<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーが開催!

こんにちは!
以前本Blogでもご紹介(※)させて頂きました、イタリアはフィレンツェ発のネクタイを中心としたクラシックメンズウェアのブランドであるShibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)ですが、2017年の8月4日(金)から5日(土)にかけまして、東京はハイアットリージェンシーホテルにてトランクショーを開催するようです。
※以前の記事
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイ
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーに参加!:前編
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーに参加!:後編
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイを使ってみた!

と言うことで、本日は簡単にシブミのトランクショーの概要をお伝えさせて頂ければと思います。
それでは、まいりましょう。

■Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショー
さて、まずShibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)について簡単に振り返っておきたいと思うのですが、『2012年にBenedikt Fries氏が高品質なハンドメイドのネクタイを世の中に送り出すことを目的として立ち上げた、ルネッサンス発祥の地であるイタリアはフィレンツェ発のブランド』です。

シブミは職人やファクトリーを独自に抱えているわけではないのですが、ベネディクト氏が色々と探し回って、ご自身として納得のゆくモノづくりをしているファクトリー内にシブミの部門を設けて貰い、プロデューサー的な立ち位置でブランドを率いていると言います。

また、ご自分でプロダクトを作っていく際には日本のモノやコトからインスピレーションを得ることも多いようで、イタリアはフィレンツェと言う日本で言うところの京都のような街の持つ独特な感性、フィルターを通しながら、そしてそこに日本の持つ魅力をエッセンスとして加えつつ、イタリア国内(スーツやジャケットはナポリ、シャツはプーリア周辺と仰っていた気がします。)のファクトリーでモノづくりをしていらっしゃいます。

その背景には、ベネディクト氏ご本人が「日本(の文化等)に対して大変大きな魅力を感じている」と言うことが多分に影響しているようで、名前の由来も日本語の「渋み」からとったそうです。

私自身が選んだネクタイの柄は、あまり日本と言う香りがするデザインや素材ではありませんでしたが、それでもインスタグラムにシブミのネクタイを締めたスタイルを投稿した際には、日本の方からだけではなく、海外の方からもどこのネクタイですか!?と言う問い合わせがこの2017年SSでは一番多かったと言う事実がございます。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイを使ってみた_②

Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のハンドメイドネクタイを使ってみた_⑥

私が選んだネクタイは非常にベーシックな色合いや柄のモノでしたが、それでもお問い合わせを頂いたと言う事実を振り返ってみるに、魅力的なネクタイだと思って頂けたのだろうと想像しております。

このような中で、以下の概要でShibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)さんがトランクショーを開催するそうです。

日程: 2017年8月4日金曜日から5日土曜日
場所: 東京ハイアットリージェンシーホテル
内容: ビスポークスーツ及びビスポークシャツのオーダー
     2017年秋冬の新作ネクタイの先行販売等

更なる詳細の問い合わせや予約等は、「info@shibumi-firenze.com」で受け付けているそうです。もちろん日本語にて対応頂けるそうですので、ナーバスにならずに興味のある方は気軽にお問い合わせされてみてください。

■ジャケットとスーツの仮縫い
もちろん私も今回のトランクショーにも参加させて頂く予定です。私は以前の記事でもご紹介させて頂きました通り、ジャケットとシャツのスミズーラ(ビスポーク)をお願いしておりますので、その第1回目の仮縫いが予定されております。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショー_2017SS_⑬

これまではいつもお世話になっているSharonさんの審美眼やノウハウをもとにスミズーラのサポートをして頂いておりましたので、1人でどこまでフィッティングの確認が出来るのか等、若干の不安を抱えてはおります。ただ、それでも何事も数をこなさないと上達はしませんので、あまり気負いすることなく、ベネディクト氏との会話を愉しむ感覚で訪問したいと思っています。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショー_2017SS_⑩

どんなスタイルを持つブランドなの!?と気になる方は、オーナーであるベネディクト氏のインスタグラムのアカウントにてご本人が着ていらっしゃるスーツやジャケット、シャツやネクタイ等をご自身で確認されるのが良いかなと思います。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のスタイル_⑧

なお、スーツの仕立てのディティールはフィレンツェではなく、ハイゴージに幅広のラペル、柔らかな袖付けとフロントダーツなど、ナポリのファクトリーが仕立てているだけあって、ナポリ仕様です。

個人的にはアルフォンソ・シリカを少し構築的かつクラシックに振ったような印象を持っておりますが、ベーシックなスタイルであることは間違いありませんので、仮縫いをするのが待ち遠しいです。

ちなみにShibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)ですが、インスタグラムで交流をさせて頂いている方が始めたオンライン専用のShopであるDel Fiore(デルフィオーレ)さんが、日本で初めて取り扱いを開始された模様です。日本ではお馴染みのブランドはもちろんですが、オーナーさんが独自にイタリアから仕入れいてるブランドもあるようですので、是非チェックされてみてはいかがでしょうか!?






【8/1(火)9:59まで】







Post comment

管理者にだけ表示を許可する