<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツを購入!

こんにちは!
本日は、2017年SSのセールにおける”最重要アイテム”として自分の中で位置づけておりました、コットン×リネンのシャツを購入しましたので、ご紹介差し上げたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■ベスト!ではないけれど!?満足度の高いセール戦利品
さて、この度購入しましたのはナポリの老舗カミチェリアであり、近年はトータルブランドとして展開をしているルイジボレッリのコットン×リネンのシャツ。

吊るし(既成)のシャツと言う観点で言えば最も気に入っているのはモンテサーロ、そしてジ・イングレーゼなのですが、残念ながらコットン×リネンのシャツはSharonさんへ入荷早々にマイサイズは完売。。それでもウール×モヘアのスーツや、ウール×シルク×リネン等のジャケットに合わせる為のコットン×リネンのシャツが絶対に欲しい!と言うことで少しリサーチをしておりました。

このような中で、細かいディティールを見ていけば個人的には”こうあって欲しい!”と言う改善要望点はあるのですが、それでも襟の雰囲気や袖付け、ボディのシルエット、そして着心地の良さと言う意味では、とてもバランスが良いと感じているのがルイジボレッリのシャツだったり致します。

これまでもカジュアルシャツ、ドレスシャツをセールプライスではありますが購入し、着続ける中でボレッリのシャツの良さは身を持って理解しているつもりでした。よって、この度のセールではボレッリのシャツをメインに検討をしていたことは、過去記事において2017年SSのセールで欲しいアイテムとしてご紹介差し上げていたことからもお分かり頂けるかと思います。

そう言う意味では私にとってベスト!ではないのかもしれませんが、セールプライスであると言う点を踏まえれば、シャツとしてのバランスの良さに加えて、個人的に欲しかったコットン×リネンの生地と言うことで十分満足出来るセール戦利品であったと考えております。

と言うことで、先週金曜日から粋な着こなしさんで期間限定でセールになったタイミングに合わせて、しっかりと査収しておきましたよ。それでは、実物をご覧頂けばと思います。

■ルイジボレッリのコットン×リネン ストライプシャツをご紹介
この度購入しましたのは、ブルーネイビーとホワイトのストライプシャツです。私はドレススタイルをする場合、無地かストライプのシャツしか着用しませんので、ドレススタイルに用いる唯一の柄シャツがストライプ柄になります。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー①

襟型は私が好きなホリゾンタル(カッタウェイ)カラー。トレンド的には「古い」とされておりますが、個人的には「トレンド重視」ではなく、「自分のスタイル重視」の着こなしを好んでおりますので、好きな襟型のシャツを着るのが私には合っております。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー②

採用されているボディは、「EVボディ(SLIM FIT)」と言われるスリムフィットタイプ。緩すぎず、タイト過ぎず、「心地良さ」と「美しいシルエット」とのバランスが良いボディタイプだと思っています。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー③

生地はコットン×リネンの二者混素材。『細番手の強撚糸(ボイル糸)を平織り』にしているそうですが、スラブ糸を打ち込んでいることもあって、清涼感漂うサラッとした表情がありますね。実際に触り心地もドライですので、ビジュアル面だけではなく、機能面としてもこの時期には嬉しい素材です。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー④

ホール関係はミシン仕上げ。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー⑤

ボタンは真珠貝。白蝶貝に比べると光沢感が控えめで、ややホワイトな色合いが強いような気もしますが、カジュアル感のある生地には合っていますし、綺麗な色だと思います。ボタン付けはザンパテグリアート(鳥足付け)です。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー⑥

リネン100%ですとカジュアル感が強く出てしまいますが、コットンが混紡されているとタイドアップをする際にも使いやすいですね。また混紡率としてはコットンが70%なので、リネン特有のシワのなりやすさや深いシワになるのを軽減してくれそうです。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー⑦

襟はフラシ芯で柔らかい風合いがありますが、カラーステイが付属しているので、”ちゃんとした感”も演出できます。ただ、個人的にはカラーステイは使わないので、フラシ芯ならではの柔らかい首回りのフィット感や襟の雰囲気を楽しみたいと思っています。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー⑧

実際に「悩めるトルソー君」に着てもらうと、こんな感じです。程よいフィット感であることがお分かり頂けるかと思いますが、これに加えて「MANICA GIAPPONESE(日本仕様)」のために、袖丈もお直しいらずです。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー⑨

コットン×リネンの生地に加えて弱めの製品洗いを施しておりますが、カジュアル過ぎず、かと言ってドレスシャツほどパキパキしていない雰囲気。まさに私が求めていたシャツの雰囲気です。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー⑩

今後ノータイの日も増えてくるかもしれませんが、そんなネクタイをしない日にはコットン100%よりも、コットン×リネンのシャツをメインにしたいと思っています。第2ボタンまで開けてみても、節度を保った程良い開き加減かなと思います。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー⑪

手縫いの工程は6工程だそうですが、袖付けはイセの量をしっかりと取ることのできる手縫いです。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー⑫

ただ極端なマニカカミーチャや、バックヨーク等にもギャザーは入っていないので、ゴリゴリの手縫い感が苦手な方も気にせずに着用することが出来ますね。この辺りはグローバルに展開しているルイジボレッリならではのスタイルだと思います。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー⑬

ご覧通り、かなり綺麗に処理されています。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー⑭

ルイジボレッリの紋章の入った五角形ガゼットも手縫いです。まぁ、着心地には一切関係ないですけれど。
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー⑮

ちなみに記事の執筆時点ではまだタイドアップを続けているワタクシrm55ですが、程よい色気を含んだこの襟の開きをみるにつけ、ノータイも悪くないな!と言いますか、来るXデーが楽しみになりました。(笑)
LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)のコットン×リネン ストライプシャツ_ブルー⑰

と言うことで、コットン100%シャツとリネン100%のシャツの間を行くような雰囲気と柔らかさ、カジュアル感を持つのがコットン×リネンのシャツの魅力ですね。もちろん2017年SSの最重要アイテムとして位置付けているだけあって!?1枚では終われませんでした・・・。(汗)



【8/1(火)9:59まで】




残念ながら期間限定セールのために、プロパー価格に戻ってしまっております。が、例年ですと割引率をアップさせたセールが開催されておりますので、残りワンサイズながら、気になる方はチェックされてみてください!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する