<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)のシングル3B グレンチェック柄のスーツ(2017AW)を購入!(前編):Solito house exclusive per Sharon

こんにちは!
本日は全く予定になかったものの、半ばアクシデント的に昨年末に購入してしまったアイテムをご紹介したいと思います。

それでは、まいりましょう。

■自分の決断を覆す
さて、タイトルからもお分かり頂けるかと思いますが、昨年末に予定外にも拘わらず購入してしまったのはSartoria Solito(サルトリア・ソリート)のシングル3B グレンチェック柄のスーツです。しかも、レーベルは「Solito house exclusive per Sharon」と言うことで、Sharonさんがプロデュースを行った、サルトリアソリートによる世界に唯一のプレタポルテ(既製品)。

以前も記載したことがあったかもしれませんが、私の中では着用期間を長くとることの出来る秋冬のスーツやジャケットなどは基本的にスミズーラ(ビスポーク)に移行していき、プレタポルテ(既製品)は春夏をメインに購入をして行くと言う、自分なりの買い物の指針を設定しておりました。

それでも、「4周年の御礼!」の中でも記載しましたように、スミズーラの経験を少しずつ重ねる中でプレタポルテならではの魅力や付き合い方があると気付かされたのが昨年。

恐らく、知らず知らずのうちに、「スミズーラが上で、プレタポルテが下」と言う根拠のない序列を自らの中で作っていたことが、上述したような買い物指針の設定に繋がってしまったのかもしれません。それでも、スミズーラとプレタポルテの両方を経験することで、それぞれが独自に持つ魅力等を感じ取ることが出来ました。

よって、本記事執筆中の現時点におきましては、「スミズーラ」と「プレタポルテ」の関係性において上下はなく、それぞれが異なる魅力を持った選択肢として私の中に存在している状況です。

このような中で、今回はプレタポルテである「Solito house exclusive per Sharon」の持つパーフェクトな美しさやSharonさんが選ばれた生地に強く共感を覚えたと言うことになります。分かりやすく言うと、あまりのカッコ良さに欲しくなってしまったと。(笑・汗)

私だけではないのかもしれませんが、誰しも一度自分で決めたことを覆すような判断をするのは躊躇するのではないでしょうか!?しかも、一度判断をしてからの時間が短ければ短いほど、後ろめたい気持ちは大きくなります。

それでも、唯一絶対的に”常に”正しい解と言うのは存在しないように思っています。

判断をする時点で置かれている状況や、自身として見えているものを元に判断をするわけですから、状況が変わり、また自身の見える範囲が変われば、自ずと判断が変わることも決して悪くはないと。そのように自分自身を納得させて、「秋冬物はスミズーラで」と言った以前設定した指針を覆してしまうような買い物をしたことを正当化しております。(笑)

それでは、そんな自身の決断を覆すほどに魅力を感じてしまったサルトリアソリートのシングル3B グレンチェック柄のスーツをご覧頂こうと思います。

■サルトリア・ソリートのシングル3B グレンチェック柄のスーツ

Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)のシングル3B グレンチェック柄のスーツ(2017AW)_①

Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)のシングル3B グレンチェック柄のスーツ(2017AW)_②

Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)のシングル3B グレンチェック柄のスーツ(2017AW)_③

Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)のシングル3B グレンチェック柄のスーツ(2017AW)_④

Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)のシングル3B グレンチェック柄のスーツ(2017AW)_⑤

Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)のシングル3B グレンチェック柄のスーツ(2017AW)_⑥

Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)のシングル3B グレンチェック柄のスーツ(2017AW)_⑦

Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)のシングル3B グレンチェック柄のスーツ(2017AW)_⑧

Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)のシングル3B グレンチェック柄のスーツ(2017AW)_⑨

と言うことで、「秋冬物はスミズーラで」と言う、自ら設定した指針を覆してまでも欲しくなってしまったサルトリア・ソリートのシングル3B グレンチェック柄のスーツのご紹介でした。後半では「Solito house exclusive per Sharon」の魅力に触れつつ、プレタポルテならではの魅力についても考えてみたいと思います。







Post comment

管理者にだけ表示を許可する