<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

「ジャケット×ポロシャツスタイル」を考える

こんにちは!
本日は、「ジャケット×ポロシャツスタイル」を考えると言うテーマで、コラム的にお送りしたいと思います。

それでは、まいりましょう。

■ジャケット×ポロシャツスタイルはアリか!?
さて、皆さんは「ジャケット×ポロシャツスタイル」をご存知でしょうか!?

スーツやジャケパンスタイルのインナーにシャツではなく、ポロシャツを合わせると言う着こなしですね。特段目新しいスタイルではないものの、今季は改めて!?ジョンスメドレーのニットポロを始め、各ブランドから様々なポロシャツが提案されていることからも注目されているスタイルの1つだと思っています。
ジャケット×ポロシャツスタイル_001
※上記画像はring(リング)さんより拝借致しました。

セレクトショップではこう云ったスタイルをよく提案しておりますし、個人的にも意外と「良いかも!?」と感じたりするものの、実際街中でこのようなスタイルをされている方を拝見したことはまだないですし、「良いかも!?」と思っていても、実際に自分でやってみよう!と言うところまでは至っていないのが実際のところです。
ジャケット×ポロシャツスタイル_002
※上記画像はginlet(ジンレット)さんより拝借致しました。

なぜ「やってみよう!」と自分自身が思わないのかを少し考えてみますと、いくつか思い当たる節がありました。

まず第1点が、「着こなしとしてのバランス感に違和感がまだある」と言うもの。ここ最近、私は手縫いのスーツやジャケットを好んで着ておりますが、これらは正統なるメンズドレスファッションの歴史を継いでいるものと理解していることもあり、着こなしとしても出来るだけ正統な着こなしをしたい!と考えています。

よって色や柄で遊ぶことはあっても、手縫いのスーツやジャケットにはスポーツに起源を持つカジュアルなポロシャツを合わせると言う着こなしよりも、やっぱりシャツを合わせたいと思っています。もしリラックス感、清涼感などを表現したいのであればシャツを第2ボタンまで開けてみたり、もしくはイタリアンカラー(ワンピースカラー)のシャツを選ぶと言うアプローチが適切かなと。




続いて第2点目が、スーツやジャケットの袖が汚れるのが気になると言うもの。本Blogをご覧頂いている方であれば、シャツの袖はジャケットの袖よりも1.5cm前後長くしておくのが、スーツやジャケットの正しい着こなしであることはご存知かと思います。

今でこそ手軽なスーツやジャケットも目に致しますが、機械による量産化技術が出来る前までは全てのスーツやジャケットがビスポーク、いわゆる手縫いにて仕立てられていたわけですね。しかも今も昔も変わらず、手縫いのスーツやジャケットは高価なもの。よって、王族貴族や、余程裕福な方でもない限りは何着も仕立てるのが難しかったと思われます。

このような時代背景の中で生活の知恵として!?出て来た着こなしが、当時は下着としての位置づけであったシャツの袖をジャケットの袖よりも長くとり、ジャケットの袖が汚れるのを防ぐと言う着こなしだったと言われています。こうしておけば肌とジャケットが直接触れることがなくなるため、洗濯をするのはシャツだけでよくなるわけですね。

また、こうすることで袖の痛みを極力防ぐことが出来るので、子供にスーツやジャケットを引き継ぐことが出来たと言います。今でも仕立てなおしを前提とした名残がジャケットやパンツのディティールに残っていたりしますが、昔は数世代掛けて高価なスーツやジャケットを着ていたわけです。

今ではクリーニング技術も発達しておりますし、子供にスーツやジャケットを引き継ぐと言う服飾文化は少なくとも日本ではないように思いますが、個人的にはジャケットと肌が直接触れると言う着こなしは、あまり好きこのんではおりません。

過去に購入し、だいぶ着込んだマシンメイドのジャケットであったり、チルコロやTジャケットのようなカジュアルなジャージジャケットであれば気にならないとは思いますが、「ジャケット×ポロシャツ」スタイルをしたいがためだけに購入するのも・・・。(汗)



そして第3点目が、ジャケットのラペルとポロシャツの襟との関係性に、若干の違和感が残ると言うものです。ポロシャツはその名の通り、ポロ競技に起源を持つ(テニス競技と言う説もあり)スポーティなアイテムであり、今現在は夏場のリラックスウェアの1つとしても認知されておりますので、襟付きとは言え柔らかく、カジュアルな表情を持ちます。

この襟をジャケットの中に入れてしまうと、ジャケットのラペルに負けてしまいポロシャツの襟が綺麗に見えません。もちろん、上記の着こなしようにジャケットのラペルの外に出すと言う着こなしもありますが、子供の頃に見ていたTV?もしくは映画の影響なのでしょうか。どうしてもジャケットの外に襟を出す着こなしを見ると、チ○ピラをイメージしてしまい、個人的にはしっくりこないのです。。(笑)

と言うことで上記3点を持って、自分の中では「ジャケット×ポロシャツスタイル」がアリになりきれていないのだと理解しているのですが、皆さんはいかがでしょうかっ!?

■ジャケット×ポロシャツスタイルを「アリ」にするために出来ること!?
それでも様々ところで「ジャケット×ポロシャツスタイル」を目にするにつけ、自分もチャレンジしてみたいなぁと思ってしまうのは、もしかしたら服好きの性なのかもしれません。(笑)

このような中で、こう云う方法であればアリかも!?と個人的に考えているスタイルがあります。それは、手縫いに比べるとクリーングに出しやすいマシンメイド仕立ての植物性繊維を使ったスーツやジャケットに合わせると言うもの。



一般的に植物性繊維であるコットンやリネンは動物性繊維であるウールよりも安価に購入することが出来ますし、マシンメイドであれば尚更手が出しやすいですね。

更に素材の持つ雰囲気も、いわゆる正統なメンズクラシックのそれではなくカジュアルより。よってポロシャツなどのスポーティなアイテムも合わせやすいかなと。実際、冒頭にご紹介したring(リング)さんの着こなしは、コットンスーツを合わせていらっしゃいます。

これで私自身が課題と感じていた「着こなしのバランス感」に対する問題と、「肌が直接触れることによる袖の汚れ」に対しても解決策を持って望むことが出来るのかなと思うのです。

そしてジャケット、スーツ側での工夫に加えて、合わせるポロシャツ側でももう一工夫を施します。それは、襟に芯材を用いていたり、襟立ちがしっかりとしたポロシャツを選ぶと言うもの。

実は先日、普段お世話になっているSharonさんに訪問した際に手縫いのポロシャツであるモンテサーロのポロシャツや
モンテサーロポロシャツ001
※モンテサーロの手縫いのポロシャツ

現在最も気に入っているシャツであるルカアヴィタービレのロングスリーブポロシャツが入荷していたので拝見させて頂いたのですが、ジャケットに合わせても襟が負けない襟立ちの良さに加えて、綺麗に襟がロールするのでドレスシャツライクに着こなせると言う点に、とても魅力を感じました。
ルカアヴィタービレポロシャツ001

実際お客様からの反応も良いようで、ドレスシャツ並みにお高い価格ながら、既にサイズ欠けしているモデルも多々ありましたょ。私は予算上の関係もあって”一旦”見送ったのですが、こういった襟を持つポロシャツであれば上記に挙げた「ジャケットのラペルとポロシャツの襟との関係性」と言う3点目の課題も解決出来そうかなと感じた次第です。
ルカアヴィタービレポロシャツ002
※上記のモンテサーロ、ルカアヴィタービレのポロシャツ画像は、Sharonさんの公式HPより拝借致しました。

と言うことで、私も「ジャケット×ポロシャツスタイル」をデビューする日がもしかしたら近いのかな!?なんて思っていたりしますが、トレンドに敏感なファッショニスタの皆さまの着こなしから技を盗みつつ、来る日を楽しみに待ちたいと思います。(笑)








※上記はしっかりした襟を持つオリアンの格安ポロシャツ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する