<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

紳士靴の聖地 Northampton(ノーサンプトン)を訪れる

こんにちは。
本日はメンズファッション聖地シリーズの最終回、「紳士靴の聖地」と呼ばれるイギリスはNorthampton(ノーサンプトン)に行ってきましたので、ご紹介したいと思います。
※英語の「th」の発音は、舌が前歯の裏あたりに当たる感じになりますので、現地の方の発音だと「ノーサンプトン」に聞こえます。ノーザンプトンという表記をよくみかけますが、今回はノーサンプトンと記載することにしました。

■Northampton(ノーサンプトン)とは
ノーサンプトンとは、ロンドンから北に100kmほどの場所にある人口21万人ちょっとの街のことです。ロンドンから車だと50分程度、電車だとロンドンユーストン駅からミッドランド鉄道で1時間ちょっとの距離です。

なぜ「紳士靴の聖地」と呼ばれるようになったのかというと、世界的にも有名な紳士靴メーカーである、ジョン・ロブやエドワード・グリーン、クロケット・ジョーンズ、チャーチ、トリッカーズといった英国を代表する高級靴の製造工場が一同にかいしているために、そのように呼ばれています。「紳士服の聖地」と言われるサヴィル・ロウと考え方は一緒ですね。

ノーサンプトンになぜ、そのような高級靴の製造工場が集まったのかというと、一説には、牧草地帯で靴の材料になる食用牛の飼育に適していたということ、そして革靴を制作する工程において必須となる革のなめしに必要な水やナメシ剤となる樫の木が豊富だったから、と言われています。

■ロンドンからノーサンプトンへの行き方
今回は嫁さんの友人の結婚式があるために、はるばる日本からイギリスにやってきたわけですが、唯一ここだけは行きたいと嫁さんにお願いした場所こそ、ノーサンプトンなんです。(笑)既にご紹介したジャーミンストリートや、サヴィル・ロウはロンドンの中心部であるピカデリーサーカスからほどない距離にあるため十分行ける距離。ただ、ここだけはロンドンから大きく外れるので、同意が必要というわけなんです。(笑)

ということで、調べるとロンドンのEuston(ユーストン)駅からミッドランド鉄道で1時間前後。ただ、大人は片道£26。当時のレートである171円で計算すると片道4500円弱!た、高い・・・。

しかし、ミッドランド鉄道のHPにて、事前予約をすると片道£7になることが分かりました!1千円ちょっとなら全然OKですね。※ピーク時は安くならないようです。
ミッドランド鉄道HP


ということで、予約してクレジットカード支払いをすると予約コード(Booking confirmation number)が送られてくるので、これを印刷して現地に持って行きます。

ちなみにここがロンドン ユーストン駅。結構大きなターミナル駅で、朝から多くのビジネスマンやらでいっぱいでした。なお、私たちはユーストン駅までバスで行きましたよ。
go to Northampton(ノーサンプトン)②

駅構内に、こんな赤い色のチケット発券機があるので、こちらでチケットを受け取ります。
go to Northampton(ノーサンプトン)③

自動発券機にタッチして、事前に送られてきた予約コードを入力すると、チケットが発券されます。
go to Northampton(ノーサンプトン)⑤

構内の中心部に大きな電光掲示板がありますので、そちらにて何番線から出発するのかチェックします。
※出発の2~30分前くらいにならないと表示されないようです。
go to Northampton(ノーサンプトン)④

無事に電車にのり、出発!
だんだんのどかな風景に変わってきます。子供と一緒に遊んでいると、結構あっという間でした。
go to Northampton(ノーサンプトン)①

ノーサンプトンに到着!
駅からでるとタクシー乗り場がありますので、そちらからジョン・ロブのファクトリーに向けて出発です。
go to Northampton(ノーザンプトン)⑥

なお、タクシーの運転手にジョン・ロブのファクトリーショップといっても通じないので、GoogleMapと住所を持って行けば安心です。ちなみにジョン・ロブであれば「オリバーストリート」と言えば話が早いようです。

■ジョン・ロブのファクトリーShopへ
到着するとそこは住宅街。一瞬本当にこの場所なのかという不安がよぎるのですが、門に「JOHN LOBB FACTORY SHOP」の文字が。ちょうど警備の方が出てきたので、中に入れてもらえました。
ジョンロブファクトリーSHOP①

中はこんな感じ。
ジョンロブファクトリーSHOP②

サイズ毎に靴箱が並んでおります!
ジョンロブファクトリーSHOP③

ただ、マイサイズの在庫のあるモデルはちょっと少なめでした。どうやら最後に入ってきたのが3週間も前で、今は種類が少ないそう。。残念。とはいえ、1歳半の娘がShop内を楽しそうに走りまわるのを片目に、箱を片っ端からあけていると「!」。

ファクトリーに来る前にあったら欲しいなと思っていたモデルがあるではありませんか。ちょっと高かったので悩んだのですが、こちらは後日ご紹介いたします。(笑)
※価格はモデルによって異なるのですが、シャンボードで£440、ロペスで£370といった感じで、日本円で6万円~7万円代からといったところ。決して昔のように一律£210という感じではないのでご注意ください。

なお、Shopスタッフさんがいらっしゃいますので、購入された方はその場でVAT還付(TAXリファウンド)の依頼をすれば書類を作成してくれますよ。

■エドワード・グリーンのファクトリーShopへ
次いで、予約していたエドワード・グリーンへ。タクシーはずうずうしくもジョン・ロブのショップスタッフさんに依頼して呼んで頂きました。
エドワード・グリーンは事前予約が必要です。2016年11月時点では、予約は不要になったそうです。

ジョン・ロブのファクトリーからタクシーで10分くらいでしょうか。エドワード・グリーンのファクトリーに着きました。
エドワードグリーンファクトリーSHOP①

工場内では何やら職人さんが革をカッティングしている模様。インターホンを押し、予約しているrm55だというと、扉を開けて、中に入れてもらえました。
エドワードグリーンファクトリーSHOP②

スタッフの方に連れられてファクトリーShopへ。こちらはジョン・ロブとは異なり、箱から出した状態で、片足づつ棚に並べられていますので、すぐに気になるモデルを見つけることができます。
エドワードグリーンファクトリーSHOP③

写真を撮ったのですが、どうやら本来は撮影しては行けなかったようで、掲載は差し控えさせていただきます。
エドワード・グリーンは事前予約が必要ということで訪問者が少ないのか、モデル数はかなりありました。人気のチェルシー、アスキス、ミッドフォード、ドーバーなど色こそ多くはありませんが、見応えは十分。価格も£295~£330が中心価格帯と思ったよりも良心的でした。

ジョン・ロブで購入してしまったため、見るだけのつもりが思いのほか良心的な価格に気持ちが動きます。試着だけと自分に言い聞かせるのですが、とうとう我慢できずにチョロチョロっといってしまいました。。(汗)こちらも後日ご紹介いたしますね。ちなみに、こちらでもVAT還付は対応してもらえますし、シューツリーも£70で購入できます。
※ジョン・ロブではシューツリーが品切れでした。

■ノーサンプトン唯一の商店街へ
正直、他のメーカーも色々見たかったのですが、嫁さん、子供が一緒だとこれが限界だと思い、今回はジョン・ロブとエドワード・グリーンのみで帰る計画にしておりました。

ジョン・ロブから乗せてくれたタクシーの運転手の方がいい感じだったので、電話番号を聞いていたのです。帰りは電話をして再度ピックアップ頂き、運転手おススメのランチスポットへ。正直靴のファクトリーショップ以外はノーリサーチでしたが、一番栄えているという商店街まで乗せて頂きましたよ。
ノーサンプトンの街並み

ランチを食べ、嫁さんは商店街でショッピング。私は子供の面倒を見るというお約束の恩返し。(笑)思いのほか可愛い雑貨が購入できたようで、嫁さんも大喜び。また先程のタクシーの運転手に迎えに来て頂き、ユーストン駅まで送ってもらいました。

■ノーサンプトンを訪問して
正直、「靴の街」というイメージがあったのですが、タクシーから見渡す街並みは、至って普通のイギリスののどかな街なみといったところで拍子抜けした感はあります。帰ってから調べると、1968年にニュータウン法によって指定され、ニュータウンとして発展することになったのだとか。確かに若い夫婦が多かったように思います。

また、年々英国国内において靴関連の仕事に携わる人は減っているようで、そういったことも多少は影響しているのかもしれないな、などと一人想いにふけっておりました。それもそのはずで、戦前は100社以上もあった靴の製造メーカーも、1950年代以降淘汰されはじめ、現在は数社のみなんだとか。

しかしながら、数百年と続く靴づくりの文化は確かに存在しており、エドワード・グリーンのファクトリーで見かけた職人さんは格好こそラフでしたが、目は真剣そのもの。ここから紳士の靴が世界に向けて生み出されているのかと思うとこれまた想うものがありますね。

ちなみに、ノーサンプトンには靴の博物館があるということを帰国後に知り、ショック。せっかくだし行きたかったなぁと。まぁ、子供と一緒だったので難しかったかもしれませんが、もし今後行かれる方は、是非チェックしてみてください。
※Northampton Museum & Art GalleryのHP

■訪問したファクトリーShopの情報
最後に、私が訪問したファクトリーShopの情報を記載しておきます。

ジョン・ロブ
Oliver Street, NORTHAMPTON NN27JL
TEL:+44 1604 715011
営業時間:月曜~金 9:00~17:00 土9:00~12:00

エドワード・グリーン
Cliftonville Road, Northampton, NN1 5BU
TEL:+44 1604 626880
営業時間:月~木 9:00~16:30 金:9:00~16:00
※予約は電話で可能です。(英語のみ?)

さて、次回はノーサンプトンのファクトリーShopで購入した靴をご紹介できればと思います。

Comment

BIGWING says... "グリーンのファクトリーについて"
始めての書き込みです。
私も同じ30代でファッション大好きで共通点多いため、いつも楽しく拝見させて頂いております。
ロブとグリーンのファクトリー訪問記とてもためになりました!めちゃくちゃ参考になります。
実は来月に旅行でノーザンプトンに訪問予定なのですが、差支えなければ一点質問させて頂いてもよろしいでしょうか。

グリーンのファクトリー訪問は他のファクトリーと違い事前の予約が必要のようですが、事前予約はどの程度前に取られましたでしょうか?(事前予約は工場見学という名目で連絡すればよろしいのでしょうか?)何か注意点等あればお教え頂けますと幸いです。
また、奇遇なことに私もrm55様と同じUK6.5なのですが、このサイズ帯はブラックやダークオークなどの定番カラーだと結構選べるような状況でしたでしょうか?(もちろん実際はタイミング次第かと思いますが。。)

初イギリス旅行でジャーミンストリートへの訪問含め今から楽しみで仕方ありません!!
2014.07.29 00:09 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: グリーンのファクトリーについて"
>BIGWINGさま
初コメありがとうございます!記事がご参考になったということで、とても嬉しいです!私にとっては、Blogを書いていてよかったと思う最高の瞬間です。同じ30代、ファッション好きということで、今後も宜しくお願い致します。

さて、ご質問頂いた件ですが、下記の通りご回答致しますね。

・予約実施日:
訪問の10日前くらいだったように思います。
日本のようにしっかり管理されているか分からないので(笑)、あまり前過ぎると忘れられちゃうかもしれないと思い、1週間から10日前くらいに予約しました。

・訪問目的:
「ファクトリーSHOPに行きたいので、予約を取りたい」と伝えれば大丈夫です。聞かれるがままに、訪問日時(現地時間)と名前を伝えました。ファクトリー見学をしたい場合は、相談してみると良いかもしれません。
※見学の可否については、確認しておりません。

・在庫:   
比較的種類は多いように感じましたが、CHELSEAのブラックなど、定番モデルの定番カラーは少ないように感じました。大きいサイズだったら結構在庫があったように記憶しております。
※私が訪問した際の状況です。

・その他:  
事前に欲しいモデルをいくつか絞っておくのがおススメです。グリーンは案内してくれるスタッフの方が、ずっと試着の様子を見ているので、正直落ち着いて選ぶ、というのが難しかったです。(笑)ある程度絞っておけば、スムーズかなと思いますよ。

以上となります。
もし他にも何かありましたら、ご連絡くださいね。

8月に英国、いい時期ですね!ご質問への回答を書いていたら、また行きたくなりました。笑。良いご旅行に、そして良い靴と出会えますように!

ちなみに、Blogには書いていないのですが、バブアーもお好きであれば、リージェントストリートのバブアーがおススメです。サイズは少なめですが、破格の値段で販売されているアイテムが多数ありましたよ。
2014.07.29 19:28 | URL | #- [edit]
Re: グリーンのファクトリーについて says... "BIGWING"
>rm55さま

ご丁寧なご回答コメントありがとうございます!

> グリーンは案内してくれるスタッフの方が、ずっと試着の様子を見ているので、正直落ち着いて選ぶ、というのが難しかったです。(笑)

他の方のBlogを拝見してても、トリッカーズやチャーチなどはほぼ放置とのことですが、グリーンはきっちり接客してくれるようで、ある意味ちょっとプレッシャーですね(笑)
英語は苦手なのですが、事前に欲しいモデルをピックアップして訪問したいと思います。

ご回答頂いた内容を参考にさせて頂き、悔いのない聖地訪問にしてきます!
良い靴との運命の出会いがあれば報告させて頂きますね。
バブアーやマッキントッシュ(この時期ですが。。笑)も時間があれば周ってみます。

今後とも宜しくお願いします!
2014.07.30 11:14 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: BIGWING"
>BIGWINGさま
ジョンロブやグリーン以外もゆっくりまわれるのは羨ましいです!クロケットは既にご存知だとは思いますが、営業日が限られていたと思いますので、ご注意下さいませっ。

旅行楽しみですね!素敵な出会いがあることを祈っております。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します!
2014.07.30 21:03 | URL | #- [edit]
2no says... ""
この記事がきっかけとなり先週旅行でロンドンを訪問した際にノーザンプトンまで足を伸ばしました。エドワードグリーンでマイサイズのチェルシーを購入でき、EGの方とも拙い英語ながらも交流ができ、いい思い出になりました。
2014.09.25 03:07 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>2noさま
コメントありがとうございます!多少でも旅のお役に立てることが出来たのであれば、本当に嬉しいです。EGでもチェルシーをご購入できたとのことで、良かったですね!

世界の高級紳士靴をリードするシューズファクトリーに訪問するというのは、それはそれでとても意義深いというか、個人的にはアイテムとしての靴というよりも、人の手が生み出す工芸品として靴をとらえるきっかけになった場所でもあります。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します!
2014.09.25 08:59 | URL | #- [edit]
Furuichi says... "貴重な記事ありがとうございます。"
是非行きたいと思いながら、なかなか情報が無い中、
こちらのブログを拝見して今月行くことを決意しております。
1点教えていただけますとありがたいのですが、
ちなみにファクトリーでのお支払いはカードで可能なのでしょうか?
2015.01.12 19:03 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: 貴重な記事ありがとうございます。"
>Furuichiさま
コメントありがとうございます。
少しでも参考にして頂けたようで嬉しいです。こかから渡英されるとのことで、とてもうらやましいですね。是非、ノーサンプトンはじめ、色々と英国を楽しまれてきてください。

カードですが、私が訪問したジョンロブ、グリーンでは問題なくVASA、MASTER、AMEX、DINERSなどのカードは使えましたよ。恐らく他のファクトリーも同様に使えるのではないかと想像します。

宜しくお願い致します。
2015.01.13 13:12 | URL | #- [edit]
Furuichi says... ""
>rm55さま
ご返信ありがとうございます!
23日に行く予定にしました、良い収穫があることを楽しみに行ってきます!
2015.01.15 15:47 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>Furuichiさま
わざわざお返事ありがとうございました。
23日、もうすぐですね!どんな靴と出会えるかは運次第ですが、たとえマイサイズがなかったとしても、紳士靴の聖地に行く価値は十二分にあるかと思います。気をつけて楽しんでいらしてください!Good Luck!!
2015.01.16 00:55 | URL | #- [edit]
Furuichi says... "ご報告"
ご報告が遅くなりましたが
無事に言って参りました。
ヒースローでレンタカーしてノーサンプトンまで。

行ったのはジョンロブ、クロケット、チャーチそれでタイムアップでした。汗
ジョンロブの入り口がわからなさすぎて焦りましたが無事に入れて3足ゲット。
そしてクロケットで2足ゲット。
最後にチャーチで妻の靴を1足ゲット。
もっとほしかったですが、我慢しました。。(^^;)
だいたい日本の価格の45%ぐらいでした。
本当にこのブログのおかげです、ありがとうございました!!
2015.06.19 18:51 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: ご報告"
>Furuichiさん
こんにちは!
わざわざご報告まで頂き、ありがとうございます!

しかし、ロブで3足、クロケットで2足、チャーチで1足とは、非常に良い成果ですね!
ロブは回転が速いようで、サイズ欠けも発生しやすいとスタッフの方が言っておりました。そのなかで3足ゲットできたのは、とても運が良いのかもしれませんね!

今回私のBlogが多少なりともお役に立てたということで、大変嬉しく思います!
素敵な英国紳士靴ライフをお過ごしくださいませ!(笑)



2015.06.19 22:08 | URL | #- [edit]
高森寛太 says... ""
はじめまして。
少し前の記事にコメントしてしまい申し訳ありません。
記事とても参考になりました。
私は来月末に行こうと思っております。
ロブ、グリーンはよくわかったのですが、
クロケットのファクトリーの情報をもう少しいただけないでしょうか?
お手数おかけします。
よろしくお願い致します。
2016.09.29 12:05 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>高森様
はじめまして。コメントありがとうございます!
記事が参考になったようで良かったです。私が訪問してから少し時間が経過しておりますので、OPENの時間などにつきましては、可能であれば、再度チェックなさった方が安心かと思います。

また、クロケットですが私は残念ながら訪問する時間がなく、訪問出来ておりません。
軽く調べてみますと、下記のサイトがありました。

<http://www.northamptonshoes.com/crockett-jones>

私が調べた時もそうでしたが、日から木までが休みで、金、土のみOPENしているようですね。しかも金曜日は午後のみ、土は午前のみだそうですので、ロブやグリーンをまわられるようであればスケジュールの組み方などを考えて訪問された方が良さそうです。

お力になれずに申しわけありませんが、良い買い物が出来ると良いですね!気をつけていってらしてください。
2016.09.29 22:02 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/246-9a358ca5