FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

rm55的スタイリング:2017年AW ①:仕事始めスタイル

こんにちは!
本日は、先日お伝え致しました(※)新コンテンツの2つ目である「rm55的スタイリング」をお送りしたいと思います。
※「新コンテンツの追加を検討する!?

なお、おさらい的にご説明申し上げますと、「rm55的スタイリング」とは私rm55のスタイリング(装いや着こなし)についてご紹介しようと言うコンテンツです。

基本的にはインスタグラム(ID:NFLD_rm55)にポストしたスタイルの中から、自分なりにこれは!?と思ったものや反響を頂いたものを適宜ピックアップさせて頂き、スタイリングに用いたアイテムの情報であったり、その日の着こなしの意図、ポイントなんかを自分なりに解説してみよう!と言った内容となります。

第1回目となる本日取り上げますのは、2018年の”仕事始め”のスタイルです。それでは、まいりましょう。

■TPOとスタイリング
さて、今年は日の並び方の関係もあって、1月の第2週からが仕事始めだった方も多かったようですが、私はカレンダー通りの1月4日から仕事をスタートさせました。

ただ、4日は日頃からお付き合いのある方々はお休みでしたので、メールも電話もない、静かな1日になるであろうことが事前に予想出来ました。もちろん、ご挨拶や打ち合わせと言った外部の方とお会いする予定もありませんでした。

このような中で私が”仕事始めのスタイル”として選んだのが、こちらの「ザ・ベーシック」なネイビーワントーンのコーディネート。
rm55style_2017_仕事始め①

サルトリアソリートのネイビーのウーステッドスーツ(44)に、アヴィーノラボラトリオナポレターノのホワイトシャツ(38)。インナーにはクルチアーニのネイビーカラーのウールカーディガン(44)を合わせ、ネクタイはE.G.カペッリのカシミアネクタイ(ネイビー/ブルー)。ポケットスクエアは、アリアンナのカシミア×シルク(ホワイト)です。
rm55style_2017_仕事始め②
※着用者:172㎝ 60㎏

また、足元はジョンロブのストレートチップであるフィリップ2(ブラック)を合わせておりましたので、全体としてはフォーマルとまではいかないまでも、かなりビシッとした、ドレッシー感のあるスタイリングになっておりました。
rm55style_2017_仕事始め⑤

ただ、上述しましたように外部の方とお会いする機会はなく、社内的なイベント等もあるわけではございませんでしたので、正直もっと力の抜けた装いでも全く問題はなかったのです。

それでも先日、新コンテンツである「装いを考える」シリーズの中でも記述しましたように、「装い」とは相手や時と所、場合を考慮するのみならず、”自らの心や思考、思想”が現れる個所でもあるわけです。

と言うことで、今回は”2018年の仕事始め”と言うことを念頭に、”自分自身を律する”ためにもドレス度の高いスタイリングを心がけたわけですね。実際私がホワイトカラーのシャツを装いに取入れることは稀なのですが、今回はヘリンボーン柄と言うこと言うことで多少のカジュアル感はありながらも、それでも”ちゃんとした感”は出せているかなと。
rm55style_2017_仕事始め③

このような中で、季節感をあえて演出!?したのが、柔らかく、ふわっとした風合いを感じることの出来るカシミア素材のネクタイと、カシミア×シルク素材のポケットスクエアを取り入れた点です。本来のど真ん中のドレススタイルであれば起毛感を感じるカシミアではなくシルクのネクタイにすべきでしょうし、スクエアもリネンになるかと思います。
rm55style_2017_仕事始め④

とは言ってもTPOを踏まえた上で許されるのであれば、こんな小さな箇所で季節感や遊び心を取り入れるのも、それはそれで粋かなと思って1人で楽しんでおりましたょ。(笑)

ちなみに、この日はアウターの撮影もしておりましたので一応ご紹介しておきます。コートはシャマットのカシミア素材のチェスターコート(ネイビー)に、ロロピアーナのベビーカシミアのマフラー(グレー)、デンツのディアスキンのグローブ(キャメル/ライトブラウン)をアクセサリー的に取り入れておりました。
rm55style_2017_仕事始め⑥

欲を言えば、クラシックなスタイルを有するサルトリアソリートのスーツにはシャマットのようにモード感を感じるものではなく、もっとベーシックなスタイルのコートを合わせた方がフィットすると思っています。
rm55style_2017_仕事始め⑦

ただ、現時点では残念ながらそう言ったコートは所有しておりませんし、シャマットのコートも袖付けは「シャマットショルダー」ではなく、お兄さん(※)であるバレンティノ・リッチ氏のスタイルに近い雰囲気に仕上がっておりますので、ソリートにシャマットのコートを合わせるのも「無し」ではないかなと言うことでセレクト致しました。
※シャマットを創業したリッチ兄弟の兄。弟は、メディアへの露出も多い二コラ・リッチ氏。

■あとがき
上述しましたように、今回は対外的な要素よりも対内的、むしろ”自分自身を律する”と言うことに主眼を置いて、凛とした雰囲気になるネイビーのワントーンコーデにホワイトシャツ、黒靴(ストレートチップ)を合わせたわけです。

実際、ホワイトカラーのシャツを着てネイビーのワントーンでまとめた装いをすることで、改めて自身の背筋が伸びるような感覚と言いますか、シャキッとした気持ちで2018年の仕事始めを過ごすことが出来たように感じています。

そう言う意味では、我ながら状況に応じた、適切な装いが出来た!と言う自画自賛の評価をしておきたいと思います。(笑)

ちなみに今回用いたサルトリアソリートのスーツは、盛夏や真冬を除いて通年使うことの出来る素材です。今年は幸運にも東京は年明けから晴天に恵まれて穏やかな気候であったがために、上記装いでも難なく過ごすことが出来ました。ただ、本来1月であれば、もう少し生地のウエイトのあるウーステッドの方が適切かもしれませんね。

ま、様々なシーンにより適した装いをしようと思えば思うほど「モノが増える」、と言う状況に陥ってしまいますので、そのあたりは予算やワードローブなどと相談しながら判断していきたいと思います。






※本記事の内容は素人であるrm55独自のセンス、感性、見解に基づいております。プロのスタイリストのような正しい知識に基づいた装いに関する記述でありませんので、あくまで個人の趣味のブログとして捉えて頂ければ幸いです。

Comment

太郎 says... "素晴らしい心がけ"
今年もよろしくお願いします。
新年の装いとして、とても素晴らしいですね。
最近はかんたんにネクタイを外している男性が多いなかで
そのまま初詣に行けそうな立派な格好でこれこそジェントルマンだと思いました。

私としては、ベルトとカフリンクスに凝ってみようと思っている新年です。
2018.01.20 13:44 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: 素晴らしい心がけ"
> 太郎さん
こんにちは。コメントを頂き、ありがとうございます!
また、ご返信が遅くなり大変失礼致しました。

今回は人に会う事がなくとも、装い一つで自分の気持ちの持ち方も大分変わるものだな
と言うことを実感する学びとなりました。そんな装いをお褒め頂き光栄です。
ありがとうございます。

以前太郎さんにコメント頂きましたネクタイに関するお言葉を胸に、私も今年は昨年
以上に長く、ネクタイとともに過ごしたいと思っております。

こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願い致します。
2018.01.21 23:23 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する