<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

2014年版「ロンドン・メンズファッション SNAP」を公開!

こんにちは。
ワールドカップは残念でしたね。もう終わってしまったことですが、この経験から何を学び、次につなげていけるのか。また4年後に向けてのスタートが切られた今、選手の皆さまには頑張って頂きたいと思います。

さて、本日は予告通り、「ロンドン・メンズファッション SNAP」と題して、最新のロンドン・ファッションスナップをお届けします!

といっても、プロのカメラマンがとったわけではなく、私rm55が歩きながら撮ったSNAPなので、正直ご期待に添えるような品質ではないのですが、少しでもロンドンのファッションシーンを感じて頂けたらと思います。ちなみに、イギリスといえばジェントルマンの国なので、スーツ/ジャケットがメインです。

なお、撮影場所はジャーミンストリート、ニューボンドストリート&オールドボンドストリート(ラグジュアリーブランドが多い通り)界隈が中心です。では、ご覧ください。

■ロンドン ビジネスマンSNAP2014

①ネイビースーツ×ブラックローファー
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP①
ロンドンではネイビー系のスーツを着ている方をとてもよく見かけました。やはりクラシックファッションの聖地だからなのか、イタリアのように色で遊んでいる方はおらず、ネイビー以外は、ブラック、グレーといった定番カラーのスーツの方が9割以上をしめた印象です。

②ジャケパン×ニットタイ&ノークッション丈
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP②
右の男性に注目です。ブラックのジャケットに、ネイビーのパンツ、そしておそらくは濃紺のニットタイ。個人的に気になったのが、パンツの丈。かなり短いですよね。ロンドンではかなり珍しい丈の短さで、私が見かけた人のほとんどはワンクッションなど長めの方が多かったです。

③ネイビースーツ×クレリックシャツ
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP③
電話をかけながら歩く男性。濃紺のスーツは、珍しくダブル仕上げ。靴はキャップトゥと品のある身だしなみ。気になるポイントはクレリックシャツ。分かりにくいのですが、ブルー×ホワイトのクレリックです。結構クレリックシャツを着ているビジネスマンは多かったですね。個人的にサイズ感がステキだと感じた紳士の一人です。

④グレンチェックジャケット×ロンドン・ストライプ(ブロックス・ストライプ)
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP④
シガレット(タバコ)Shopのショーウィンドウを見ているこちらのジェントルマン。グレンチェックのジャケットに、ブルーのロンドン・ストライプ(ブロックス・ストライプ)シャツをインしているのが印象的でした。

⑤グレーのダブルブレスト6Bジャケット
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP⑤
結構大柄な男性であった記憶があります。おそらく自身の肩幅よりも広めにとられたであろうジャケットの肩幅はなんだかクラシックなイングリッシュスタイルを彷彿とさせるのですが、いかがでしょうか。

⑥ブルーのクレリックシャツ×イエローレジメンタルタイ
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP⑥
この紳士もブルーのクレリックシャツです。これにイエローのレジメンタルタイを合わせていましたが、結構目立っていました。もちろんレジメンタルは英国式の右上がりのストライプ。足元の明るめのブラウンも目立ちますね。

⑦ネイビースーツ×グレーのニットタイ
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP⑦
この方も光沢感のあるネイビーのスーツに、ブラックローファー。そしてグレーのニットタイをしめておりました。スタンダードな着こなしなのに、カッコよく見えるのはうらやましい限りです。

⑧ネイビースーツ×ウィングチップ
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP⑧
この紳士も明るめのネイビースーツ。ただ、足元はウィングチップで軽快感がありますね。ちなみにジャケットの裏地はレッドで、ドット柄のネクタイとカラーあわせ。ロンドンでは、私の予想以上にブローギング(穴飾り)シューズを履いている方が多かったです。

⑨イエローサングラス
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP⑨
ホワイトのボタンダウンシャツをたくしあげて、ネイビーパンツとウィングチップのシューズ。これだけだと普通なのですが、アクセントとしてイエローのサングラスを頭にのっけていました。あまりイギリス的な着こなしではないかもしれませんが、エルメスのオレンジの広告をバックにキマっていましたよ。

⑩ネイビーダブルブレスト6Bジャケット×ダブルバックル
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP⑩
若干トラウザーズ(パンツ)の丈が長いかなぁという印象もぬぐえませんが、カッコよくネイビーのダブルブレストスーツを着こなしておりました。足元もブラックのダブルバックル(ダブルモンクストラップ)とお洒落ジェントルマンです。

⑪ナローラペルスーツ
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP⑬
セクシーな女性とともに悠々と歩くこちらの紳士。注目はかなりのナローラペルであるこのスーツ。こちらはニューボンドストリートという高級ブティックが立ち並ぶ通りで撮影したので、ちょっとモードな雰囲気が漂っていますね。タイもしっかりナロータイであわせております。

⑫ジャケット×スニーカー
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP⑫
なかなか見ないイタリア的な着こなしの男性にようやく出会えました。(笑)グレーのストライプジャケットに白パン、そして足元には蛍光系グリーンのNIKEのスニーカー。ちなみに分かりにくいですが、インナーにもグリーンのニットを差しこんでいるのを私は見逃しませんでした。(笑)

⑬ダブルジャケット×スニーカー
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP⑭
もう一人、ジャケット×スニーカーという着こなしの紳士を発見。こちらの紳士は、マリンテイストの入ったダブルブレスト6Bジャケットに、デニム、そしてチェック柄のスニーカーというコーディネート。もっとしっかり撮りたかったのですが、前を歩く女性とタイミング的にかぶってしまい、こんな感じに。でも、なんだかこういうコーディネートをロンドンでみると安心します。(笑)

⑭ロンドンのビジネスマンのランチ
2014年版「ロンドン・メンズファッション」SNAP⑪
最後は、ちょっとしたおまけです。
ちょうどお昼ぐらいでしょうか。外でビールを片手に語り合うビジネスマンの方々。サングラスをかけて、本当に絵になりますね~。日本でビジネスマンが昼ビー(昼からビール)なんてしたら問題になりそうですが、憧れます!?(笑)

■ロンドンの(ビジネス)ファッションシーンを振り返る
ということで、少しはお楽しみ頂けましたでしょうか?
現地のファッショニスタというよりは、リアルビジネスマンという方を中心にセレクトしたつもりですが、個人的には、想像に近い、コンサバティブな着こなしの方が多いという印象でした。ただ、日本のビジネスマンと比較すると、シャツやタイのカラーで遊んでいる方が多いようにも感じています。

そのような中でパンツの丈の長さと、裾仕上げが圧倒的にシングルが多いことは驚きでした。パンツの丈は駅などでも観察しましたが、9割以上の方が長めでクッションさせており、さらにシングル仕上げ。ノークッションという方を見かけたのは旅行中に片手で済むくらい。そういう意味では日本のビジネスマンの方のほうがトレンドに敏感なのかもしれないですね。

SNAPはやっぱりイタリアでしょ!という方。先日開催されたピッティウォモの最新SNAPは「GLOBER Snap Vol.3」がおススメです。

さて、次回はいよいよあの聖地を訪れます!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/245-6f408cb3