<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

無印良品のファッションアイテムを考える

こんにちは。
今日から10月ですか。秋ですね~。良い気候なので、色々コーディネートを考えるのも楽しい時期かと思います。

さて、本日のテーマは、無印良品です。

実は結構ファッションアイテムとしても、かなり長く愛用しているブランドで、本Blogでもタートルネックやカーディガンなど、ちょこちょことコーディネートに取り入れてご紹介させて頂いております。

■無印良品について
そんな無印良品ですが、ちょこっとその沿革を見てみましょう。

今となっては、忘れていたり、知らない方も多いかと思いますが、元は西友のプライベートブランドとして1980年に生まれたのが無印良品です。イオンで言うところのトップバリュと同じですね。

1980年というと、ファッション業界ではちょうどDCブランドブームの頃でしょうか。レディメイドの服が画一化傾向にあるなかで、停滞するアパレル業界を盛り上げようと。そのような中でビスポーク的な多様性や個性を新たに吹き込み、業界を活性化させるという方法が、マスコミと一体となって展開され、DCブランドは一気に注目を浴びたと言います。

こういった背景の中で、無印良品は「既存ブランドに対する対抗」をコンセプトとして生み出されました。ブランドの意味は、無印、つまりブランド(タグ)はないけれど、良い品質のものだよ、ということですね。

実際、今はどうか知りませんが、以前は山本耀司や深澤直人など、一流のデザイナーが無印良品のプロダクトデザインに関わっていたといいます。ブランドではなく、プロダクトで勝負、ということでしょうか。

さて、そんな無印良品ですが、1980年にデビュー後、1983年には青山に路面店を構え、1990年には、前年に設立した良品計画が西友から「無印良品」の営業を譲受し、そこからの活躍は皆さんご存知の通り。

今では家も販売しておりますし、海外でも270店舗ほど展開し、絶大な支持を受けていると言います。本当に必要な価値のみをプロダクトに持たせて、シンプルで、良いものを適正価格で販売するという手法が、今の時代の気分とフィットしており、日本のみならず、世界で受け入れられているということなのでしょうか。

ちなみに、今でも無印良品のアドバイザリーボードに名を連ね、「わけあって安い」というデビュー時のキャッチコピーをつくられた小池一子さんとは以前お仕事でちょこっとお付き合いさせて頂きましたが、無印良品のお話を色々伺い、共感できたことも、私が長らく無印良品を愛用している理由の一つかもしれません。

■無印良品、ユニクロ、そしてファストファッション
ところで皆さんは仕事、プライベートともに全てインポートファッションで揃えたりされていますか?
私はもちろん”No”です。(笑)

そもそもインポートファッションが好き、というよりはファッションが好きなので、予算の関係もありますが、インポートしか着ない、ということはありません。

ただ、インポート系ファッションは値段もはりますので、そこに集中的に資本を投下していかないと、まわらないというのは現実問題としてはあります。従って、自分の購買行動も2極化しており、インポートか、低価格アイテムかというような感じになっているのが実際のところ。

そのような中で、以前にも記載しましたとおり、現在はアンダーウェアはユニクロを活用しておりますし、無印良品はインナー系を中心に購入したりします。そしてファストファッション。これは娘と遊ぶ用の服としてたまに買いますね。

と、言うことで、そこはインポートしか着ない、というこだわりを持たないのが、こだわりなのですが(笑)、無印良品は、素朴なカラーリングが好みなのと耐久性が価格を上回っている印象が強く、インポートにミックスして使ったりもします。

実は今夏もワンマイルウェアとしてショートパンツを1枚、秋冬も先日シャツを2枚購入しました。

■無印良品の購入アイテムをご紹介
記事にするほどではないと思ったので、単独でのご紹介はしておりませんでしたが、無印良品をテーマにした以上、せっかくなのでご紹介しておきます。

まずは、ショートパンツ。グリーンの大き目のブロックチェックが気に入りました。
無印良品_ショートパンツ①

ワクワク感、ドキドキ感はありませんが、純粋に道具としては十分かと。
無印良品_ショートパンツ②

ポリエステルとコットン素材で、お値段1500円。安いですね~。
無印良品_ショートパンツ③

着用イメージです。
シルエットもほど良くタイトですが、パターンが平面的なのか、動くとインコやPTとの差を明確に感じます。

が、ワンマイルウェア(部屋着兼用)ですし、1500円ですからね。。
無印良品_ショートパンツ④

最近はバックスタイルを載せていなかったので、たまには。
無印良品_ショートパンツ⑤

これはこれで今年の夏は大活躍してくれました。一夏で1500円のもとはとれたなと。(笑)

続いては、先日知人との飲みの前に、恵比寿のアトレにフラッと寄った際に衝動買いしたシャツです。購入したのは、オーガニックコットンを使ったフランネル生地のチェックシャツです。しかも2枚・・・。
無印良品_フランネルシャツ①

起毛感のある生地ですね。カラーはブラウンベースに、イエローとネイビーのチェック。
無印良品_フランネルシャツ②

こちらは、同じく起毛感のある生地で、グリーンベースに、ホワイトとイエローチェック。
無印良品_フランネルシャツ③

毎回言いますけれど、このプラスチッキーな釦、これだけが残念。価格相応といったところなので、文句ではないのですけれどね。こだわり派であれば、釦だけでも変えれば、大分雰囲気が変わると思いますよ。
無印良品_フランネルシャツ⑥

なぜ衝動買いしたか、というと単純に物の割に安かったからです。(笑)1着1200円。しかも洗いがかかっていると。セールとは言え、インポートファッションとの価格差を真剣に考えてしまう価格ですね。
無印良品_フランネルシャツ④

タートルネックの下に着るシャツとして、襟もフィナモレやバルバほど大きくないので、ちょうど良いかもしれません。
無印良品_フランネルシャツ⑤

着心地やシルエット、使われているファブリックなど、ディティールをみていけばインポートとの差はありますし、価格差などの観点からも差があって当然なわけですが、それはそれ、これはこれとして、無印良品のコンセプトとあり方を理解した上で日常のファッションに取り入れるのはアリなのかなと思っています。

なお、無印良品は実店舗で購入することが多いので知りませんでしたが、無印良品のオンラインShopで楽天ポイントがたまる楽天ID決済というシステムがあるらしいので、楽天会員で、かつ無印が家の近くにない方は、ご利用されてみてはいかがでしょうか。




そういえば、ユニクロの+Jコレクション、復活していますね。気になる方は、お早めに・・・。


Comment

ゆじ says... "ファストファッションは難しい"
こんにちは!
rm55さんの無印のソックスの記事を見て、僕もローファー用のソックスを買いましたよ。

ファストファッションは手軽なようで難しいですよね。シルエットが大衆向けなので、ぴったりのものがなかなかなくて…。
今月のメンズクラブのスナップに全身ほぼユニクロの人がいてびっくりしました。
こういうブランドと上手に付き合っていく方法を考えるのもまた楽しいですね。
2014.10.01 11:45 | URL | #/OL.89qU [edit]
rm55 says... "Re: ファストファッションは難しい"
>ゆじさん
いつもコメントありがとうございます!無印のシューズインソックス、厚手なので靴によってはフィット感が高まるのでなかなか使えますよね!?笑。

確かにファストファッション、特にグローバル規模のブランドは国によって細かいサイズ調整ができないので、最大公約数的なサイジングになるのはご指摘の通りかもしれませんね。

しかし全身ユニクロでメンズクラブのスナップはすごいですね。何を着るかではなく、どう着るか、を体現されているおしゃれさんなのでしょうか。チェックしなきゃですね〜!
2014.10.01 21:31 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/351-d8b9f1f1