<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

子育て世帯に必須の掃除機!?(後編):Makita(マキタ)CL107FDSHW

こんにちは!
本日は、「子育て世帯に必須の掃除機!?」の後編と言うことで、前編に引き続きマキタの充電式クリーナー CL107FDSHWと、セットで使うとちょっと便利なアイテムをご紹介したいと思います。

なお、本日はこの後10時ごろに、もう1つ”ちょっとお得な記事”をアップする予定です。
それでは、まいりましょう。

■最高の満足度を発揮した、Makita(マキタ)のCL107FDSHW
さて、先日「買い物の満足度を上げる方法!?」と言う記事におきまして、買い物の満足度を高めるための方法は、

『これから購入しようとするモノ、対象物に着目するのではなく、自らの持つ解決したい問題、課題が何であるのか。その問題、課題をどのように、どの程度解決したいのかと言う、”自分自身との対話をしっかりと行う”ことである』

と言うことを述べたわけですが、一言で言ってしまえば、

「その買い物で得たい効用を明確化する」

に尽きると思っています。今回であれば、日々発生する小さなゴミを清掃する必要性が発生したことから、

気になったゴミを、サッと吸い取る事の出来る手軽さ」を最も重要な(解決すべき優先度の高い)要件として設定し、世間的に「吸引力が落ちない」「強い吸引力を誇る」と言う評価の定着している!?ダイソンをあえて候補からはずし、当該要件を最も満たすであろうと判断した、マキタのCL107FDSHWを購入することにしたわけです。

実際購入したのは年初だったのですが、当時は人気が非常に高く、どこも品切れ。3か月ほど待ってようやく手に入れたと言う状況でした。手元に来てから3か月ほど使用しておりますが、当初の要件にピタッとはまっているので非常に満足度が高く、買ってよかった!と言う思いを噛みしめながら日々使用しております。(笑)

もちろん、メインで日々使用している嫁さんも絶賛しておりますので、我が家にとりましては間違いのない選択であったと自画自賛しておりますよ。

まず何が良いのか、と言うとその「手軽さ」です。
Makita(マキタ)CL107FDSHW_④

子供の食事やおやつの後の食べこぼしを掃除したり、子供が遊んだ後に落ちているゴミなどをサっと清掃することをメインの目的として設定していたわけですが、部屋の片隅に置いてあるCL107FDSHWをサッと取って、気になるゴミを吸込むだけ。

本体はバッテリーを付けても1kgちょっとと言う重量なのでとても”軽く”、女性でも楽々です。また、5百円玉でもゆうに吸込む力を持つ”十分な吸引力”は、上述したような使い方であれば必要十分。大抵のゴミは1度かければ吸込みますし、気になる大きなゴミは「パワフルモード」にすれば問題なく吸込みます。

バッテリーの駆動時間は「標準」で約25分、「パワフル」で約10分程度(※)とのことですが、週末にたまったゴミを掃除すべく、全ての部屋に掃除機をかけるわけではなく、あくまで気になる個所の、日常的な小さなゴミを吸い取る目的で購入しておりますので、私の使い方であれば”問題ない稼働時間”です。
マキタの公式HPより

更に、”充電の速さ”も魅力的。大抵使った後にはバッテリーを外して充電しているようですが、カラの状態からフル充電まで約22分と言う驚異の速さ。仮に使用途中で充電が切れてしまっても、サッと充電出来てしまうのは嬉しいですよね。
Makita(マキタ)CL107FDSHW_⑪

その上、”メンテも楽”と言いますか、ほぼノーメンテ。ゴミが貯まる紙パックがいっぱいになって来ると吸引力が低下するそうですが(私自身はこれまで吸引力の低下を感じたことはないです。)、そうしたら、本体を開けて紙パックを捨てるだけ。新しい紙パックをセットすれば、また元の吸引力で掃除が可能です。
Makita(マキタ)CL107FDSHW_⑦
※写真は再利用可能なダストパックが装着されています。

それでいて”ダイソンの新型コードレスクリーナーの数分の一のお値段”で購入出来るとなれば、正直買わない理由は見当たりません。個人的にはフローリングであれば、部屋数が少ない1人暮らしの方のメインの掃除機としても最適なスティッククリーナーではないかと思っているほどです。

マキタのCL107FDSHWは、オシャレな外観デザインや長時間稼働と言った多くのクリーナーが持つ機能をあえて削ぎ落し、必要な機能に絞ったスティッククリーナーのように感じますが、その分価格も安いですし、使用状況がピタっとはまれば最高の相棒になってくれるクリーナーだと思っています。

ちなみに、収納ですが、私は部屋のテレビの脇に置いています。そのために、こんなスタンドまで購入してしまいました。(笑)
スティックリーナースタンド プレート(Plate) _①

■スティックリーナースタンド プレート(Plate)
デザイン性の高いダイソンならまだしも!?武骨なマキタはリビングなどの壁に立てかけて置くのも見栄えがあまり良くないように感じますし、本体にフック等に掛ける紐は付いているのですが、壁に穴をあけてフックを取り付けるのも手間だし、好みではなかったので結局スタンドを追加購入致しました。

組み立ては自分で行うのですが、子供の頃に熱中したガンダムのプラモデルを思い出させますね。(笑)
スティックリーナースタンド プレート(Plate) _②

と言っても、ねじを締めるだけですので、誰でも出来ます。
スティックリーナースタンド プレート(Plate) _③

組み立てに利用する、六角レンチも付属しておりますし、
スティックリーナースタンド プレート(Plate) _④

なんとご丁寧に、予備のネジまで・・・。
スティックリーナースタンド プレート(Plate) _⑤

更に、傷防止の緩衝材まで・・・。日本企業ってすごいですね。
スティックリーナースタンド プレート(Plate) _⑥

(個人的には全く気にしませんが、)これでヘッドが傷つくことがありません。
スティックリーナースタンド プレート(Plate) _⑦

ちなみに、5分もかからずに組み立て完了。
スティックリーナースタンド プレート(Plate) _⑧

実際にマキタのスティッククリーナーを置くと、こんな感じです。
スティックリーナースタンド プレート(Plate) _⑨

ヘッドをしっかりと定位置に置いておけば、倒れる心配もありません。実際にはテレビの脇に隠れているので生活シーンで目に入ることはないのですが、気になる時にサッと取り出せる手軽さを損なうことがないのは良いですね。
スティックリーナースタンド プレート(Plate) _⑩

しかもこれで1500円ちょっと!と言う安さも魅力的。マキタのスティッククリーナーを購入される方には、是非ともおススメしたい付属商品です!







Post comment

管理者にだけ表示を許可する