<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

こなれ感ならデニムシャツ!:Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

こんにちは。
本日は前回に引き続き、Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)のデニムシャツのコーディネートをご紹介したいと思います。ちなみに予告通り、カーゴパンツやチノパンなど、アメカジ、アメトラを意識したパンツとのコーディネートとなります。

では、見ていきたいと思います。
まずはカーゴパンツから。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

パンツはシヴィリアのカーゴパンツ(29)で、ベルトはアンボワーズのスエードメッシュベルト(90)、靴はフェランテでのエレガンテ(スエード)です。パンツのテーパードのきいたシルエットとフェランテがイタリアの風を感じさせておりますが!?、全体的にはこなれ感が大分でておりますね。今の私の気分にはぴったりの雰囲気です。

ドルモアのコットンニットなどを肩がけして、少しエレガンス?をプラスするとこんな感じ。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

そして次は、合うかな、どうかなと思いながらも、タリアトーレのダブルブレスト、リネンコットンの6Bジャケットとも合わせてみたのでご覧ください。アトリエF&Bのオレンジのペイズリーチーフも差し色として使いました。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

使うカラーの種類を抑え、シンプルにすることで違和感が出ないようにと配慮してみましたが、どうでしょうか。個人的には結構いけるかも!?などと思っています。ただ、タリアトーレをデニムシャツとカーゴパンツと合わせるのであれば、3つ釦どめでラフに?着こなしてみると、より雰囲気はあうのかなと。こんな感じです。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

最後はチノパンとの組み合わせです。裾は無造作にロールアップしました。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

パンツはインコテックスレッドのチノパン(30)、ベルトはフェリージのカーフ、靴はフェランテのエレガンテ(カーフ)です。実は試着しに行った際のコーディネートです。自分の中では結構ハマった感もあり、購入につながりました。(笑)

カンタレリのリネンジャケットを羽織るとこんな感じ。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

釦をしめると。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

AD56のリネンニットタイでVゾーンをドレスアップ。
Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)インディゴ シャンブレーシャツ(デニムシャツ)

ラルフのデニムシャツは、色落ち具合もほどほどで使いやすそうな色合いだと思います。定番のシャツのようですが、毎回人気のようですので、気になる方は早めに店頭でチェックしてみたほうがよいかもしれませんね。

デニムシャツはほど良くチカラの抜けた雰囲気をお手軽に!?作り出せるので「こなれ感」を醸し出したいときには是非取り入れたいアイテムの一つです。

最近は様々なブランドからデニムやダンガリー、シャンブレー系のシャツは提案されていますし、イタリアインポート系でこだわりたい方は、イレブンティあたりなら上品すぎず、ほど良い塩梅のデニムシャツがあったと思うのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/184-7b648ef5