<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージウール 小紋柄ネクタイ(2017AW)を購入!

こんにちは!
本日は、先日Sharonさんで開催されましたSARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のトランクショーに参加させて頂いた際に購入致しました、私の大好きな小物アイテムであるネクタイをご紹介出来ればと思います。

それでは、まいりましょう。

■購入予定はなかったけれど・・・
さて、先日開催されましたサルトリア ソリートのトランクショーですが、大分回数も重ねて”場馴れ”して来たと言うこともございますし、ルイージ・ソリート氏と顔を合わせる機会も増えてまいりましたので、気持ちは熱いながらも!?、頭はかなり冷静な状態で参加させて頂くことが出来るようになってまいりました。

従いまして、その場の勢い!?でオーダーを入れたり(購入をしたり)することはなくなってきたように思っていたのですが(笑)、服好き!?物好き!?である私にとりましては、弱点とも言える言葉が存在することに改めて気付いたのが今回のトランクショーでした。

それは、

「ヴィンテージの1点もの」

と言う魔法の言葉。(笑)前回あたりからサルトリアソリートのトランクショーの際には、普段はナポリのソリートの工房でしか販売されていないと言うソリート・オリジナルの小物アイテムが販売されるようになりました。

しかも、その際に販売されるのは量産をしていない1点もの(がほとんど)。また、これらの小物アイテムはヴィンテージの生地を使って仕立てられておりますので、今世の中で展開されている生地とはちょっと風合いの異なる、懐かしい感じの香りのするものが多いのです。

実は前回のトランクショーの際にもヴィンテージ生地を使ったウールタイを1本購入をしており、もしかしたら今回もルイージ氏がネクタイを持参しているかなぁと予想はしておりました。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージウール 小紋柄ネクタイ_⑪
※前回のトランクショーの際に購入したヴィンテージウールの小紋柄ネクタイ
※購入記事:「SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージウール 小紋柄ネクタイを購入!

ただ前回の購入記事にも書きましたが、ソリートのネクタイに使われている芯材が私個人の好みからすると、ちょっと柔らかいのです。生地の雰囲気はSharonさんで普段扱っていらっしゃるカペッリやマリーノ、ジュスト・ビスポークにはないような雰囲気なので惹かれるのですが、好みのノットやディンプルにすることが若干難しいと。

よって、今回は実物を見る前から、「見送ろう」と密かに決めておりました。

が、実物を目にしてしまうとやっぱり駄目ですね。(笑・汗)Sharonさんで扱うネクタイとはテイストが異なりますので、余計に新鮮に映り、気になってしまいました。。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のトランクショー2017AW_ネクタイ
※Sharonさんに承諾を頂き、撮影しております。

と言うことで、頭を冷静に保っていたとしても、素敵なものを目の前にしてしまいますと物欲を抑えるのは本当に難しい!と言うことを身を持って体験致しました・・・。それがヴィンテージの1点ものであれば尚更です。(笑)

■サルトリア ソリートのヴィンテージウールの小紋柄ネクタイ
そんな自分自身に負けてこの度購入してしまいましたのが、こんなブルーグレーカラーのヴィンテージウールの小紋柄ネクタイです。これまでの私のネクタイコレクション!?の中にはないような色と、ヴィンテージ生地ならではの小紋柄に惹かれました。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージウール 小紋柄ネクタイ(2017AW)_①

前回購入させて頂いたサルトリアソリートのネクタイの柄もそうでしたが、ヴィンテージ感たっぷりの雰囲気かなと思います。いわゆる、普段自分のスタイルの中心においております(私の考える)イタリアン・エレガンスとはちょっとテイストが異なるのですが、スタイルの幅はあっても良いと思っていますので、アリかなと思います。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージウール 小紋柄ネクタイ(2017AW)_②

仕様は3つ折り(トレ・ピエゲ)のスフォデラータ(裏地無し)、剣先のみ芯無しと言うお馴染みの仕様です。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージウール 小紋柄ネクタイ(2017AW)_③

芯材に少し硬い物を用いる提案を(大変おこがましいですが)してみようかな!?と思ったりもしましたが、これはこれでソリートのスタイルの1つかもしれませんので、そのまま受け入れるのも良いのかもしれません。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージウール 小紋柄ネクタイ(2017AW)_④

なお、早速使ってみたコーデがこちらです。ネクタイを購入した際に納品を頂きましたアリストンの相物生地のジャケットに、先日購入したシャツの新ブランドであるルカ・アヴィタービレのロイヤルオックスフォードシャツを合わせています。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージウール 小紋柄ネクタイ(2017AW)_⑤

芯材が柔らかい分、ダブルディンプルにしますと「ど・ストライク」な表情にはならないのですが、生地の雰囲気がかなり強いのでダブルではなく、シングルでもはっきりとした華やかなVゾーンを作ることが出来ますね。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージウール 小紋柄ネクタイ(2017AW)_⑥

この辺りの生地、柄は好みも分かれるところですが、好きな方にはかなりハマる雰囲気かなと思います。私のドレススタイルはどちらかと言いますと崩したり、遊びを取り入れるスタイルではないのですが、アメリカなどのスタイルをミックスされる着こなしをされる方にも取り入れやすい雰囲気だと思いますので、気になる方は是非チェックされてみてください!






Post comment

管理者にだけ表示を許可する