<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

SartoriaNaoi(直井茂明氏)にてアルスターコートをスミズーラ!【納品編】:後編

こんにちは!
本日は前回に引き続き「SartoriaNaoi(直井茂明氏)にてアルスターコートをスミズーラ!【納品編】」の後編と言うことで、その着用イメージや着心地をご紹介しつつ、コートをスミズーラすると言うことについて考えてみたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■SartoriaNaoiのアルスターコートを着てみた!
さて、まずは自分ではなかなか全景が撮れませんので、納品を頂いた際にSharonマネージャのD氏に撮影頂いた画像からご紹介させて頂こうと思います。それがこちらです。

ウエイトのある生地で仕立てて頂いた物を着るたび覚えるこの感覚。手に持つと重量感を感じるにもかかわらず、着てしまうとまるで何も着ていないかのような感覚は今回も健在。流石ズミズーラ!と言う体に沿ったシルエットの美しさと、着心地の良さは頭では分かっていても!?感動をしてしまう自分がおりました。
SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート着用イメージ_①

こちらはバックスタイルです。首の後ろから肩にかけては美しくフィットしながらも、ウエストから裾に向かってゆったりと広がるドレープ感。これには自分自身の画像にもかかわらず、「おっ!」と思ってしまうような大人の余裕(実際にはありませんが・・・)を感じた次第です。
SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート着用イメージ_②

ちょうど昨年末に納品を頂きましたので数日後にあった忘年会にも着て行きましたし、下記のようなオフのスタイルにも活用させて頂いております。

今回もパッドは入れておりませんので、生地が肩に優しく寄り添います。まさに「ふわっ」と肩に乗る、と言う表現がぴったり。それでいて体のラインにはしっかりと綺麗に沿うように仕立てられております。また、バックプリーツのドレープ感だけではなく、フロントの襟の返り、ドレープ感もとても美しくて気に入っています。
SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート着用イメージ_③

今回はオン、オフともに使える仕様ですが、基本はジャケットの上から羽織ることを前提としてサイジングなどは処理を頂きました。よって、下記画像もジャケットを下に着ておりますが、胸に綺麗に沿っていて窮屈感などは感じないかと思います。どのような使い方をするのか!?によってはサイジングなども変わりますので、コートのスミズーラをお考えの方はそのあたりも事前に検討しておいた方が良さそうです。
SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート着用イメージ_④

後ろから優しくハグをされているような、軽くて優しい着心地。(笑)初めて着用したのはドレススタイルの上からでしたが、自宅の玄関でコートを着たまま靴ひもを結んでも全く違和感なく、スムーズに紐が”結べてしまった”ことにはただただ驚きを隠せませんでした。直井氏の仕立てはスーツだけではなく、コートもイセ込みの量がしっかりとってありますので運動量もかなり豊富です。
SartoriaNaoi(直井茂明氏)によるアルスターコート着用イメージ_⑤

と言うことで、直井茂明氏に以前エスコリアルウールを使って仕立てて頂いたスーツの時と同様に、柔らかなスタイル、そして着心地の良さはコートにもしっかりと通じておりました。これから3月上旬くらいまでが本格的なシーズンだと思いますので、体にしっかりと馴染むように着こんでいきたいと思います。

■コートをスミズーラ(ビスポーク)する!を考える
今回は私個人として初めてコートをスミズーラ(ビスポーク)で仕立てて頂いたわけですが、強く感じたことは「非常に贅沢である!」と言うこと。転じて、次にコートをスミズーラする機会と言うのは「絶対にこの職人さんに仕立てて頂きたい!」であったり、「この生地、この仕様(モデル)のコートが絶対に欲しい!」と言う強い欲求が湧いた時かな、と思っております。

まさに今回はその「この生地で仕立てて頂きたい!」と言うケースに当てはまったわけですが、限られた予算を何に投資していくのか!?と言う意思決定者の視点に立ちますと、そこには優先順位を伴った判断が求められるのかなと思うわけです。

まず今回コートを仕立てて頂いて思ったことは、スーツやジャケットに比べますとプレタポルテ(既製品:※)との着心地の差、と言うのは小さくなるように感じています。
※スミズーラと同じように職人さんによって手縫いにて仕立てられたプレタポルテ

もちろん、何も着ていないかのような軽い着心地や着たまま何の違和感もなく靴ひもを結ぶことの出来るプレタポルテのコートが存在するかと言うとそれは微妙ですが、十分に軽い着心地を持ったプレタポルテのコートは存在致しますし、靴ひもを結ぶのは1日2回、数十秒と言う時間ですので除外して考えても良いかなと。

すると、やはりシャツのように薄い生地を通して肌に直接感覚が伝わるスーツやジャケット、パンツと、スーツやジャケットの上から着用するコートとでは、人間が感覚として得ることの出来るレベルに差があると思うわけです。考えてみれば当然ですが、「直接肌に触れている」のと「触れていない」のとでは、得ることの出来る感覚には差がありますよね。

このような感覚の差に加えて、スーツやジャケット、パンツは朝、家を出てから帰宅するまで基本はずっと着ている一方で、コートを着用するのは通勤時や外出時と言った、1日の中でもごく限られた時間に留まります。

そうであるならば、”着心地の良さ”や”着ている喜び”を感じる時間も、スーツやジャケット、パンツに比べますとコートは短くなりますね、と。

確かに職人さんやサルトならではのスタイルや世界観はスミズーラならではのものですから、そこに対して対価を支払う価値を見出すことは十分に可能です。ただ、プレタポルテであってもアットリーニやスティレラティーノのように独自の魅力ある世界観を持っているブランドはありますので、カッコ良さと言う観点のみではスミズーラ、プレタポルテに甲乙つけ難い・・。

そんなことを考えていきますと、スミズーラであればスーツやジャケット、パンツなどに限られた予算を優先的に配分し、少しでも”着心地の良さ”や”着ている喜び”を感じることの出来る時間を長く取りたいっ!と言う貧乏くさい考えに繋がってしまいます。(笑)

以前インスタグラムで交流をさせて頂いている方が、「必要な物はプレタポルテで。本当に欲しいものはビスポークで。」と言う趣旨のことを仰っておりましたが、それがスーツであってもコートであっても、その方が仰っていたお言葉が本質を言い当てているのかもしれませんね。

ここ最近は世界的なサルトリアブームと言うこともあり、日本のマーケットにも職人さん(サルトリア)による手縫いを用いたプレタポルテのコートが数多く出回っています。服好き、手縫いのファンの立場からしますと、プレタポルテの中にあっても手縫いを用いたコートの選択肢が豊富にあると言うことは、本当に幸せなことなのかなと。

職人さんが自分自身のためだけに時間を使い、世界に1着の自分のコートを仕立ててくださると言う、プレタポルテにはない幸せなストーリーがスミズーラにはありますが、魅力あるスタイルやカッコ良さを持ち、着心地の良さや満足感を得ることの出来るプレタポルテのコートも選択肢として豊富にある状況です。

従いまして私個人としましては、

①仕立てて頂きたい職人さん、サルトがある(スタイル)
②これで仕立てて貰いたい!と言う生地がある
③プレタポルテにはないモデル、仕様のコートが欲しい

と言う場合には、職人さんやサルトリア(テーラー)にてコートをスミズーラすることが高い満足度につながると思いますし、逆にプレタポルテにてスタイルや生地、モデル(仕様)、着心地で高い満足度を得ることの出来るものがあれば、それでも十分に充実したファッションライフを送ることができるのではないかと感じております。

これで良い、ではなく、これが良い。

コートと真剣に向き合い、自分自身として「これが良い!」と心から納得出来るコートがあれば、それがスミズーラであれ、プレタポルテであれ、きっと長く、良いお付き合いが出来ると思っています。是非、皆さまもそんな自分自身が納得出来る素敵なコートをワードローブに向かい入れてくださいませっ!






Post comment

管理者にだけ表示を許可する