<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーに参加!:ファーストフィッティング編(後編)

こんにちは!
本日は前回に引き続き、先日参加させて頂きましたShibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーにおけるジャケットとシャツのファーストフィッティング編(後編)と言うことでお送りしたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■ス・ミズーラ(ビスポーク)のシャツのファーストフィッティング
今回は前編にてご紹介させて頂きましたジャケットのフィッティングをまず行い、その後シャツのフィッティングを行いました。

シャツのフィッティング時には久しぶりの再会から時間が経過していたこともありますし、ジャケットのフィッティングが無事に終わったと言うこともあり、すっかり場の雰囲気も温まっておりました。よって会話も弾んでいたことから、シャツのフィッティング時の写真を撮って頂くのをすっかり忘れてしまいました・・・。

よって、自撮をした2枚だけしかご紹介出来ないのですが、シャツは全体的に少し大き目のサイジングで上がってきておりました。生地には仮縫い用のものを用いて、また袖は予め片方だけしか付けられていない、まさに下記の写真のような状態で、フィッティングを確認したわけですね。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーに参加!:ファーストフィッティング編⑧

ネックサイズや肩幅はちょうど良かったのですが、身幅や着丈、袖丈も少し長めでした。もちろんこのあたりはベネディクト氏にチェックを頂いておりますので、セカンドフィッティングでは修正頂けると思っています。また、ジャケットと同じくアームホールをよりコンパクトにして頂くのと、前肩仕様に修正頂くことも合わせてお願いしております。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーに参加!:ファーストフィッティング編⑨
※襟はネックサイズの確認が前提のためバンドカラーのようになっておりますが、選んだ襟型は異なります。

ちなみに、基本的な仕様はジャケットと同じくハウススタイルを採用しておりますが、唯一要望を出したのが、カフのデザイン。個人的にはジ・イングレーゼやモンテサーロのような台形カフが好みですので、前回のトランクショーの際に着ていた実物の写真を撮って頂き、同じデザインで上げて頂いております。
MONTESARO(モンテサーロ)のトランクショーでオーダーしたドレスシャツ2_⑩
※写真はモンテサーロのMTMのシャツのカフ。先端に行くほどすぼまっているデザイン。

このカフのデザインにはベネディクト氏も惹かれたようで、数回の試作を重ねたのちに、シブミのシャツにおけるスタンダードな仕様に是非取り入れたいと言うことで、「良いアイデアを貰ったよ」と今回お声掛け頂きました。

シブミはまだまだ新しいブランドですので、スタイルも固まったものがあると言うよりは、ベネディクト氏の審美眼を踏まえて、独自のスタルを構築している最中のようにも感じます。それでも、氏のモノづくりにおけるこだわりや探究心には敬意を表すほどのものがありますので、今後どう言った形でオリジナルのスタイルを確立していくのか、個人的には楽しみでもあります。

と言うことで、ジャケット、シャツともに無事にファーストフィッティングを終えたわけですが、ファーストフィッティングとしては想像以上の出来栄えで上がってきたこともありますし、唯一心配していた私の感じたフィードバックが適切に出来るか否か、と言う点も及第点を与えることが出来たように自己評価しておりますので、ホッとしております。

ところで、今回のトランクショーでは2017年AWの新作や、前回にはなかったアイテムなどが見受けられましたので、最後に少しご紹介しておきたいと思います。

■Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショー概要
今回もスーツやジャケット、シャツのスミズーラ(ビスポーク)のための生地バンチが豊富に揃っておりましたが、前回よりも生地の種類は若干豊富であったように思います。私のインスタグラム等にもシブミでのスミズーラに興味があると言う方からメッセージを頂いておりましたが、注目度が上がっているようで実際に注文をされた方も増えているそうです。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーに参加!:ファーストフィッティング編⑨

ネクタイの2017年AWの新作コレクションの一部。シルクはもちろんウール系などもありましたが、今回はトランクショーの前に仕上がったストライプ系が中心でした。個人的には柄ものでは小紋柄のネクタイが一番好きなのですが、こちらは次回になりそうとのこと。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーに参加!:ファーストフィッティング編⑩

実はトランクショーの少し前にシブミのオンラインショップをチェックさせて頂き、気になるネクタイがありましたので実物を見て気に入れば購入したい旨をお伝えしておりました。が、残念ながら完売してしまい、現在再生産中とのこと。

サンプルモニターとして私が頂いた2種類のネクタイも事前にチェックした際には既に完売しておりましたが、インスタグラムなどの効果もあって世界中にファンが増えているのかもしれませんね。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーに参加!:ファーストフィッティング編⑪
※上記画像は今回撮影したシャツのサンプルとシャツ用の生地、及びポケットスクエア(チーフ)

珍しいところでは、今回は傘のスミズーラ(ビスポーク)も受け付けておりました。折りたたみは€200~、通常の傘は€400~と言う価格設定で、カバー(生地の部分)や柄などを好みのものにカスタマイズ出来るそうですが、早速興味を持った方がいらっしゃったそうです。確かにスミズーラのスーツ/ジャケットや良い靴に合わせるのであれば、傘にもこだわりたいところですね。(笑)
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーに参加!:ファーストフィッティング編⑫

もちろんブランドとしての原点であるネクタイのスミズーラも受け付けております。こちらも小紋柄の生地見本は今回は間に合わなかったみたいで無かったのですが、カシミア系は良さそうなものが多かった印象です。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーに参加!:ファーストフィッティング編⑬

更に珍しいところでは、カシミアのマフラーのスミズーラも受け付けておりました。カシミアのネクタイのみ生産国はドイツになるそうですが、こちらもベネディクト氏が色々と探し回った上で、「これは!」と言うモノづくりをしているファクトリーが生産を担当することになるそうです。ちなみに価格は€180~と言うことでしたので、カシミアのマフラーであることを考えるとリーズナブルですね。
Shibumi Firenze(シブミ フィレンツェ)のトランクショーに参加!:ファーストフィッティング編⑭

今回も本当にあっという間のトランクショーで、ジャケットとシャツのフィッティング後にはベネディクト氏や通訳を頂いたTさんとの服飾談議を、限られた時間ながら楽しませて頂きました。

例えば日本におけるイタリアのサルトによるスミズーラの話や日伊で異なる人気ブランドの話、スーツやジャケットのメンテナンス方法についてなど、どのメディアも通さずに伺うイタリア現地の生の話はとても新鮮で、「へぇ!」と思うことや「やっぱり!」と思うことなど、本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

なお、その際、本Blogを読み頂いた方で、フィレンツェにあるシブミのショップまで足を運んで頂いた方がいらっしゃったと言うことを伺い、個人的にはとても感激致しました。こんな素人である個人のブログであったとしても、新しい出会いのきっかけや繋がりに少しでも貢献出来たと言うのは本当にうれしい限りです。

シブミはまだまだ新しいブランドであり、規模も決して大きいわけではありませんが、オーナーであるベネディクト氏のクラシックなメンズウェアアイテムにかける情熱には大きな魅力と可能性を感じております。

今の規模だからこそ出来ることや、我々消費者も一体となってシブミのモノづくりに参加させて頂いているような気さえしてしまう、ファミリー的な温かさは他にはないような感覚かもしれません。

次回のトランクショーは11月を予定しているとのことですので、今回の修正点がとんな形であがってくるのか、今回よりもリアリティを持って感じることが出来ると思いますので、愉しみに待ちたいと思います。

最後になりましたが、シブミのオーナーであるベネディクト氏、そして調整及び当日の通訳をご担当頂きましたTさん、素敵な時間を本当にありがとうございました!また11月にお会い出来ることを心待ちにしております!






Post comment

管理者にだけ表示を許可する