<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

個人輸入は本当にお得なのか!?:E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)を購入

こんにちは!
本日は、「個人輸入は本当にお得なのか!?」と題しまして、ネクタイを個人輸入した場合のメリット、デメリットについて考えつつ、追加購入していたカペッリのネクタイを最後に簡単にご紹介出来ればと思います。

もちろん、本日ご紹介するネクタイは個人輸入ではなく、いつものようにSharonさんで購入したネクタイです。それでは、まいりましょう。

■個人輸入は本当にお得なのか!?
さて、本Blogのメインテーマでもあるクラシコイタリアを中心としたインポートファッションがお好きな方であれば、インポートファッションアイテムを現地価格でお安く購入してみたい!と思われたご経験が1度や2度はあるのではないでしょうか!?

実際、大前研一氏の言葉を引用させて頂きます(※)と、『百貨店や輸入品の国内販売特約店は、輸入品の定価の60~80%のマージンを上乗せして売っている。つまり、現地仕入れ価格の3~5倍の定価を付けて』いると言います。
※参照記事は、コチラ

それでは、そう言った代理店や小売店は大きな利益を上げているのか!?と言いますと、そんなに簡単なお話ではございません。

もちろん中には仕入れ価格に対して大きな利幅を載せている代理店/小売店も存在するようで、少し前に価格上昇が激しかった某人気ブランドについての代理店仕入れ価格を知った時には腰が抜けるかと思ったほどでした。ただ、強気の価格設定が出来るのは人気がある証拠ですので、全てのブランドについてそういった価格設定が出来るわけではないようです。

例えば、私が現在最も気に入っているネクタイメーカーであるE&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)。私は普段から南青山にあるセレクトShopであるSharonさんにて購入をさせて頂いているわけですが、海外発送にも対応しているイージー・カペッリの直販サイトがイタリア本国にはあるのをご存知でしょうか!?
イージー・カペッリの直販サイト
※カペッリの公式HPより拝借致しました。

Sharonさんではカペッリのネクタイが18360円(税込)~ほどで販売(※1)されておりますが、カペッリのサイトでは€80~となっております。ただ、Sharonさんと同じトレ・ピエゲ(3つ折り)のスフォデラータ(裏地無し)仕様ですとオプション料金が加算されて€100。つまり、為替にもよりますが最近ですと「€1=129円(※2)」程ですので、日本円換算では「12900円」と言うことになりますね。
※1SharonさんのOnlineShopより
※2実際の両替時のレートは「「€1=135円」前後

本国のメーカーサイトからですと1本あたり約5千円も安く買える!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、現実そこまで甘くはないようです。

■個人輸入は結構お金がかかるのです。。
商行為(転売等を含む)を伴わない個人消費を目的として海外からモノを個人で輸入する場合、商品代金と送料に加えて大きく以下の3つの「費用」がかかるのです。

①消費税
②関税
③通関手数料

まず、①消費税と②関税の課税対象価格ですが、個人での利用を前提とした個人輸入の場合は商品価格(送料含む)の60%です。消費税は「8%」であり、関税は『課税価格の合計額が20万円以下の場合には、一般の関税率とは別に定められた簡易税率が適用されます(※)』ので、『衣類及び衣類附属品(メリヤス編み又はクロセ編みのものを除く) 等』に該当するネクタイは、「10%」になります。
少額輸入貨物の簡易税率

従いまして、公式化しますと以下の通りです。

カペッリのネクタイ1本をイタリアのサイトから個人輸入した場合の支払総額=

商品購入価格+送料+(商品購入価格+送料)×60%×(消費税率+関税率)+通関手数料(※1)

=12900+6450+929(消費税)+1161(関税)+500(通関手数料)=21940(単位:円)
※1:配送業者によって異なりますが、大体500~1000円程度のため、今回は500円で計算
※2:「€1=129円で計算」

すると、なんと日本のSharonさんで購入するよりも、「3580円」も高くなってしまったではありませんかっ!!

日本ではイタリアのものが高い!高い!と言われておりますが、その背景には税を含めた”流通コスト”が結構かかっていると言う事情があるわけですね。つまり、代理店さんや小売店さんも決して楽な商売と言うわけではなく、むしろ手間暇、コストがかかると言う大変な商売だと言うことが分かるわけです。
※商売を目的とした場合は、関税等の税率は更に高くなります。

ちなみにカペッリの場合は「いくら以上」または「何本以上」なら送料無料!と言うサービスは無いようですので、何本であろうと送料はかかってしまいます。

ただ、複数本を一度に購入すれば送料は変化しない(※)ので、1本あたりの送料を分散できますね。よって、私の計算では2本であれば「244円」、3本であれば「1518円」、4本であれば「2155円」、5本であれば「2537円」ほど、1本あたりの購入価格がSharonさんで購入した場合と比べて安く出来るようです。
※数十本単位での大量購入の場合は不明

なお、上記計算は個人輸入の素人である私が、2017年7月31日現在の情報をもとにシミュレーションを行っておりますので、結果を保証するものではありません。よって、実際には若干の差異が発生する可能性はございますが、全体の概要を把握すると言う観点で言えば、大きな間違いなどはないように注意しているつもりです。
※間違いなどがありましたら修正致しますのでお声がけくださいませ。

と言うことで、英語でのやり取りが基本であることや、実際に手に取って素材感や芯材の堅さ等を見ることが出来ないと言うデメリットはあるものの、複数本の同時購入であれば、個人輸入に対して価格的なメリットを見出すことは出来る!と言うことが分かったように思います。

ただ、それなりの金額的なメリットを出そうとすると、1度に購入する必要のある本数も増えて行きます。それは購入時の価格が高くなることを意味しておりますので、英語対応の手間暇や実物を確認出来ないことのデメリットを上回る金額がどの程度になるのか、と言う自分自身の持つ価値観との相談にもなってくるのかもしれません。

個人的には、既にカペッリのネクタイを所有していて、素材によってどんな風合いになるのか、ノットの大きさになるのか、ディンプルの表情になるのかを知っていると言う前提で、体型に合うネクタイがない(長さが長い、短い等)場合であったり、共同購入可能(複数購入可能)な友人がいる場合には、直接購入するのもありかもしれない、と思っています。

ちなみに、私の場合は1本あたり3千円位安くなれば”直”もアリかなぁという感覚がございますが、その為には7本、購入価格にして10万円ほどの購入が必要になりますので、あまり現実的では無いかなと・・・。

カペッリ以外のメーカーサイトであっても複数購入を行えば送料が分散出来たり、また一定金額以上を購入した際には送料が無料になる場合もありますので、実物は見れなくとも少しでも安い単価で購入したい!と言う方は、個人輸入にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

なお、その際には個人輸入に関する正しい情報をしっかりと勉強しつつ、返品しない(サイトによっては受け付けて貰えると思いますが、手間暇がかかり、かつ経済的損失はゼロには出来ないと思います。)と言う前提で個人輸入にチャレンジされるのが良いのではないでしょうか。

それでは最後に先日ご紹介差し上げましたカペッリのブラウンタイ(※)と同時に購入しておりました、ネイビーの小紋柄ネクタイをご紹介させて頂き、本記事を締めたいと思います。
※ご紹介記事:「E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の花小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)を購入!

■追加購入した、イージー・カペッリの小紋柄 シルクネクタイ
今回追加で購入しましたのは、こんなクラシックな風合いが満載のネイビーの小紋柄ネクタイ。仕様はいつものように、トレ・ピエゲ(3つ折り)のスフォデラータ(裏地無し)、剣先のみ芯無しです。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)_①

E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)_②

E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)_③

「悩めるトルソー君」に締めてもらいますと、こんな感じ。この普通すぎる表情がたまりません。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)_④

E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)_⑤

E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)_⑥

カジュアルでは色々な遊びを取り入れておりますが、ドレスは「普通に」をキーワードにしておりますので、そんな気分にぴったりかなと思います。
E&G CAPPELLI(イージー・カペッリ)の小紋柄 シルクネクタイ(2017SS)_⑦

私が追加で購入したネクタイは最後の1本、と言うモノがほとんどでしたので既に完売してしまっておりますが、まだ魅力的な色や柄のものがありますので、気になる方は是非SharonさんのOnlineShopをチェックされてみてください!






Comment

クラシコ好き says... "関税のこと"
いつも楽しく拝見させて頂いています。
関税の計算ですが、個人の場合は購入金額の60%が課税対象になるので、
12900円+送料500円=13400円の60%の8,040円が課税対象で、消費税643円と関税804円、通関手数料500円を足して15,347円になるのかな、と思いました。
間違っていたらすみません。
2017.08.24 01:31 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: 関税のこと"
> クラシコ好き さん
こんにちは。コメントを頂き、ありがとうございます!
また、稚拙なブログながらお読み頂き感謝致します。

さて、コメント頂いた剣ですが、仰る通り「個人の場合は購入金額の60%が課税対象になる」と言うことで、今回は送料が「€50」でしたので、「129×50=6450(円)」と計算し、12900円+送料6450円=19350円の60%の11,610円が課税対象で、その後の計算は記事の通りの計算です。
※「€1=129円」で算出

カペッリでは4本以上を購入するとヨーロッパやアメリカ、カナダですと送料が無料になるようですが、日本に対しては「€50」が送料だそうですので、送料の計算がちょっと私とは異なるように思いました。

なお、仮に送料が「500円」であれば、仰る通りの計算結果になるかと思います。
それでは、今後ともどうぞ宜しくお願い致します!
2017.08.24 23:11 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する