<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

FEDELI(フェデーリ)のMILLIONAIRE CARDIGAN(ミリオネア カーディガン)を購入!

こんにちは!
とても寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今年は年初に「絞る」と言う、柄にもないテーマを設定してしまったことを今更ながら”嘆いて”おります。もちろん”予算面”、”収納面”は常に綱渡り状態ですので、絞らざるを得ない状況は目の前にあるわけですが、良いな!欲しいなっ!と自分の感性が訴えたものを、何かと理論的な理由をつけて自分を諦めさせる日々がこんなにキツいものだとは思いませんでした。。(笑・泣)

そのような中におきまして、本日は寒さとともに自分の貯金をも”ぶっ飛ばす”ようなアイテムを入手しましたので、ご紹介したいと思います。。

それでは、まいりましょう。

■millionaire(ミリオネア)
さて、皆さまの中で「millionaire(ミリオネア)」と言う言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

クイズに全問正解すると大金が手に入ると言う某TV局で人気を博したクイズ番組のタイトルに使われており、司会者の「ファイナルアンサー!?」は巷でも話題となっておりましたよね。

ミリオネアを直訳すると、百万長者。転じて、”大富豪”を表す言葉としてしばしば用いられております。実は、そんな有りがたい!?言葉が付けられた素材があることをご存知でしょうか。その名も、

「MILLIONAIRE CASHMERE(ミリオネア・カシミア)」

です。

その昔、欧州中の王族御用達であったと言うミリオネアカシミア(通称:ミリオネア)は、一般的なカシミア繊維の平均的な太さが15ミクロンであるところ、それを上回る14ミクロンと言う細さを有する繊維であり、まさに”スーパーカシミア”の名に相応しい繊維なのだと言います。

良質なカシミアと言うのはふんわりとした柔らかいタッチが特徴的ですが、これに加えて繊維の細さからシルクのようななめらかさを兼ね備えているのがミリオネアなのだとか。

実際に私が普段お世話になっているSharonさんでこのミリオネアと言う素材に出会ったのは去年!?一昨年くらいであったと記憶しておりますが、見るからに繊細さのある表情に加えて、手の甲で摩るだけで幸せな気持ちになれる極上の心地良さには驚きを通り越して、ため息が出たほどです。

とは言え、最高峰のカシミア素材は、お値段も最高峰。

出会った瞬間に恋に落ちたミリオネアでしたが、告白をするまでに大分時間を有しました。と言うことで、検討に検討を重ねて、「絞る」と言うテーマを掲げた今年にこそ相応しい1着になるだろうと言う大義名分を持って、ようやくワードローブに迎い入れることが出来ました。

それでは、そんなミリオネア・カシミアを使ったカーディガンをご覧頂こうと思います。

■フェデーリのミリオネア カーディガンをご紹介
この度購入致しましたのは、ネイビーカラーのカーディガン。ミリオネアだと言わなければ周囲の方からは至って普通のカーディガンに見えるほど、良い意味で特徴のないシンプルでベーシックな1着です。
FEDELI(フェデーリ)のMILLIONAIRE CARDIGAN(ミリオネア カーディガン)_navy①

全体像はこんな感じです。Vネックはやや浅い感じのデザインですが、それでも何かブランドとしてのデザイン的な特徴が強く出ているわけではありません。
FEDELI(フェデーリ)のMILLIONAIRE CARDIGAN(ミリオネア カーディガン)_navy③

クルチアーニなんかですとリブとボディのゲージ数に変化を付けたり、色もスプレー加工を施すなどと言ったブランドとしてのアイデンティティをデザインや色の出し方からも感じます。それに対して今回購入したフェデリのミリオネアカーディガンは、ブランド特有の特徴が一切ないのが”特徴”です。
FEDELI(フェデーリ)のMILLIONAIRE CARDIGAN(ミリオネア カーディガン)_navy④

釦はちょうど良いサイズの貝ボタン。釦は大き過ぎるとカジュアルな雰囲気が強く出てきますし、逆に小さいとニットの場合は外れやすくなってきますので、このサイジングは絶妙です。しかも、フェデーリは通常プラスチック釦を付けるのがスタイルのようですが、こちらのモデルはSharonさんのエクスクルーシブ仕様で貝ボタンになっています。
FEDELI(フェデーリ)のMILLIONAIRE CARDIGAN(ミリオネア カーディガン)_navy⑥

もちろん予備の釦も貝ボタン。標準仕様のプラスチック釦も決して安っぽい感じのする質感やデザインではないのですが、個人的には貝ボタンの方が好みです。
FEDELI(フェデーリ)のMILLIONAIRE CARDIGAN(ミリオネア カーディガン)_navy⑨

デザインや色の出し方は至って普通の1着ながら大きく他のカーディガンと異なるのは、この素材感。カシミアならではの”ふわとろ”な心地良さはもちろんですが、何か水分を含んでいるかのようなしっとりとした滑らかさはは、1度触ると忘れられない心地良さがあります。
FEDELI(フェデーリ)のMILLIONAIRE CARDIGAN(ミリオネア カーディガン)_navy⑦

「最高の普通」を求める私にとりましては、まさに理想の1着。秋冬にはレイヤードな着こなしが増える私のスタイリング上カーディガンは必須のアイテムなのですが、よりベーシックかつエレガントに装いたい時にはフェデリのミリオネア。逆に、艶感や色気を意識したい時にはクルチアーニと言う着分け方が出来そうですね。
FEDELI(フェデーリ)のMILLIONAIRE CARDIGAN(ミリオネア カーディガン)_navy⑧

なお、原毛が細いだけあって、取り扱いにも注意が必要だとか。特にニットは伸縮するものだからということで安易に強くひっぱったりすると、ミリオネアは「ブチっ」と切れてしまうこともあるそうです。と言うことで、脱着する際には気を使うことが求められそうですょ。
FEDELI(フェデーリ)のMILLIONAIRE CARDIGAN(ミリオネア カーディガン)_navy②

ちなみに、ソリートのスーツに合わせてひっそりとデビューをさせましたが、かなり良いです!ヴィジュアル的にも上質感が感じられますので、同じく細い繊維を使った光沢感あるスーツにもばっちりと合いますし、保温力も十分です。
FEDELI(フェデーリ)のMILLIONAIRE CARDIGAN(ミリオネア カーディガン)_navy⑩

その上、肌に直接触れることはないのですが、それでも手が触れると極上のタッチにそれだけで幸せな気持ちになれるのは精神安定剤!?の役割も果たしてくれますので、仕事にもプラスに働きそう!
FEDELI(フェデーリ)のMILLIONAIRE CARDIGAN(ミリオネア カーディガン)_navy⑪

と言う理由で、購入したことを改めて正当化しておきたいと思います。(笑)






シンプルかつベーシック、それでいてカシミア100%のカーディガンと言うのはそう多くはないと思いますので、気になる物を見つけたら是非ワードローブに向かい入れてみてはいかがでしょうか!?

Post comment

管理者にだけ表示を許可する