FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

ブラックカラーが気になる!?

こんにちは!
本日は、「ブラックカラーが気になる!?」と言うテーマでコラム的にお送りしたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■ブラックが気になる!?
さて、ファッションにおける「カラー(色)」と言いますのは時として様々な意味を持ったりするものですが、それがブラック(黒)となりますと、フォーマルなシーンであったり、モダン、モードなイメージを頭に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

私はドレスシーンにおいてブラックなアイテムを身に付けることはそれこそ冠婚葬祭を除いてはほぼ皆無で、ビジネスにおけるフォーマルなシーンにおきましては色の濃いネイビーや(チャコール)グレーで対応しております。また、カジュアルアイテムとしてブラックカラーのアイテムを購入することも、これまではほとんどありませんでした。

それが、ここ1、2年位でしょうか。カジュアルアイテムにおけるブラックがやけに気になり始めまして、例えば今年の頭には自身初となるライダースジャケットを購入しておりましたが、選んだ色はブラック。こちらはマルジェラのダブルのライダースジャケット(※1)になります。
Maison Margiela (メゾンマルジェラ)のライダースジャケット_①
※1:購入記事 「Maison Margiela (メゾンマルジェラ)のライダースジャケットを購入!

他にも、2016年AWセールにてルイジボレッリのウォッシュドコットンストレッチブラックデニム(※2)を購入しておりましたし、
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム_②
※2:購入記事 「LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のウォッシュドコットンストレッチブラックデニム:PARTENOPE(J124)を購入!

春先には気軽に羽織ることが出来る、スポーティなカジュアルウェアとしてナイキのプレイヤーズジャケット(※3)も週末のオフ用に仕入れておりました。
NIKE (ナイキ) のウーブン プレイヤーズ ジャケット_②
※3:購入記事 「NIKE (ナイキ) のウーブン プレイヤーズ ジャケットを購入!

そして昨年の秋冬用にと購入し、週末には大活躍であったノースフェイスのバルトライトジャケット(※4)もブラックでしたね。
The North Face(ノースフェイス) Baltro Light Jacket(バルトロライトジャケット)①
※4:購入記事 「The North Face(ノースフェイス)のBaltro Light Jacket(バルトロライトジャケット)を購入!

なぜこれまで全く気に留める色ではなかったブラックが急に気になり始めたのか。その理由は自分自身でも特定することが出来ていないのですが、あるとしたら!?ブラックカラーの持つ雰囲気を欲しているのかなと。

具体的には、

・落ち着いて見えたり、
・大人っぽく見えたり、

と言う、ブラックカラーが持つ効果、効能を求めていると。

私は結婚して子供もおりますので、週末に行動する”単位”としては、家族であることが恐らく9割以上を締めます。そしてオフの日は小さな子供と一緒に過ごしますので、自然と装いも!?動きやすく、汚れてもまったく気にならないアイテム、つまるところカジュアル(またはラフ!?)なスタイルになることが多いのです。

ところが、以前も記載したと思うのですが、嫁さんはどちらかと言いますと、ジャケットなどを羽織るドレスよりのスタイルの方が好みです。よって、かなりカジュアルなアイテムを身に付けておりますと、

「仕事の時みたいに、ちゃんとした格好してよ。」
とか
「何歳だと思っているの!?格好が若すぎでしょ。」

と言った厳しいお言葉が飛んできます。。(泣)嫁さん個人としてはさほど服に興味がない割には、一緒に出掛ける際の旦那の装いは妙に気になる様で、毎回「これで良い!?」と確認してから出かけるようにしております。(笑)

そんな状況なものですから、カジュアルなスタイルをする際に少しでも「落ち着いて見えたり」、「大人っぽく見える」ブラックなアイテムを装いの中に取り入れることで、なんとか切り抜けようとしているのではないか!?と自己分析してみたりしておりますが、ブラックが気分である真相は、未だ闇の中です。

■装いにブラック(黒)を取り入れる
と言うことで、最近のオフスタイルに取入れたブラックなアイテムをちょこっと見ていきたいと思います。

まずはこちら。今年の夏にもブラックを取り入れた装いをしておりました。購入したのは数年前ですが、ブラックベースにホワイトのストライプが入ると言う、若干クセのあるヴィガーノのドローコード付きパンツ。ちょっとモードな香りもしますので、ヘンリーネックにダブルのジレを合わせて、”それっぽく”してみました。
ブラックアイテムコーデ_①

秋口には上記でご紹介しておりました、ルイジボレッリのウォッシュドブラックデニムをディマエストロのスタンドカラーニットに合わせて。アウターとボトムスの繋ぎに使ったグレーのシャツもボレッリです。ちなみに、こう言ったスタイルですと嫁さんからもOKが出やすいです。(笑)
ブラックアイテムコーデ_②

そして古着で購入したミリタリージャケットにインをしたのは、レミレリーフのウエスタンシャツ。デニムではなく、サテン生地に洗いがかかっているので程よい光沢感がカジュアルさをより軽減します。
ブラックアイテムコーデ_③

個人的にはかなり攻めた!?スタイルであるマルジェラのライダースにUKミリタリーのグルカパンツを合わせたスタイル。「理解不能」と言われましたが、なぜかOK。服が好きであると言うことは理解してもらっておりますので、判定はそのあたりの事情も踏まえて行って貰っている感じでしょうか。(汗)
ブラックアイテムコーデ_④

最後に、最近の急激な気温の低下に負けてひっぱりだした、タートルネック。こちらは昨年購入したクルチアーニのものですが、心地良い素材感とサイジングが気に入っており、ジャケットにインして使うスタイルには持って来い。ちなみにジャケットはISAIAのドネガルツードのウィンドゥペンで、パンツはレスパーデのストレッチコットンパンツ(ベージュ)です。
ブラックアイテムコーデ_⑤

と言うことで、トレンドカラーでもなんでもないのですが、なぜか気になるブラックカラーを装いに取り入れてます!と言うお話でした。

本当に「落ち着いて見えたり」、「大人っぽく見える」かどうかは分かりませんが、ブラックは敬遠しがちだったけれど、これはこれでアリだな!と思って頂けた方がいらっしゃいましたら、是非ブラックカラーを装いに取り入れるチャレンジされてみてください!






個人的な一押しは、ブラックカラーのタートルネック。カジュアル、ドレスカジュアルともに使いやすいと思います。クルチアーニは特に価格と品質のバランスが良いのでおススメです!



コスパ重視なら、1万円前半で買えてしまうアレッサンドロルッピでしょうか。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する