<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

ショールカラーカーディガンでみせる上品カジュアル:Drumohr(ドルモア)ショールカラーカーディガン

今日は先人式ですね。新成人のみなさん、おめでとうございます!
自分が参加したのはもう10年以上前・・・。信じられません。20歳のころに思い描いていた大人になれているのかどうかは分かりませんが、カッコいい大人を目指して日々精進したいと思っています。

さて、今日は先日も登場した「世界最古のニットブランド」と言われているDrumohr(ドルモア)のショールカラーカーディガンを主役にしたコーディネートのご紹介です。さっそく見て頂きましょう。
Drumohr(ドルモア)ショールカラーカーディガン
パンツはインコテックス、シャツはフィナモレのチェック柄で、ベルトはフェリージ、靴はフェランテのELEGANT(エレガント:カーフレザー)です。

普通はこういったローゲージのざっくりした編み具合だとカジュアル色が強くなると思うのですが、ドルモアだとなぜかしっとりした品の良い印象になります。素材はウール100%ですが、触り心地はトロトロして柔らかい感触です。パンツにインコテックスのベージュチノをあわせていますが、それでもトータルコーディネートの雰囲気としては上品な印象がしませんか?
Drumohr(ドルモア)ショールカラーカーディガン

こちらはバックスタイル。私は172cm 59kgですが、サイズは44です。実際は42がジャストフィットだと思いますが、このデザインのショールカラーはアウターとしてのざっくり感を出したかったので44をチョイスしています。冬だとこの上にダウンベストなどを着れば外もいけると思いますが、そういった着こなしであればサイズは42が良いと思います。
Drumohr(ドルモア)ショールカラーカーディガン

このローゲージのショールカラーカーディガン、ウォーム感もでるし、上品さもでるしでかなり活用しているのですが、悩みとしては外での防寒性の低さとローゲージならではのひっかかりやすさです。

先日はユニクロのヒートテックをアンダーウェアとして着用したあとに、フィナモレのセルジオ、ザノーネのタートルネックを上からきて、アウターとしてドルモアのショールカラーを着てきました。着ぶくれした感じはあまりでないのですが、やっぱり風が強いと寒さを感じてしまいますね。周りはダウンばかりでしたので、差別化するには良いかもしれません。(笑)

また、ローゲージということで、結構色々なものにひっかかります。気をつけないと伸びてしまうので、そこはちょっと気にかけてあげる必要がありそうです。

とはいえ、こういった気軽なコーディネートだと1歳の娘も安心して!?抱っこできますし、上品さがでるので嫁さんからカジュアルすぎる!というクレームもつかないので2月末まで、風の無い日には活躍してくれると思います。(笑)是非皆さんもショールカラーを取り入れたカジュアルコーディネートにチャレンジしてみて下さい!



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/29-51635b94