<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

rm55的スタイリング:2017年AW ⑥:ブルゾン×タイドアップ

こんにちは!
本日は第6回目となります、私rm55のスタイリング(装いや着こなし)についてご紹介しようと言うコンテンツである「rm55的スタイリング」をお送りしたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■TPOとスタイリング
本日は第2回目に登場した「レザーブルゾン×タイドアップ」の変形バージョンです。

と言うことで、こんなカジュアルなスタイリングが出来るのは金曜日のみ。いや、正確に申し上げますと他の平日でも外部の方とお会いする予定がなければカジュアルなスタイルでも(私の職場環境では)問題はないのですが、自分自身の気持ちを律すると言う側面から、砕けて良いのは金曜日だけと言うマイ・ルールを設けていたりします。

更に、この日は作業!?的な仕事も若干ながらございましたので、スーツやジャケパンではなく、より動きやすいスタイリングと言う点を重視して、こんな格好で出勤致しました。

バラクータのウールベースにカシミア混素材を表地に使用したG9ブルゾン(S)を羽織り、シャツはジャンネットのコットンシャツ(XS)、ネクタイはタイユアタイのグレンチェック柄のウールタイ、中にはスリードッツのヘリンボーン柄ジレ(S:チャコールグレー)をインして、パンツはルイジボレッリのブラックデニム(29)と言うスタイル。
rm55的スタイリング:2017年AW ⑥:ブルゾン×タイドアップ_①
※着用者:172㎝ 60㎏

これに足元は、脱着のしやすいエンツォボナフェのスエードローファー。かなり、ゆる~ぃ感じのスタイリングですね。
rm55的スタイリング:2017年AW ⑥:ブルゾン×タイドアップ_②

インナーはニットの方がよりナチュラルかなと思ったのですが、理想のV字の深さがあるニットを保有していなかったことや、セレクトしているアイテムがカジュアルな分、ジレの方が多少なりともちゃんとした感が出るのかな!?と言う思惑により今回はジレをセレクトしてみました。
rm55的スタイリング:2017年AW ⑥:ブルゾン×タイドアップ_④

なお、そんな緩いコーデと言うこともありましたので色はモノトーンをベースに落ち着きある色合いでまとめ、スタイルの雰囲気全体におけるドレスとカジュアルとのバランスをとったつもりです。

ちなみにG9ブルゾンのライニングがいかにも英国的なチェック柄でしたので、ネクタイも英国っぽい!?雰囲気のグレンチェック柄をセレクトすると言う遊び心も忘れませんでした。(笑)
rm55的スタイリング:2017年AW ⑥:ブルゾン×タイドアップ_③

■あとがき
さて、上述しましたように動きやすさを重視したこともありますが、この日は作業もスムーズに完了しましたし、リラックス感を持って非常に快適に過ごすことが出来た1日でした。このスタイルをインスタグラム(ID:NFLD_rm55)にポストした際にもコメントを頂いたのですが、実はG9ブルゾンのダブルジップがかなり便利なのです。

スタイルと言う観点ではその開け幅!?でVゾーンの大きさや腰にたまる生地のシルエットを変化させることが出来ますし、機能性と言う観点では、例えば車移動であったり、オフィスでブルゾンを着たまま仕事をする際には下のジップの開け幅を調整して座り心地等に不快感を与えないようにする事も出来たりするのです。

このバラクータのジップはスイスの高級ジップの代名詞でもあるriri製なのですが、開閉も凄くスムーズですし、持ち手の金具の重量感も良い感じで、とても気に入っています。

ちなみに金曜日とは言え、唯一気になっていたのがブルゾンのライニングに使われている赤のチェック柄。ちょっと派手かなとは思いつつ、こちらもジップのお陰でその面積を適切にコントロールすることが出来ましたので、精神的にもリラックスして過ごすことが出来ました。(笑)
rm55的スタイリング:2017年AW ⑥:ブルゾン×タイドアップ_⑤

「ブルゾン×タイドアップ」な装いは、使うアイテムの色や柄、素材次第でドレス度・カジュアル度のコントロールが出来る点がとても興味深く、またそのスタイルを一度楽しんでしまいますと、極上レベルの快適さは病みつきです。

もし服装規定とTPOさえ許容するのであれば、是非皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうかっ!?きっとゼネコンにお勤めの方が現場に出られる際、なぜジャケットではなく「ブルゾン×タイドアップ」で仕事をされていらっしゃるのか。ジャケットが汚れるからと言う理由以外に、快適さがあると言うことを確実にご実感頂けるかと思います。(笑)






※本記事の内容は素人であるrm55独自のセンス、感性、見解に基づいております。プロのスタイリストのような正しい知識に基づいた装いに関する記述でありませんので、あくまで個人の趣味のブログとして捉えて頂ければ幸いです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する