FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

SartoriaNaoi(直井茂明氏)にてアルスターコートをスミズーラ!【納品編】:前編

こんにちは!
本日は昨年末に無事に納品を頂きました、SartoriaNaoi(サルトリアナオイ)にてスミズーラ(ビスポーク)を頂いたアルスターコートをご紹介出来ればと思います。

なお、本テーマは前編と後編の2部制とさせて頂き、前編では納品頂いたコートをメインにご紹介。後編では着用イメージやコートをスミズーラ(ビスポーク)する、と言うことについて少し考えてみたいと思います。

それでは、まずは納品を頂いたコートの画像からご紹介致します。

■SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート
SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート_①

SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート_②

SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート_④

SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート_⑤

SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート_⑦

■どこまでも柔らかいコート
さて、この度生地として選んでおりましたのは、2016年の初頭にSharonさんへ訪問した際に偶然出会ったロロピアーナのヴィンテージカシミア(100%)生地でした。ダークブラウンカラーにヘリンボーン柄と言う、私の好みのど真ん中。
Loro piana (ロロピアーナ)のヴィンテージカシミア100%生地①

美しく輝く独特のぬめり感に加えて、とても柔らかい雰囲気。その上目付約500gながら重さを全く感じさせない表情に惹かれ、コートを仕立てて頂く予定など”全くなかった”にもかかわらず、このまたとないご縁を大切に!?と言うことで、その場でオーダーを入れさせて頂いておりました。
Loro piana (ロロピアーナ)のヴィンテージカシミア100%生地②
※生地の画像は、直井氏のBlogより拝借しております。

1枚の平坦な生地から仮縫い、中縫いを経て仕上がってきたのが、既にご覧を頂きました直井茂明氏によるSartoriaNaoiのアルスターコートです。ロロピアーナの生地が持つ柔らかさに加えて、フワッとした柔らかな表情を持つ仕立てが特徴である直井氏のスタイルが融合し、かなりウエイトのある生地ながら、”どこまでも柔らかいコート”が仕立て上がりました。
SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート_⑬

今回はブラウンカラーかつヘリンボーン柄と言うことで、正統なチェスターコートではなく、少しリラックス感のあるアルスターコートを選びました。堂々とした大きな襟を持っておりますが、色や生地の質感の影響もあって威圧感などは全く感じません。
SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート_③

ラペルとショルダーライン、袖付けは職人さんのスタイルを決定づける最も大きな要素となると考えておりますが、袖付けには直井氏の特徴である柔らかさが端的に表れているポイントかなと思います。
SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート_⑤

また、ちょっと分かりにくいのですがフロントのダーツはご覧の通り、脇から斜めに入るフィレンツェのスタイル。正面から見るとダーツが見えないので、はっきりとした柄のある生地を使っても、連続性のある美しい表情を作ることが出来ます。
SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート_⑥

そして今回私が最も気に入っているポイントが、この後ろ姿。バックプリーツを入れて頂いておりますが、生地をたっぷりと使ってヒダを作って頂いておりますので、なんとも言えないドレープ感に加えて、大人の余裕を感じさせる後ろ姿が完成致しました。(自分では見えませんが・・・笑)
SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート_⑧

なお、袖ボタンは直井氏と相談の上、4つ釦の2mm重ねで処理頂いております。ブラウンとは言ってもブラックが混ざったようなドレッシーなブラウンでしたので、スーツやジャケパンスタイルにも違和感なく使えると言うのがその理由です。
SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート_⑨

と言うことで、待ちに待った自身初のスミズーラ(ビスポーク)によるコートを納品頂きました。既に年末から年始にかけて何回か着用しておりますので、後編では少しですが着用イメージをご紹介しつつ、私自身が感じた着心地などをお伝えさせて頂きながら、コートをスミズーラ(ビスポーク)すると言うことについて考えてみたいと思います。






Post comment

管理者にだけ表示を許可する