<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

アメカジミックスが気分です!?:Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

こんにちは。
本日は前回ご紹介したRalph Lauren(ラルフ・ローレン)のデニムシャツを使ったコーディネートのご紹介です。最近はアメトラ(アメカジ)を若干意識したコーディネートが気分です。オールデン、ラルフローレンなどのアメリカントラッド(アメカジ)なブランドを取り入れながら、そこにイタリアインポートをミックスしていく。私自身今までのファッション人生?で、アメトラ、アメカジにハマった時期というのはないのですが、なんか新鮮でいいかなと思っています。

では、まずはシャツのシルエットから見ていきたいと思います。
ご覧ください。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

サイズは172cm 59kgでXSをセレクトしました。全世界統一サイズになったということですし、クラシックフィットモデルだったので、XSでも正直大きいかなと思っていたのですが、肩周り、胸周りはかなりフィットしています。若干ウエスト周りに余裕を感じますが、カジュアルシャツですし、これだけのフィット感であれば十分だと思います。

続いては、バックスタイル。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

ラルフローレンのアイテムは、最近ですとアウトレットで購入することが多かったので、プロパーで購入するのは久しぶりですね。アウトレットでもデニムシャツはあったのですが、こういったシルエットではなく、いわゆるアメリカンなサイジングのアイテムしかありませんでした。

他のアイテムはパンツがシヴィリアのホワイトデニム(30)、ベルトはダミコのアルカンターラ素材のリングベルト(85)、靴はフェランテのTICINOです。

こちらに、ラルディーニのハニカムジャケット(42:ベージュ)を羽織るとこうなります。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

イメージしていた、ほど良い抜け感と、アメカジの風を感じる?ことができました。下記は以前ご紹介しました同じようなコーディネートですが、シャツがフィナモレのセルジオです。台襟が高く、カッタウェイカラーなのでイタリアンな雰囲気がより出ているかと思います。
無印良品のコットンシルク洗えるVネックカーディガン

続いては、ジャケットの代わりに、コチラでご紹介したバラクータのG4スウィングトップを着てみました。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

上半身がアメトラ、下半身がイタリアといったところでしょうか。
アウターをバルスタリーノにかえ、AD56のリネンニットタイをしめてきました。パンツは、ベージュのチノパンの方がはまるコーディネートかもしれませんね。ただ、デニムシャツにタイドアップするスタイルはお気に入りです。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

いかがでしたでしょうか。
ホワイトデニムは変えずにトップスだけを変えてみましたが、ラルディーニのハニカムジャケットやバラクータ、バルスタリーノとの組み合わせなんかはイメージに近く、程よくアメトラやアメカジを取り入れることが出来たかなと思います。

次回はカーゴパンツやチノパンなど、アメカジ、アメトラを意識したパンツ?とのコーディネートを見てみたいと思います。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/180-e0c7da7d