<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

デニム!デニム!デニムっ!:MAURO GRIFONI(マウロ・グリフォーニ)のデニム

こんにちは。
前半・後半と2回に渡ってお伝えしてまいりました、10年前に購入したMAURO GRIFONI(マウロ・グリフォーニ)のデニムの大改造ネタですが、本日は、お直ししたデニムを使ったコーディネートにチャレンジしてみましたのでご紹介したいと思います。

■デニムの起源
とても有名なお話だと思いますが、さらっとデニムの起源に触れてみたいと思います。

時は、ゴールドラッシュにわく1800年代中ごろ。
世界各国から米国カルフォルニアへ荒野を馬にまたがって、一攫千金を狙った男たちが集まってきたわけです。

そんな金鉱を探す男たちの唯一にして?最大の悩みは「ズボンが擦り切れて穴があくこと」だったと。(笑)今のように車やバイクがあるわけではないですから、馬や馬車にまたがってやってくる。すると、コットンパンツなどでは簡単に擦り切れてしまうわけです。

そこで救い?の手を差し伸べたのが、”ジーンズの父”と言われているご存知リーバイ・ストラウス氏。
自分が使っていたホロやテント用のカンバス地で丈夫なパンツを作ったら、彼らは喜ぶだろうし、大儲けできると考えたわけです。

ちなみにデニムパンツといえばインディゴですが、これにはきわめて合理的な理由があったと言います。それは、インディゴ(藍)の葉っぱの汁が害虫に強いということでした。

丈夫で長持ち、しかも害虫にも強く、汚れが目立たない。その上、新鮮でおしゃれとなれば飛びつかない人はいないわけで、このゴールドラッシュとともにLevi’sは鮮烈なデビューを飾りました。リーバイ・ストラウス氏の思惑は大成功し、1853年に店舗をサンフランシスコに開業するに至りました。そんなわけで、デニムは160年以上の歴史があるのですね。

■デニムのファッション化
そんな作業着としての起源を持つデニムですが、戦後、戦勝国であった米国は世界一の経済大国になったのですが、これによって米国文化が世界に広がっていきます。

そのような広がりを見せる米国文化の一つとしてデニムがありました。世界に派遣された米国軍の兵士(G.I.)は、皆リーバイスの「501」を穿いていたといいます。これが広告塔としての効果を発揮し、デニムが世界に普及するきっかけとなったわけです。

また、映画スターが若者に与えた影響も大きかったと。特に大きかったのは、マーロン・ブランド氏とジェームズ・ディーン氏ですね。これらの2大ハリウッドスターの登場で不良、バイク、タバコ、デニムはきっても切れない縁になり、そしてファッションとしてのデニムは、ここではリーバイスの「501」を指しますが、若者の熱狂的な支持を得ることになったといいます。

■デニムと靴
さて、そんなデニムの起源や、作業着からファッションアイテムへと変貌するデニムを簡単に見てきたわけですが、私の記憶の中では、デニムはカジュアルアイテムであり、デニムといったらスニーカーに合わせるものだ、という固定観念がデニムに対するイメージだったと思います。

その後、アメカジブームにより!?レッドウィングのアイリッシュセッターに代表されるワークブーツ(元はハンティング用ブーツ)とデニムを合わせるような着こなしを見かけるようになりました。

さらに、デニムにオールデンのローファーを合わせたりと、いわゆるドレスよりの革靴とデニムをあわせるという着こなしの幅が徐々に広がっていきました。

個人的に印象に残っているのが、ハリウッドスターのオーランド・ブルーム氏の着こなし。細身のデニムに、赤茶のダブルモンクを合わせていたのを見たような記憶があるのですが、これがデニム×ドレスシューズのスタイルがカッコいい!と思った最初の記憶だったように思います。ミーハーですね。(笑)

カジュアルなスニーカー、ブーツ、ドレスシューズと、どんなスタイルの靴でもうまくまとまってしまうデニムの懐の深さは、今までも見てきた通りです。今回は、お友達Blogerさんに先日アドバイス頂いた、スニーカーを使ったコーディネートを若干意識して?、コーディネートをしてみましたよ。とっても苦手なんですが・・・。

■デニム!デニム!デニム!
では、そんな苦戦したコーディネートをご覧ください。
グリフォーニのデニムはイタリアメイドながら、かなりアメリカンな雰囲気がありましたので、まずは米国ブランドを多用してみました。ポロシャツはラルフローレン(S)、リネンカーディガンはドルモア(42)、靴はコンバースのハイカットです。

休日のお気楽パパさんスタイルといったところでしょうか。気分的には足元にはBlogerさんからアドバイス頂いたスタンスミスを合わせたいところですが、残念ながら所有していないので、大好きなコンバースで代用します。
MAURO GRIFONI(マウロ・グリフォーニ)_お直しデニム①

続いては、イレブンティのシアサッカーチェックシャツをノーベルトでタックイン(37)。うーん、これはなんだか、ビミョウ(笑)な気が致します。。
MAURO GRIFONI(マウロ・グリフォーニ)_お直しデニム③

バナリパのウォッシュTシャツ(S)に、イレブンティのシアサッカーシャツを腰巻で。
MAURO GRIFONI(マウロ・グリフォーニ)_お直しデニム④

こんな気楽なスタイルで使えるデニムは1本あると便利ですね。今まではタンスに眠っていたのですが、丈詰め、裾幅詰めなどトレンドシルエットに近づけるだけで、着れるようになるのですから、お直しのための5000円の投資は正解かも。

今度は、バナリパのTシャツに、スリードッツのリネンジレ(S)と、足元をVANSのERAに変えてみました。今回はワタリから開いて詰めてもらいましたが、やっぱりまだ太めですね。ただ、このパンツの色落ち具合にはちょうど良い太さなのかもしれません。なんだか高校生、大学生の頃を思い出し、ワクワクします。(笑)
MAURO GRIFONI(マウロ・グリフォーニ)_お直しデニム②

一応インポートファッションをメインのトピックスとして扱っているBlogなので(汗)、簡単なミックススタイルも。SNAPなんかで見かけるイタリアの脱力系オヤジをイメージしてみました。(笑)

と、言ってもボリオリのドーヴァー、リネン3Bシングルジャケット(42)のボルドーカラーを羽織るだけですがっ。
MAURO GRIFONI(マウロ・グリフォーニ)_お直しデニム⑤

コチラもデニム×ジャケットスタイル。ラルディーニのコットン3Bシングルジャケット(42)に、シャツはこれまた相当前に購入したエディフィスのコットンシャツ(M)。カジュアルな雰囲気だったので数年ぶりに着てみました。
MAURO GRIFONI(マウロ・グリフォーニ)_お直しデニム⑧

今となってはサイズ感があっていないのが気になりますが、意外にシャツ1枚にデニムというシンプルなスタイルはやっぱりいいなと思ったりもします。足元をエドワード・グリーンのピカデリーにするだけで、ちょっとオトナ!?
MAURO GRIFONI(マウロ・グリフォーニ)_お直しデニム⑨

ベヴィラクアのジレ(XS)を着てみました。肩肘張らず、こんなスタイルもたまにはいいですね。
MAURO GRIFONI(マウロ・グリフォーニ)_お直しデニム⑦

最後は、コチラでご紹介したお気に入りのマグナーニのダブルモンクストラップを足元にもってきて、ジャケットにはボリオリのドーヴァー シルク混6Bダブルブレストジャケット(42)と、ジャンネットのシャンブレー(XS)、そしてAD56のリネンニットタイでドレス×カジュアルスタイルのミックスです。
MAURO GRIFONI(マウロ・グリフォーニ)_お直しデニム⑥

ということで、あまり考えずに!?色々合わせてみましたが、こういう雰囲気のデニムは久しぶりなので、これはこれで楽しかったです。すいません、自己満足で。。(汗)

10年前のデニムをお直しして、トレンドに合わせたシルエットにしたわけですが、アイテムそのものが持っている雰囲気はやっぱり懐かしい気がします。今の様々なスタイルをミックスすることを「横」のミックスだとすれば、時代を超えたアイテムのミックスは「縦」のミックス!?たまにはそんな遊び心をもったコーディネートも楽しいかもしれませんね。



Comment

ゆじ says... ""
こんにちは!
早速スニーカーを履いてくださりありがとうございます。
ラルディーニのコットンジャケットとの合わせは、決めすぎず抜けすぎずのちょうどいい塩梅ですね!

シルエットが細くなったことで、ダブルモンクとの相性もよくなっているような…。
我が家にはそんな直す価値のあるアイテムは眠っていないので羨ましいです笑
2014.08.22 13:08 | URL | #/OL.89qU [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>ゆじさん
こんにちは!いつもコメントありがとうございます。
アドバイス頂いたように、スーニーカーコーデを取り入れてみました。なんだか下手な鉄砲数打ちゃあたる的な(笑)感じですが、いい塩梅とのことで良かったです!

本当は新しいデニムを購入できるのが一番だと思うのですが、まぁしょうがないかなと。
個人的にもダブルモンクとのコーデは結構イケるかも、と思いましたよ。気があいますね!
引き続き、よろしくお願いします〜
2014.08.23 00:30 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/309-5e07e7c6