを効かせた革で仕立てて頂く、と言うのもありですよね。
il Quadrifoglio(イル クアドリフォーリオ)のトランクショーに参加っ!(後編):仮縫い編_③

個人的には手に持った際の心地良い感覚と、フォルムの可愛らしさに惹かれてコインケースもオーダーするか悩んだのですが、今年はトランクショー続きで出費もかさんでおりますので今回はベルトのみで気持ちを落ち着かせておきました。(笑)また時期をみて、コインケースも是非オーダーしてみたいと思っています。
il Quadrifoglio(イル クアドリフォーリオ)のトランクショーに参加っ!(後編):仮縫い編_④

なお、今回も二桁以上の新規オーダーが入ったと言うほどの盛況ぶりだったようですが、特に人気が高かったのがエルメスの革を鞣しているタンナーであるアース社のカーフレーザー。久内氏がイタリアにて買い付けられたそうですが、現在はエルメスが買収してしまった為に入手するのが困難な革だそうです。
il Quadrifoglio(イル クアドリフォーリオ)のトランクショーに参加っ!(後編):仮縫い編_⑤

私も実物の革を手にとってみましたが、キメが細かく、もっちりとした肌触りは素人でも違いが分かるほどの心地良さ。限定3足と言うことでかなり惹かれたのですが、予算が追いつかないのであきらめました・・・。もちろんその後完売してしまったことは言うまでもございません。(泣)

スーツやジャケットもそうですが、良いなと思う素材(生地)と巡り合っても自らの経済的状況とのタイミングが合わないと見送らざるを得ないと言う、一期一会的な出会いもまた、トランクショーの醍醐味の一つかもしれませんね。

■2足目を検討する
もともと衝動買い的な感覚もあった、イル クアドリフォーリオの靴のスミズーラ。

私は服飾小物を含めたファッションそのものが大好きですが、特に好きなのはやっぱり服。よって、靴や時計、アクセサリーなどに対する投資の優先度は下がってしまいますし、実際避ける年間の予算は多くはありません。

それでも、いつかは靴のスミズーラも経験してみたいと言う思いが頭の片隅にございましたので、

「いつやるか!?今でしょ!」(古くてすいません・・・)

と言う勢いもあって、前回のトランクショーに参加させて頂いたわけです。そういう意味では、「靴をスミズーラする」と言うことがどう言うことなのかについて、あまり考えずにトランクショーに参加してしまったことを反省しております。

と言いますのも、イル クアドリフォーリオの仮縫い用の靴を今回試着し、自らの靴に対して持っていた価値観・世界観が根本からひっくり返ってしまったことは前編にて記述した通りなのですが、職人さんが人生の時間を割き、自分の為だけに靴を準備をしてくださると言う行為そのものの意味を本来しっかりと考えておくべきだったかもしれないなと。

そうしたら、あの仮縫い用の靴に足を入れた瞬間の驚き、そして、それを履いて歩いた際の感動と言いますか、頭を思いっきり殴られたような衝撃も、また違う見方が出来たのかもしれないなと思っています。
il Quadrifoglio(イル クアドリフォーリオ)のトランクショーに参加っ!(前編):仮縫い編_⑧

と言っても、終わってしまったことは仕方がないですので、2回目のフィッティング、そして納品に向けて自分なりにしっかりと靴のスミズーラと向き合い、その工程を含めてしっかりと学び、楽しんでいきたいと思っています。

なお、自身の価値観を180度変えてしまったイル クアドリフォーリオのスミズーラ。そのカッコよさ、そしてあまりの履き心地の良さに魅了されてしまいましたので、当初は考えていなかった2足目の検討に入り始めました。(笑)

イル クアドリフォーリオの久内氏の持つスタイルの魅力はイタリアらしい色気溢れるフォルムと雰囲気だと思っておりますので、個人的には次は是非、私が大好きな靴のモデルであるローファーでお願いしたいなと。ローファーは紐での調整が出来ないので、既成だと合う木型と合わない木型が明確に出ます。

例えば履き口が笑ってしまったり、ヒールがゆるかったり、甲があたってしまったりと、なかなか難しい靴だと思っていますので、ホールカットに続いて、そんな難易度の高い!?靴のスミズーラをお願いしたいと思うわけです。もちろん!?革の目星は今回つけてきましたので、無事に納品をしたら2足目のスミズーラをお願いしようと思います。






Comment

太郎 says... "ベルトや小物"
はじめまして。太郎と申します。
私も2人の子を持つ55年生まれです。
ようやく貴殿のブログを最初から全て閲覧できました。
ものすごい量でしたが、とても勉強になりました。

ついにベルトに進出ですね。
娘のランドセルに触発されて
私もコードバンでベルトを揃えようと思いたち、5本買いました。
やっぱりいいですよ。光沢と艶はレベルが違います。
2017.06.04 19:31 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: ベルトや小物"
>太郎 さん
はじめまして!コメントを頂き、ありがとうございます^^
かなり稚拙かつ、どうしようもない内容が多い中で、時間を使って記事をお読み頂いたとのこと、本当に嬉しく思います!ありがとうございます。しかも同じ30代、かつ家族構成も同じと言うことで勝手に親近感がわいております。

今回はタイミングも良かったので、同じ色と素材でベルトを初めてスミズーラしてみました。太郎さんは既に5本も作っていらっしゃるのですね。しかもコードバン!うらやましい限りです。

正直靴も含めて革小物は服以上に経験、知識ともに無い中で手探りでやっておりますので、諸先輩方から色々と学びを得ながら、少しずつ勉強していけたらと思っています。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


2017.06.04 23:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する