<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Spacca Neapolis Ties (スパッカ・ネアポリス)By Nicola Radano(ニコラ・ラダーノ)

こんにちは!
本日は、2016年にデビューしたナポリ発のネクタイブランドである、Spacca Neapolis Ties (スパッカ・ネアポリス)を取り上げてみたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■Nicola Radano(ニコラ・ラダーノ)氏
さて、皆さんはNicola Radano(ニコラ・ラダーノ)氏をご存知でしょうか。恐らく名前までは正確に知らなくとも、下記の画像を見れば、「あっ、あのオシャレでイケメンな人ね!」と言うことでお分かり頂ける方も多いのではないでしょうか。
Spotted on British GQ during 1st day of Pitti Uomo 90
※画像は彼の公式サイトである「http://www.nicolaradano.com/」より拝借致しました。

私が最初に彼を知ったのは、pittiのスナップ写真であったようにも記憶しているのですが、正確に名前まで含めて知ったのは、私自身がインスタグラム(ID:NFLD_rm55)を始めてからです。

今でこそ海外の方からもフォローを頂けるまでになりましたが、インスタグラムを始めた当初は本Blogがきっかけとなって交流をさせて頂いていたブロガーの方や、読者様を中心にフォローを頂いておりました。つまり、日本人のインスタグラムユーザーの方にフォローをして頂いていたわけです。

それでも投稿を重ねるに従って少しずつですが海外の方からもフォローを頂けるようになってきました。そしてその中でも、ニコラ・ラダーノ氏はかなり早いうちからフォローを頂き、投稿した画像に対して気軽にコメントを下さった方の1人でした。

その頃は、イケメンでオシャレなイタリアの青年と言うイメージ。そして私とは比べ物にならないような、しっかりとした独自のブログサイトをお持ちの方と言う認識程度しかなく、交流の中心は互いが投稿をするインスタグラムの画像を通して行う「いいね!」程度でした。

ところが、そんなインスタグラムを通じた交流からほどなくして、ニコラ氏がご自身のハンドメイドネクタイのブランドである、Spacca Neapolis Ties (スパッカ・ネアポリス)を2016年に立ち上げたことを知りました。
spaccaneapolis_ties_HP
※画像はSpacca Neapolis Tiesの公式サイトより拝借致しました。

温暖なイタリアはナポリのブランドらしく、色鮮やかな色使いな中にも、
spaccaneapolis_ties_002

ニコラ氏の審美眼を通してセレクトされたネクタイの生地にはヴィンテージ感のある雰囲気(※)を感じとることの出来る、独自のスタイルが出来あがっておりました。
spaccaneapolis_ties_001
※実際にヴィンテージ生地も使用しているそうです。

私の感性からすると特徴的かつインパクトのある色、柄使いのネクタイが多い印象だったのですが、そこはファッショニスタであるニコラ氏。彼が自分のブランドのネクタイを締めた姿を拝見するに、ご自身のブランドだからということもあるのでしょうが、とてもスタイルに馴染んでいるのです。
spaccaneapolis_ties_003
※上記3つの画像は、スパッカ・ネアポリスの公式インスタグラムアカウントのページから拝借致しました。

私個人として好きなスタイル、雰囲気と言うのはあるのですが、個人的にカッコ良いと感じるのは何も自分と同じようなスタイルの人ばかりではありません。むしろ、自分とは異なるスタイルであったとしても「自分自身のスタイルを持っている方」には思わず惹かれてしまうと言うのが服好きの性でしょうか。(笑)

そう言う意味ではニコラ・ラダーノ氏も私が普段しているようなスタイルとは異なるような色、柄使いをされることが多く、しかも既にご自身のスタイルを確立されていらっしゃると言う意味で勉強にもなりますし、素直にカッコ良いと感じておりました。

そのような中で、先日ニコラ・ラダーノ氏からインスタグラムのアカウントを通じて、メッセージを頂いたのです。

■Spacca Neapolis Ties (スパッカ・ネアポリス)のトランクショー in JAPAN
「Ciao , hope to meet you in Tokyo.」

何かな!?と思ったら、「東京で会えれば嬉しいな。」と。

ニコラ氏のインスタグラムのアカウントを通じて彼が東京に来ていたことは把握していたのですが、バカンスかな程度の認識しか持っておらず、彼のコメントを見て「突然どうしたのだろう!?」と不思議に感じておりました。

そこでよくよく聞いてみると、なんと「東京でスパッカ・ネアポリスのトランクショーをしているので良かったら顔を出して!」と言うことだったわけです。これにはちょっと驚いてしまいました。

実はスパッカ・ネアポリスのインスタグラムのアカウントではトランクショーの開催が事前告知されていたようだったのですが、私はフォローをしていなかったがために全く把握が出来ておりませんでした。。

しかも東京では3月23日から25日にかけてトランクショーを開催すると言うことでしたが、ニコラ氏の来日目的がトランクショーであることを私が知ったのは開催初日であった3月23日・・・。

実は大変お恥ずかしいお話なのですが、数年ぶりに体調を崩して寝込んでしまい、22日は仕事を休んでしまっていたのです。よって、翌23日は所用でちょっと外出を予定していた以外は、仕事を早く切り上げることがどうしても出来なかったわけで・・・。その上、24日からの週末は家族の予定で泊りがけの外出予定があり、とても個人の予定を優先することが困難な状況。

ちなみに23日は六本木のエストネーションさんで、24日から25日にかけては新宿の伊勢丹さんでトランクショーを開催していたようです。翌月曜日であれば六本木ヒルズに行く予定があったのでちょうど良かったのですが、色々な意味でタイミングが合わなかったのがとても残念でした。
spaccaneapolis_ties_004
※スパッカ・ネアポリスのインスタグラムアカウントより拝借致しました。

なお、ニコラ氏には事情を説明し、今回は行けないことを謝罪したうえで、次回はもっと前に教えて欲しい!と伝えておきましたよ。

正直なことを言えば、スパッカ・ネアポリスのスタイルは私が普段好き好んでしているスタイルとは若干異なります。それでもまだお若い(確かまだ24歳!?)ニコラ・ラダーノ氏の情熱が詰め込まれたネクタイですから、次回日本で開催されるトランクショーには都合をつけて是非、訪問出来ればと考えております。

ところで、今回は東京でのトランクショーを終えた後には、静岡にあるProfessore Rambaldi さんと言う、ナポリを中心とした手縫いのアイテムを数多く扱うセレクトShopでもトランクショーを開催していたようです。
Professore Rambaldi_HP
※画像はProfessore Rambaldi さんの公式サイトより拝借致しました。

次回の日本でのトランクショーの開催有無などはまだ分かりませんが、気になる方はインスタグラムをフォローの上、次回は是非お近くで開催されるトランクショーに足を運んでみてはいかがでしょうか!?ナポリの若きファッショニスタの感性に刺激され!?新たなスタイルの道が開けるかもしれませんよ。









Post comment

管理者にだけ表示を許可する