FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

第3回 装いを考える:バランス感が命です!?

こんにちは!
本日は私、rm55の装い、着こなしにおけるエッセンスを語って行こう!と言うコンテンツである、「装いを考える」シリーズをお送りしたいと思います。

前回、前々回は装いにおける具体的なテクニック論ではなく、心構えと言いますか、そもそも装いを考える上で私が大切にしていることをご紹介しておりました。
・「第1回 装いを考える:心と装い①
・「第2回 装いを考える:心と装い②

第3回目となります本日はそこから1歩進んで、装いにおける「肝」だと私が考えている内容について記述してみたいと思います。それでは、まいりましょう。

■バランス感が命です!?
さて、まずは結論を書いておきたいと思います。私が装うアイテムを選ぶ上で最も重要かつ、大切だと感じていること。それは、

「バランス感」

です。

言ってみれば特別なことではないですし、至って普通のこと。それでも、問題なのは、”どのレベル”でこの「バランス感」を考えるのか、捉えるのかと言うことかなと思っています。

突然ですが、「装い」を分解して、その構成要素を洗い出してみたいと思います。分解の仕方は人それぞれ色々な切り口があると思っておりますが、仮に私が今分解するとしたら以下のような式になります。

装い=「色」×「柄」×「素材」×「組み合わせ(シルエット含む)」×「仕立て(デザインやスタイル等)」

つまり、「色」と「柄」と「素材」と言ったアイテムの持つ要素を、どのように組み合わせるのか、またそれらをどう言ったスタイルでつくり上げるのか、と言うことが「装い」であると。

もちろんその組み合わせは、前回、前々回の記述の通り、「心(思考、思想)」でもって行うと考えているわけですが、個人的には、これらの分解した要素1つ1つに「バランス感」を意識することが大切だと思うわけです。

では、その「バランス感」をどのように取っていくのか!?と言うことなのですが、書き出すと長くなりそうですので詳細は別の機会に記事化してみたいと思っております。従いまして、本日は「バランス感」を意識する際に最も基本的な視点!?であり、そして最も重要だと思うことを取り上げたいと思います。

■ドレスかカジュアルか
装うアイテムを選ぶ上で私が大切にしていること、それが「バランス感」であると言うことは上記にて申し上げたわけですが、その「バランス感」を取る際に意識していることが、「ドレスか、カジュアルか」と言う視点です。

まず装いに用いるアイテムの「色」や「柄」、「素材」が、ドレスなのかカジュアルなのかを判断しましょうと。もちろんドレスと言っても何段階かありますし、カジュアルの中でも同じようにレベル感がありますので、これらのアイテムがどの程度ドレスなのか、カジュアルなのか、を意識しましょうと言うことなんです。

そして、これらのアイテムと組合せ、着こなしそのものが持っている「ドレス度」「カジュアル度」の”レベル感を合わせてあげる”ことが、まさに「バランス感をとる」と言うことだと私は思うわけです。

例えば、まずは「色」の観点で見てみます。フォーマルに近いようなドレス度の高い装いをするのであれば、ネイビーベースのスーツにホワイトのシャツを合わせ、ネクタイには、ネイビーやグレー、ダークブラウンと言った落ち着いた色合いを選びますと。
rm55style_2017_仕事始め①

ネイビーのスーツはメンズファッションにおいてはドレス度の高い装いとされておりますし、ホワイトのシャツ以上にドレス度の高い色のシャツは存在しませんよね。そして、これに合わせるネクタイも落ち着いた色合いのものを選びます。
rm55style_2017_仕事始め③

更に靴も同じような観点で行くと、仕事上は(強い光沢感の無い)ブラックが最もドレス度が高い色合いになるかと思います。
rm55style_2017_仕事始め⑤

このようにベースとなるスーツの色に合わせて、シャツやタイ、靴のドレス度のレベル感を合わせていきますと、全体としての「バランス」がまとまって、綺麗に見えると思っているわけです。

もちろんこれは、「柄」や「素材」にも当てはめて考えることが出来ますし、「組み合わせ」や「仕立て」も同じです。用いるアイテムの「色」や「柄」、「素材」、「組み合わせ」、「仕立て」がドレスなのかカジュアルなのかを評価をした上で、それらのレベル感を合わせてあげるとことが「バランス」を取ると言うこと、だと考えています。

では「色」や「柄」、「素材」がドレスなのか、カジュアルなのかをどのように判断するのかと言いますと、それはメンズファッションの歴史であったり、柄や素材がどう言った経緯で生まれたのか、と言う起源が大きく関係していると思っています。

本Blogでは記事を執筆する時点可能な範囲、また必要だと思う範囲で歴史や起源については触れてきておりますし、ご興味のある方は自ら書籍やインターネットで調べてみても良いかと思います。

今後も私が必要だと感じる範囲におきましては歴史や起源にも触れて記事は書いていきたいと思うのですが、本日の「装いを考えるシリーズ」でお伝えしたいこと。

それは、

①装うアイテムを選ぶ上で重要なことは、「バランス感」をとってあげること。

そして、まずは

②アイテムの色や柄、素材、組合せ、仕立てがドレスなのか、カジュアルなのかを判断し、

かつ

③それぞれのドレス度、カジュアル度を自分の中で整理すると。

その上で、

④装うアイテムの「ドレス度」、「カジュアル度」の”レベル感を合わせてあげる”ことが「バランス感」を取る、

と言うことに繋がり、結果として

⑤「バランス感」を取ると、全体としてまとまりのある美しいタイリングが出来ると思います。

と言うのが、私rm55が考えているスタイリングの「肝」だと言うことになります。

きっと本Blogをご覧頂いている方の多くは、自らの「装い論」のようなものを既にお持ちだと思います。是非、ご自分の「装い論」と比べてみて、同じなのか、違うのか。違うのであれば、どう言った点が違うのかと言うことを考えて頂きますと、装いに対する思考が深まり、これまで以上に装うことを愉しむことが出来るのではないでしょうか!?

そんな「装うことが楽しいと感じる」瞬間がより多くの方に訪れることを願いまして、本日はここで筆をおきたいと思います。長文ながらお読み頂きありがとうございましたっ!






※本記事の内容はrm55独自の見解に基づいており、極力事実関係には配慮しているものの、その正確性を保証するものではございません。素人の趣味のブログとして捉えて頂ければ幸いです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する