<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドーペンスーツを購入!

こんにちは!
本日は2014AWの第一弾購入アイテムである、RING JACKET(リングヂャケット)のCARLO BARBERA (カルロ バルベラ )ファブリックを使ったウィンドペンスーツ(ネイビー)をご紹介したいと思います。

購入したのは7月の中旬でしたが、ようやくとれた時間を使って、先日引き取りに行ってまいりました。
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ①

■CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )とは
1949年に、イタリアはビエラ地方で産声を上げた、テキスタイル業界屈指の名門テキスタイルメーカーです。リングヂャケットさんのサイトには、下記のような説明がなされております。

「イタリア最高の生地メーカーを問われた洒落者が、多くの場合名をあげるのがカルロ・バルベラ。」

つまり、知名度こそ高くないものの、知る人ぞ知るテキスタイルメーカーということでしょうか。

テキスタイルで有名なのは、Ermenegildo ZegnaやLoro Pianaだと思います。テキスタイルの専門家がカルロ・バルベラを説明する際に用いる例として、ゼニアやロロ・ピアーナを車に例えるとメルセデスやBMWだと言えると。それに対してカルロ・バルベラはロールス・ロイスであるという対比を行うことがあるそうです。

まさに織物の最高峰というにふさわしい説明なのかもしれません。
では、なぜ専門家がそこまでカルロ・バルベラを絶賛するのか、そのこだわりを少し見てみたいと思います。

■CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )のこだわり
「世界一美しい」と評され、世界の服好きを虜にするカルロ バルベラの生地。そのこだわりにはどんなものがあるのでしょうか。3つのポイントに絞って見ていきましょう。

①糸を寝かせて「熟成」させる
良質の毛織物をつくる上で「寝かす」という工程が重要なことは、専門家の間では良く知られているのだと言います。羊毛から糸になる梳毛の段階や、糸が整経機に巻き取られ、製織にかけられる段階で糸がひっぱられるといいます。その、引っ張られた状態をより「自然の段階に戻す」ことが、いわゆる「寝かす」という工程であると理解しています。

これを一年中気温が7度、湿度75%に保たれている自社の地下倉庫で行うことで、糸が本来の特性を取り戻し、自然な柔らかさを有したカルロ バルベラの織物になるのだとか。

②時間をかけてゆっくり織り上げる
限りなく自然な状態に戻った糸を、ションヘル織機という旧式の織機をつかって、時間をかけてゆっくり織り上げることで、空気を含んでふっくらとした表情の生地が出来上がるのだとか。ただでさえ、リラックスしてテンションの抜けた柔らかな糸をつかているわけですから、さらにゆっくり織り上げられることで極上の生地が出来上がるのは想像に難くないですよね。

③糸作りからフィニッシングまでを一貫して自社内で行う
現在、テキスタイル・メーカーの多くは企画と製織はしますが、その後の紡績、撚糸、染色、製織、整理、補修などの多くの工程は、一貫生産することはなく、分業しているのだそうです。

一方のベルベラ社は、最良の織物をつくり上げる上で重要と言われている、羊毛原料から糸にする入口の部分から、織物の表面感をつくりあげる最後のフィニッシング工程という出口までをしっかり一貫生産しています。

そのようなこだわりをもって生まれてきたカルロ バルベラの生地は、「羅紗の宝石」と呼ばれているそうです。

■実物のご紹介:ジャケット
さて、そんな皆さまの期待感を上げ上げにしたところで!?(笑)、購入したスーツをご覧頂こうと思います。
モデルは、リングヂャケットの新定番モデルであるNo-246モデルです。

いつものようにiphoneでの撮影ですが、フランネル素材ならではの柔らかい表情の中にも、しっとりした雰囲気と、独特の光沢感が見える、ような気がします。(笑)
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ②

実物の色が伝わりにくいのですが、やや明るめのネイビーカラーです。そひて、少しぼかしたようなウィンドペン柄は今の気分にぴったりですね。
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ⑧

ハンガーに掛けた状態の肩周り。なんだか色気を感じるのは気のせいでしょうか・・・。
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ⑤

この柔らかくてしっとりした霜降り具合がたまりません!
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ⑨

さらに生地のアップ画像を。”熟成された感”伝わりますか!?(笑)
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ⑩

襟裏の処理もこだわっています。
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ④

袖は本切羽の重ね付けで処理をしてもらいました。
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ③

残念ながらマイスターモデルではないのです。
肩や首まわりなどをハンドソーンしたマイスターモデルだと、赤のロゴが追加されます。
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ⑥

ただ、インナーには神々しい!?カルロ バルベラのロゴは入りますよ。(笑)
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ⑦

■実物のご紹介:パンツ
続いて、パンツをご紹介したいと思います。
新定番モデルであるNo-246モデルですが、結構タイトです。今回はワタリを2cmほど出してもらいましたよ。
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ⑫

裾処理は、ダブルの幅4.5cmで。現物に近いカラーリングですが、やっぱりステキです!(笑)
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ⑪

裾幅は18cm。ジャケパンスタイルですと17.5cmが気分ですが、スーツは全体のバランスもあると思っています。今回はそんなバランスを考慮し、オリジナルそのままの裾幅にしました。
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ⑬

フロントはジップ仕様。ジップの長さはインポートパンツに比べると若干短めでしょうか。
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ⑭

■なぜCARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツを選んだのか
最後に、なぜ今回のモデルをセレクトしたのか、について簡単に触れてみたいと思います。

実は、当初は肩や首回りといった稼働領域をハンドソーンで仕上げたマイスターモデルを買う気でおりました。試着すると、やっぱり違うんですよね。肩へのジャケットの乗り方が。

ただ、気に入ったブラウンのバーズアイは、残念ながらマイサイズが全国1点!ということで、既にサイズ切れ。もう一つのマイスターモデルの候補は、クラシカルでダンディな印象のチャコールグレーのチョークストライプ柄でした。

一方のバルベラのネイビーカラーのウィンドペンは、ファブリックに一目ぼれ。何度も表現してしまって申し訳ないのですが、フランネルの柔らかい表情の中に、しっとりとした上品な光沢をもったテキスタイルは私の心をわしづかみしたわけです。最後までマイスターか、気に入ったファブリックかで悩みました。

結局、既に所有するグレーのスーツがピンストライプ柄であることやファブリックがとても気に入ったこと。更に、スーツを購入するにあたってアドバイスを頂きました北陸の先輩Blogerさんから、購入時の視点としてスーツをばらして使えるかどうか、という興味深い視点を頂いておりました。そこでジャケット単体でも使いやすいウィンドペンを選んだ、というのがこの経緯です。

実際当日は白パンで店舗に行っていたのですが、ネイビーカラーのウィンドペンと白パンとの組み合わせがばっちりで、これはジャケットの単体使いができるかなと。(笑)それまでスーツのジャケットを単体で使う、という考えがまったくなかったので、北陸の先輩Blogerさんには感謝です!

ということで、次回も2014AW用に購入したアイテムをご紹介したいと思います。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/316-a2206f20