FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

rm55的スタイリング:2017年AW ⑤:公園アメカジスタイル

こんにちは!
本日は第5回目となります、私rm55のスタイリング(装いや着こなし)についてご紹介しようと言うコンテンツである「rm55的スタイリング」をお送りしたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■TPOとスタイリング
さて、これまではオンのスタイルを取り上げることが多かった「rm55的スタイリング」ですが、本日はオフのスタイルを取り上げたいと思います。

既に皆さまご存知のことと思いますが、私rm55はこれでも!?2児のパパ。平日は特に予定がなければ、業務後はまっすぐ家に帰って子供を風呂に入れたり、寝かせつけをしたり。また週末もパパとして2人の子供と一緒に過ごす時間を何よりも最優先しているつもりです。

上の子は5歳、下の子はまだ1歳と言うことで、幸いながら!?まだまだ親を必要としてくれておりますので楽しく幸せな時間を送っているわけですが、それでも小ささ故に、私が着ている服に対する扱いはちょっとひどい。(笑)

ひっぱたり、汚れた手で触ったりなんぞは日常茶飯事。それこそクリーニングが難しい服や、繊細な素材を使ったアイテムなどは、とてもではないですが怖くて着用することが出来ません。

それでも出かける目的であったり、嫁さんの同行の有無などによっては、子供と一緒に外出をする際であってもクラシコイタリアな装いをすることが以前よりも増えてきました。ただ、子供と一緒の際には極力汚れても良いような服装で出かけることが、自らの精神衛生上は最も好ましいことを経験から悟っております。

と言うことで、本日取り上げますのは、そんな子供たちと隣町!?の大きな公園まで遊びに行った時のスタイリングです。

この日は天気がとても良かったのですが、まだまだ寒い1月の下旬・・・。と言うことで、ウールリッチのアークティックパーカ(S:カーキ)を着ていくことをまず決めてから、スタイリングを行いました。

合わせたのはインディビジュアライズド シャツのチェックシャツ(14 1/2:赤)に、ケリーウーレンミルズのアランケーブル編みクルーネックセーター(36:オートミール)。そして古着のリーバイス501(W30)を合わせて、足元はクロケット&ジョーンズのスエード素材のカントリーブーツ(TRENT:ライトブラウン)。アクセサリーはデンツのディアスキン・グローブ(キャメル)、ニット帽はハイランド2000(グレー)です。
rm55的スタイリング:2017年AW ⑤:公園アメカジスタイル_①
※着用者:172cm 60kg

カジュアルなスタイルですのでドレススタイルのように雰囲気や見た目の印象重視ではなく、まず考えたのは機能性(保温力の高さ)。(笑)子供たちと一緒に公園に行きますと、子供は走り回ったり動き回るので寒くはないのでしょうが、それを見守っている親はかなり寒いと言うことを、これまた経験上学んでおります。(笑)

それ故のウールリッチだったわけですが、頭にあったのは王道に近いアメカジスタイル。よって、パンツは古着のリーバイスを迷いなく選び、シャツはオンではほぼ着ることのない赤ベースのチェックシャツ。
rm55的スタイリング:2017年AW ⑤:公園アメカジスタイル_②

ただ、ウールリッチがグリーンよりのカーキカラーでしたので、クリスマスっぽさが前面に強く出ないように色をコントロール。そこで用いたのは、ケリーウーレンミルズのアランケーブル編みセーターでした。ニットなので防風性は高くはないのですが、そこはウールリッチでカバーをして、ボリュームあるニットならではの保温力とシャツの色面積を抑える目的で用いました。
rm55的スタイリング:2017年AW ⑤:公園アメカジスタイル_③

更に足元はスニーカーでも良かったのですが、ちょっとした大人感!?を意識して、クロケットのスエードブーツに。これに合わせるように、グローブはキャメルカラーのディアスキングローブ。もちろんニット帽もケリーウーレンミルズのアランケーブル編みセーターの色を意識してのセレクトです。

■あとがき
結論から申しますと、当初の第1目的であった保温性はしっかりと担保されましたので、思いっきり遊ぶ子供を”ずっと笑顔で”見ていられる余裕がありました。(笑)

ただ、インナーの合わせは正直完全なる自己満足。と言いますのも、この日はバスで移動したのですが、ウールリッチのフロントの釦を開けたのはバスの中位なもので、後はずっと閉めたまま。外部の方の視線にさらされることはほぼありませんでした。

それでもこのスタイルをポストしたインスタグラムでは、私にしては珍しい「置き画」と言うこともありまして、交流をさせて頂いている方々との「置き画」トークを楽しむことが出来ましたよ。(笑)

ちなみに、ウールリッチのアークティックパーカは表地がコットン(60%)×ナイロン(40%)と言う混紡素材。その為、砂などで汚れた手で触っても手で叩いたら汚れはすぐに落ちますし、濡れた手で触られてもすぐに乾くと言う優れもの。保温力の高さに加えて”汚れにくさ”もありますので、寒がりなパパさんにはおススメのアウターだったり致します。(笑)

オフの日のカジュアルスタイルは迷走している期間もありましたが、アメカジやミリタリー、ワーク、スポーツなど、1つのカテゴリを意識したスタイリングを行いますと、ミックススタイルならではの面白みはないですが、ベーシックで、それなりの”まとまり感”のあるスタイルが出来上がるので良いかなと思っています。

と言うことで、当分子供と遊んだり、一緒に過ごす際の装いとしましては「汚れに強い」、もしくは「汚れても洗濯できる」と言うことを必須の前提条件としながら、ベーシックなカジュアルスタイルを楽しむこととなりそうです。






※本記事の内容は素人であるrm55独自のセンス、感性、見解に基づいております。プロのスタイリストのような正しい知識に基づいた装いに関する記述でありませんので、あくまで個人の趣味のブログとして捉えて頂ければ幸いです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する