<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

roberto collina(ロベルトコリーナ)のケーブル編みニットを購入!

こんにちは。
本日は、以前コチラの記事にてご紹介したキャンペーンを使って、roberto collina(ロベルトコリーナ)のケーブル編みサマーニットを購入したので紹介したいと思います。

roberto collina(ロベルトコリーナ)。本Blogでも何回か出てきた名前ですが、私自身購入したのは初めてのブランドですのでさらっと歴史に触れておきたいと思います。誕生したのは、1981年、イタリア中部の都市ボローニャでの創業です。前身は1958年に両親が始めた「ロベルト・アデルモ」という企業だったようです。その頃はアクリル素材などの安い素材を使った製品をドイツに販売していたそうですが、コリーナ氏が20歳で自分のコレクションを立ち上げたのちに、コットンやウール、カシミアといった自然素材を使うようになっていったのだとか。

ニットウェアの専業ということで、糸選びにはこだわっているそうで、今はイタリア製が80%、残り20%はスコットランドものだそうです。

今でもイタリアメイドにこだわってハイクオリティーな品質と技術をもって、トレンドを巧みに取り入れながらも、シンプルで自然体のニットウェアを生産(自社工場にて)しています。特に、メゾン系ブランドであるプラダのニットウェアを手掛けていることでも有名ですね。

そんなブランドがロベルトコリーナなのですが、今季は少しニットウェアを買ってみようと年始から思っておりました。今まではジャケットやシャツ、パンツなどの主役?というか、核となるアイテムへの投資が多かったのですが、自分のワードローブ事情を踏まえて、そろそろ着こなしに奥行きや深みといったエッセンスを加えてくれるような、ニットウェアのようなアイテムを増やしてもよいのかなと。今まではどうしても優先順位が下がりがちで、無印良品などで代用?していたことも多かったので。

そのような流れのもとで、コチラの記事にてご紹介したドルモアのVネックコットンにットをアウトレットで購入したわけですが、今回購入したのは、サマーニットということでコットンリネン素材のアイテムとなります。

では、ご覧ください。
太陽光が入っているので、若干正確な色が伝わりにくいですが、表記上のカラーはネイビーです。
roberto collina(ロベルトコリーナ)のケーブル編みニット①

春夏にケーブル編みというのが気に入りました。クルーネックに長袖。
ほど良いボリューム感と、リネン特有のシャリ感というか、光沢感がいい雰囲気です。
roberto collina(ロベルトコリーナ)のケーブル編みニット②

メランジなので、立体感というか躍動感が感じられる表情ですね。単色だとなかなか出ない表情だと思います。また、リネンを使っているので、よりその表情の変化が楽しめます。
roberto collina(ロベルトコリーナ)のケーブル編みニット③

もちろん、メイドインイタリー。
roberto collina(ロベルトコリーナ)のケーブル編みニット④

クルーネックのニットを購入したのは、本当に久しぶりです。
roberto collina(ロベルトコリーナ)のケーブル編みニット⑤

袖周り。結構な細さですね。
roberto collina(ロベルトコリーナ)のケーブル編みニット⑥

若干リゾートスタイル?をしてみたいな、ということで購入してみました。
172cm 59kgでサイズは44をセレクトしましたが、思ったよりもフィットしている印象です。下にはシャツなどではなく、カットソーなどを着たうえにさらりを羽織ってみたいなと。

次回は、コーディネートをご紹介できればと思います。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/196-7f1520b9