FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ブラウングレーウールパンツ(2017AW)を購入!

こんにちは!
本日は毎シーズンの定番的な買い物となっております、手縫いのパンツブランドであるLe Spade(レ・スパーデ)のウールパンツを今季も買い足しましたので、ご紹介させて頂こうと思います。

それでは簡単にまいりましょう。

■ややカジュアルなミックス感のある生地が新しい!?
さて、この度私が購入しましたのは、こんなチャコールグレーにブラウンが織り交ぜられたような色合いが特徴的な、ツイル生地のウールパンツです。これまでのレスパーデのウールパンツと言えばドレッシーなものが多かった印象ですが、少しカジュアル感のある生地感が新鮮でした。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ブラウングレーウールパンツ(2017AW)_①

私の記憶が正しければ、確か生地はカチョッポリのもの。私が数年前に初めてSharonさんで購入させて頂いた頃のレスパーデと比べますと値段が大分上がってしまいましたが、それは為替による影響はもちろんのこと、仕立てる生地のグレードを上げていると言う背景もあるようです。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ブラウングレーウールパンツ(2017AW)_②

最近パンツを購入する際には、合わせるジャケットを特に強く意識して選ぶようになりました。今回はサルトリアソリートのベージュのカシミアジャケットや、アルフォンソシリカのキャメルカラーのカシミアジャケットに合わせるイメージを思い描いてのセレクトです。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ブラウングレーウールパンツ(2017AW)_③

もちろんアイテム単体で魅力的なものを購入するのもアリなのですが、そうしますと新しく購入したアイテムに合わせるために、また別のアイテムまで欲しくなると言う、物欲の無限ループに突入してまいります。。
サルトリアソリートのトランクショー201702_①
※合わせたいと考えている、ソリートのカシミアジャケット

ただ、これではお金がいくらあっても足らない!?ですし、収納と言う物理的な制約もございますので、極力現在のアイテムに合わせることで着こなしのバリエーションを増やすと言うアプローチで済むようにしているわけですね。(笑)
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のカシミア 3Bシングルジャケット_着用イメージ③
※合わせたいと考えている、シリカのカシミアジャケット

ちなみにこのレスパーデ。イタリアはナポリにおいて1世紀以上も続くと言う、パンツ仕立て職人一家であるモーラ家が手縫いにて仕立てていることは皆さまご存じの通り。手縫いと言うと聞こえは良いのですが、シーズンによってサイズや出来あがり具合に若干バラツキが発生することもございます。

これも含めてイタリアはナポリの手縫いのパンツなわけですが、この2017年AWシーズンのパンツはとても良いサイジングで、個人的にはここ数年の中ではとても良い出来栄えだと言う感覚がございます。ワイド化しているメンズシーンにおけるパンツのトレンドを腰周りを中心に適度に取り入れながらも、程良くテーパードしたシルエットは身長が高くはない私の足も綺麗に!?見せてくれる気がします。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ブラウングレーウールパンツ(2017AW)_⑪

当初はノープリーツだった腰周りも、昨年からドレスパンツはワンプリーツ仕様に変更(※)になっており、程良いゆとりが大人の余裕へのつながります。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ブラウングレーウールパンツ(2017AW)_④
※カジュアルパンツも今季から1プリーツへ変更

ちょっと暗いですが、穿いた際のプリーツからクリースにつながるラインもとても綺麗です。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ブラウングレーウールパンツ(2017AW)_⑧

Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ブラウングレーウールパンツ(2017AW)_⑨

もちろん、デザイン面での変更以外の穿き心地に影響を及ぼす細かな仕様は変わっていません。例えばパンチェリーナ仕様で腰をしっかりとホールドするディティールも当然そのまま。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ブラウングレーウールパンツ(2017AW)_⑤

やや深めな股上に加えて、しっかりと腰をホールドしておりますので穿いた際の安心感もひときわです。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ブラウングレーウールパンツ(2017AW)_⑩

今季は入荷が遅れていると言うことで、今後も追加入荷がある?と伺っておりますので、手縫いのパンツ好き、レスパーデ好きの方は要チェックかもしれませんね。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ブラウングレーウールパンツ(2017AW)_⑥

なお、Sharonさんでは新しい手縫いのパンツブランドの取り扱いも検討されていらっしゃるそうですので、どんなブランドになるのか!?またレスパーデの持つスタイルとはどういう点が異なるのか!?等など、私も興味津々です。
Le Spade(レ・スパーデ)の1プリーツ ブラウングレーウールパンツ(2017AW)_⑦

今後取り扱いが正式に決まり、私も購入する機会がありましたら!?その際には是非本Blogを通じてご紹介出来ればと思います。






Post comment

管理者にだけ表示を許可する