<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)を購入!

こんにちは!
本日は前回に引き続き、先日参加させて頂きましたSARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のトランクショーにて購入した小物アイテムをご紹介したいと思います。

それでは、まいりましょう。

■50年の時を超えて・・・
さて、今回のトランクショーでは前回も展開されていたネクタイに引き続き、新たにストールまで登場しておりました!テイストはヴィンテージ感満載のクラシックな小紋柄が配置されている、ダンディな一品。どれも魅力的だったのですが、私が購入しましたのは、SharonオーナーであるK氏にお見立て頂いたものでした。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)

それが、60年代のヴィンテージファブリックを使って仕立て上げられたと言うダブルフェイスのウール×シルクのブラウンカラーのストールになります。ネイビーやグレー、ベージュと言った色合いのスーツやジャケットが多い私にとりましては、ブラウンカラーはどの色にも合わせやすい色合いです。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)_①

まず惹かれましたのは、表地のこのクラシックな小紋柄。しかも柄にはブルーが使われており、「一人アズーロエマローネ」状態。(笑)私が所有するスーツやジャケットに対する合わせやさはもちろんですが、単体のアイテムで見た際にも非常に魅力的。。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)_③

50年と言う時を経て我がワードローブにやってきたわけですが、そこには経年に伴う劣化や褪せなどは一切感じられな一方で、熟成された、落ち着きある雰囲気が放たれている気が致します。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)_④

しかも今回はダブルフェイスと言うことで、裏にはペイズリー柄があしらわれておりました。個人的には、この絶妙なコンビネーションにもやられました。(笑)
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)_⑤

フリンジは短く、男性にとりましては使い勝手の良いデザイン。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)_⑥

縁のまつり縫いも手縫いでしょうか。とても柔らかな表情を描き出します。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)_⑦

ストールもネクタイ同様、普段はナポリにあるソリートのアトリエでしか購入出来ないそうですので、日本ではこう言ったトランクショーの時のみ、購入のチャンスがあると言うのもまた服好きの心に響きます。(笑)もちろん各種1点ものですので、装いにオリジナリティをプラスしてくれる点も嬉しいですね。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)_②

■サルトリア ソリートのヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストールを使ってみた!
Blogに先行して、既にインスタグラムでは使用した際の装いをポストしておりました。まずは、Solito house exclusive per Sharon(ソリートのプレタポルテライン)のSUPER150'Sのグレーカラーのスーツに合わせてみました。艶感あるスーツ地に合わせてネクタイはマリーノのサテン地の小紋柄をセレクト。シャツ、ポケットスクエアにはサックスカラーを持って来ています。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)_⑧

装いはほとんと無地ですが、このストールを首から掛けるだけでグッと雰囲気が出てくるから装いは興味深いですよね。ウール×シルクですのでカシミアなどに比べますと首回りの暖かさはないのですが、雰囲気作りには大きな効果を発揮しそうです。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)_⑨

また、数日前の暖かかった日に、今度は同じく、Solito house exclusive per SharonのSUPER160'Sのネイビーカラーのスーツにも合わせてみました。装いはほぼネイビー一色。シャツのみルカ・アビターヴィレのホワイトベースにネイビーストライプが走るものを選んでおりますが、その他はほぼネイビー。こんなシンプルな装いでも、ストールを入れるだけで華やかさが増す気が致します。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)_⑩

ちなみに首に巻かずに両肩から垂らすこのスタイル。私は先日知ったのですが、「ゴッドファーザー巻き」と言うらしいです。皆さんご存知でしたでしょうか!?(笑)映画「ゴッドファーザー」の中でイタリアン・マフィアのドンを演じたマーロン・ブランドがやっていたことから広まったので、そのように呼ばれているそう。
SARTORIA SOLITO(サルトリア ソリート)のヴィンテージ ウール×シルク ダブルフェイスストール(2017AW)_⑪

そう言われてみれば、確かにマフィアにも見えなくもないですね。(汗)ま、そんな起源があるそうですから、そんなことを頭の片隅に入れながら、TPOに適した巻き方が出来れば良いのかもしれません。

ちなみにサルトリアソリートの小物アイテムですが、毎回人気でほぼ完売してしまうそうです。もしチェックする機会がありましたら、迷ったら買う!位の心構えでいた方が後悔せずに済むのかなと思います。私も一瞬迷いましたが、買っておいて良かった!と今では強く感じています。(笑)






Post comment

管理者にだけ表示を許可する