<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

大人のグルカショーツは細めで!?:ts(s)(ティーエス・エス)のグルカショーツ

こんにちは!
本日は以前欲しいアイテムとして記事内にてご紹介しておりました、グルカショーツを取り上げてみたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■大人のグルカショーツは細めで
気にはなっていたものの昨年ようやく購入した(※)のが、英国の東インド会社が自社の利権を守るべく傭兵部隊とした、『ネパールの山岳民族から構成される戦闘集団』であるグルカ兵が穿いていたと言うグルカパンツでした。
UK MILITARY GURKHA PANTS_グルカパンツ①
※ご紹介記事「グルカパンツに挑戦!?:UK MILITARY GURKHA PANTS

もちろんカジュアルでの利用を前提としていたため、メーカーが提案しているものではなく、UK MILITARYのデットストックを購入したわけですが、やはりガチのミリタリーものは運動性、機能性を最優先に考えられておりますのでシルエットは太めです。よって、合わせるアイテムもある程度ミリタリーテイストに合ったものや、シルエット的にカジュアルなものになってきます。
グッチのホースビットローファー_⑨

このスタイルも好きなのでこれはこれで良いのですが、ワードローブ内で多くの体積を締めるクラシコイタリアなブランドアイテムと合わせるのが結構難しかったりするのです。どうせなら手持ちのアイテムを”より有効活用”したい!と言うことで、探していたグルカショーツはそんな手持ちのアイテムとも合わせやすいようにシルエットなどが現代的にモディファイされたものを探しておりました。

このような中で見つけたのが、本Blogの読者様であればご存知であろうBOGLIOLIのデザインを手がけたことでも知られる鈴木卓爾氏(※)によるブランドであるts(s)(ティーエス・エス)のグルカショーツ。
※エンジニアガーメンツの鈴木大器氏のご兄弟

ブランドの公式HPのブランド説明には、

『現代的解釈による独自のトラディショナルスタイルをベースに、ワーク、ミリタリー、スポーツなどのスタイルを取り入れながらラインナップを構成。』

とありましたが、まさに今回購入したグルカショーツはミリタリーアイテムを現代的に解釈し直したものです。

ガチのミリタリーをアメカジなどのブランドや古着とミックスさせるのも楽しいのですが、上述しましたように手持ちの(クラシコイタリアな)アイテムを上手く活用するのであれば、現代的にモディファイされたアイテムの方が合わせやすいのはいわずもがな。

しかもフルレングスのグルカパンツもそうでしたが、リアルなグルカショーツはシルエットが太さや生地感等からどうしてもカジュアル感が強くなりがち。よって、年齢を重ねた大人がそれなりに着こなそうとすると多少のテクニックとセンスが求められそうですが、現代的に再解釈されたグルカショーツであれば深い事を考えずとも大人なグルカショーツの着こなしが出来そう!?

と言うことで、ご紹介しようと思いつつ失念してしまい、ワードローブに突っ込んだままでしたのでシワがよってしまいましたが、その実物をご覧頂こうと思います。。

■ts(s)(ティーエス・エス)のグルカショーツ
今回選んだのは、薄いベージュカラーのグルカショーツです。カーキや濃いベージュなどにも惹かれたのですが、”いかにも”感が強くなることを警戒して!?綺麗に着こなせる色合いを選んでみました。
ts(s)(ティーエス・エス)のグルカショーツ_①

生地は密度のしっかりしたコットンツイルで、グルカパンツらしいインプリーツがしっかりと入っております。
ts(s)(ティーエス・エス)のグルカショーツ_②

こちらはバックサイド。ヒップの補強にもデザインのコダワリが感じられますね。
ts(s)(ティーエス・エス)のグルカショーツ_③

そしてこちらはグルカパンツ、ショーツの特徴の1つでもある幅広なウエストマン。ハイウエストになりますので、「The日本人体型」の私でも足が多少は長く見えるでしょうか!?(笑)
ts(s)(ティーエス・エス)のグルカショーツ_④

もちろんウエストはサイドアジャスターで調整する仕様です。
ts(s)(ティーエス・エス)のグルカショーツ_⑤

夏場にはガンガン穿いて、ガンガン洗濯をするとまた風合いが出てきてカッコ良くかるかなぁなどと思っていたりします。
ts(s)(ティーエス・エス)のグルカショーツ_⑥

ちなみに、私(※)がサイズ「1」を穿きますとこんな感じです。太すぎず、かと言って細すぎない絶妙なシルエット。サイズ「1」でウエストは実寸75cmくらいかなと思います。丈は膝上ですが、少し折り返して短めに穿こうと思っておりますょ。
ts(s)(ティーエス・エス)のグルカショーツ_⑦
※着用者:172cm 60kg

こちらはサイドビュー。幅広なウエストマンがしっかりとウエストをホールドしてくれるので安心感もありますし、心地良いです。リネンのシャツや、サファリシャツなんかを合わせ、足元はローファーやグルカサンダル等を合わせたいと思っています。
ts(s)(ティーエス・エス)のグルカショーツ_⑧

昨今のトレンドキーワードの1つである「コロニアル」。前回はややエレガントテイストが強めのサファリジャケットの着こなしをご紹介しておりましたが、今回は同じ「コロニアル」なキーワードでもカジュアルより。合わせるアイテム次第ではドレスより、カジュアルよりにも振れそうかなと思っておりますので、今年の夏は色々と試してみたいと思いますっ!






グルカパンツ(ショーツ)はラルディーニをはじめ多くブランドから提案されておりますので、好みのテイストやスタイル、ご自身のワードローブと相談しながら好みの1着を選んでみてはいかがでしょうかっ!?











Post comment

管理者にだけ表示を許可する